ありそうでなかった物の見方

ここのところ状況が安定しない、ただランダムでそうなれば仕方がないところがあるが、誰もがいつも読むもの見るものがなく、様子や力関係を観察している。それでもどうにも良心だけの状態にならないことがあるという。それは一種の緊張疲れかもしれない、ミスやそれ以外の得るものについて常に何かをドキドキハラハラしていなければならないという状況はお互いにとってあまり生産的でないように思う。
かつて、恋愛がしたいと言っていたけれど、今までの延長線上には得るものがなく、勝負に出たいと考えたためだろう。それが既婚者でもそう言ったハラスメントの傾向がある。それとは別に、クリエイティビティを形にすることを、恋愛と出産に例えるというマスメディアに特有な現象がある。それでも、作品が売れないという、なぜ売れないかをクリエイター塾で議論するということも案として上がったという、それでも編集者同士の自費出版になるとそれ以上に共感性が薄くなってくる。
近所でもネズミ講があり、少々気分がブルーになった。それでもかつて、たこ焼き屋で話したことや、講義をメモしたことなどはいまだに覚えている。僕はその時は人前で話すことが慣れておらず、そのまま謙っておけば無難にことが治ると思っていた。隣の人もそれを支援してくれていた。ところが、ベイマックスの映画を見たときに、テンポが早くて全体のクオリティが高かったので、後でゆっくり見れば別の見方もできるかもしれないと思っていたが、彼は、ラストシーンで仮面をかぶった悪役と、人質に取られる出資者の構図がはまったようで、世の中はまずお金と立場だと譲らなかった。かといって、それでそれを真っ向から違うとも言えず、じゃあ僕なら損得を抜きにして、相手を説得できるようなというと脇が甘いのかいいところで捲られる。そうでなく、そもそも教授が人の悪口を言うシーンがアニメでも嫌悪感があった、容姿が多少よければなおさらその影が怖いと言う。それでも風船が駆動部分を優しく包むと言うコンセプトはありそうでなかったもので、マンホールの蓋にもそのデザインの一端がある。それにしても色々と既視感があるグラフィックが高速で流れるので、どうしても苦手な部分やトラウマになっている部分が傷口に塩を塗ったように印象に残る。それでももしその傷がなかった、または塞がっていたならばそれは別段無害で中立的だという見方もできる。

実際の社会では誰かに評価されたり、必要とされるところで折り合いがつくこともあるけれど、自分で価値判断を決めるとしたら、チェスのように白黒の陣営がハッキリしているよりは、将棋のように向きを変えれば見方になってくれるという考え方がしっくりくる。その時点で、僕自身に何かを成し遂げたいという目標はあっても、何かを支配したいという野心はあまり無かった。
とある麻雀集団では、5200点の手役を上がったら、3900点くらいは元の場に返してもばちは当たらないという。日本はベルギーに2-3で負けで、勝ちを譲られたコロンビアもイングランドに1-1からPKで負けている。そう考えると、ある種日本とコロンビアが2-1だったことはスポーツとしては、ある意味では持ちつ持たれるの共同作業のようになっていたようにも思えた。しかしながら日本も戦後の復興や明治時代の脱亜入欧という考えが根強く、コロンビアにも外国に出稼ぎに出ているという事情があり、なかなかそれぞれ平等な状況にあると言いがたいところがある。
自分にとって正しいという価値観は、実は自分が決めたことは意外にも少ないかもしれない。例えば、アイデアを練ったり、使い方を覚えるのことが目的なのに、筋トレの腕立て伏せの回数を伸ばすことが目的にすり替わっていることもある。どこの村でも、優しさだけでは信用に繋がらず、フリとオチの幅で懐柔するという強かさが育まれて行くところもある。もしドラの作者岩崎夏海が戦後の復興史を小説に書くというのなら、僕はマネジメントの勉強をしなくて済むし、道を走っている自動車もドイツ軍が作っているものと基本設計はいまだ変わらないところがある。また編集学校が檀家制度に近い宗教学を教育に復活させるというのなら、僕は国籍にかかわらず生活に役立つような数学や自然科学を見直したい。それにしても、スポーツやギャンブルの点数が、巷のレジや改札にも影響を与えるところが、なんとも言えずどのように疲れをなくして、それぞれがやりたいことを見つけるべきかと思う。かつてコップは何に使えるかというなぞなぞに、誰もが水を入れる容器と答えたけれど、答えが一つでなかったりする、そのことは悪くないけれど、構成員がまるで丁稚奉公のようで、そこから自立する術がなく、他人のプライバシーを舐めるようなことしかできなくなっているのがどこと無く悲しい。実際のところ識字率が相互理解に役立たないという前提から、どのように良い悪いがある中で、自立できる部分を組み立てていき、それが僕だけのものでなく、僕の場合はいつも誰かに脅されているようなところがあり、それに抗うためにもより公平であるべきと意識している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です