マリオランのコースの変化

マリオランのコースが見たくなる。ゲーム機のニンテンドースイッチは持っていないけれど、スマートフォンを活用している。僕は正直マリオにそこまで詳しくはないけれど、続けていくと味が出てくる。小学校の頃はファミコンのドラゴンクエスト3と並んで、マリオブラザーズも外で走り回るだけでなく、家でも交流ができる架け橋だった。ドラゴンクエスト3は長時間こなしたセーブデータが、カセットを持っている人により、それをお茶の間で観戦するということが行われていた。その点マリオは、順番が比較的すぐに回ってくる。例えば野球では、ピッチャーがボールをたくさん投げて、守備の選手はそれを遠巻きに見ていることもある。その点サッカーはチームで協力しないとなかなか1点が取れないことや、また1点以上入れて逆転することが、連続ではチームが疲れてくる。その点ではマリオはその循環を、それぞれのグループで独自に作り出せるという特長があった。例えば、マリオブラザーズ1の1-1面をより最短でゴールしたり、より効率的にコインを集めたり、壁を使った三角跳びを試みるといったことも仲間内で行われていた。僕はそこまで早くはなかったけれど、だんだんとそのようなコースを繰り返して見たいと自然に興味が沸くようになった。

マリオブラザース3では、ガリバーの旅行のような様々な地域があり、同じアスレチックコースでも、奥行きや舞台袖のようなコースになっていて、コースを選ぶことで、展開が変わってくるという多様性があった。しかしながら、マリオブラザーズ1より、使用上は2人プレイになっていたが、どこかでそれができればいいけれど、自分と向き合いながらストーリーを進めて行こうと思うきっかけになった。とはいえ自分がなんでもできるわけではないけれど。マリオブラザーズ2は、ディスクシステムというオプションがついたもので、1で入り組んだステージをセレクトしたような、あまり知られていないバージョンだった。それでもそもそもファミコンをずっとやり続けるような真面目な人は、クラスに1人いるかどうかだったので、それがその人のスキルを磨くことにもなったのかもしれない。ファミコン版のマリオでは強制スクロールするようなシステムはなく、十字キーでいつでも引き返すことができる。スマートフォンのマリオランでは、マリオは常に一定のスピードで走っている。その中でも、三角跳びや、ブロックの角に引っ掛けるといった流れに変化を与えるような動きが鍵になることもしばしばある。

通常のコインを一定まで集めると体が大きくなるキノコが出る。それによってジャンプの幅が広がったり、ブロックを壊して新たなコースを作ることができるが、タップしてもしゃがむことはできないようだ。トゲや敵との接触によっては、キノコの効果がなくなり元の状態に戻る。キノコがミスをカバーする保険になることも繰り返しながら必要になってくる。マリオの場合、ステージを繰り返してもその度に新たな発見がある。通常ならうんざりしそうなことでも、めげずにチャレンジするキッカケを見つけられる。例えば、草原なら手前の背景が緑の木々、洞窟なら手前の背景は何かの鉱石といった具合で、同じ要素の組み合わせで、様々なパターンを生み出している。あるグリッドを想定すると、柱を点に、柱と柱を線で結ぶと壁を作ることができるとして、配列に置き換えてそれをランダムに描画すると、迷路のパターンがその都度変わっていく。同じメモリでもコースのバリエーションが変わってくる。

同時期にロックマンが、運動神経のいい人がよくゲームを披露してくれていた。僕はロックマンではメタルマンやロックマンXのステージが近未来を予見させるような、風景画が見えていた。歯車が回っているような動きに興味を持った、腕時計にも歯車はついていて、ある動力を規則的な何かに変換している。ゲームに限らず、例えば自動販売機ではコインをどのように分別するかなども、そういった仕組みが関わっている。僕の身の回りには、教科書とゲームと生活があるくらいで、その中でどのように興味関心を保てていけるかを考えることがある。とはいえたとえ自動販売機でも全てがオートメーション化するわけではなく、定期的に缶を補給する人がいたり、季節や嗜好によって種類を選ぶことはアナログで行われる。僕はよく作業が続くと良くも悪くものめり込んでしまうところがあるけれど、それくらい想像力がかき立てられるような組み合わせも身近なところにはある。素早い運動神経も幅広い予備知識にも合い通じるような組み合わせや反復練習ができるそういった可能性として、変化をイメージしていければと思った。日常では、外に車は走っていてもベアリングや滑車を使うことが荷物を運ぶ中でもなかなか訪れない。アナログで進めることも必要だけれど、継続して同じことの繰り返しが少しでも変化を促せるような仕組みや工夫ができればと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です