USBの流れと繋がり

画像を連続させて、動画にすることでwebカメラからどのような様子や景色になっているかを観察することができる。写真と動画の成り立ちは歴史的には同じくらいだという。アニメーションは、写真のフィルムに何かを書き加えることで、あたかもそれが実際にそこにあるかのように演出する方法だったという。

USB ケーブルにマグネットを追加することで、簡単に付けたり外したりでき持ち運びが容易になる。マグネットケーブルではスマートフォンのmicroケーブルにマグネットを付けることが2016年くらいにあったが、いまだに従来からのtype-Aのマグネットケーブルはなく、もし新型のスマートフォンやノートパソコンの端子がtype-Cになったとしても、その根本にはtype-Aが付いている。それをコンセントのAC電源や、車のDC電源から変換するにしても、根本にあるUSB端子は従来型のtype-Aの端子が2つくらいあり、iPhoneの白いキューブ型でないにしても、黒か他の原色でそこそこかさばったとしても、電流は2本あたり4.8Aくらいあれば、スマートフォンの充電や諸々の周辺機器が動く、自作でこしらえたセメント抵抗で作ったお湯沸かし器も半日くらい放置しておけばその辺りの出力でカップラーメンに必要な温度がでる。

RaspberryPi単体では、スマートフォンくらいの消費電力でモバイルバッテリーから動作するが、基盤の他に USBハブとしての役割もあり、そこでアダプターで電流を確保する必要がある。マウスを家電量販店で探していたけれど、ふとノートパソコンのメーカーの付属品のマウスにすれば、つけたときの一体感がでると思いついて、DELLやHP、ASUSなどの余ったマウスがジャンク品にあれば、raspberryPiにも、macBookにも操作性が確保できるとような気がした。従来では、どちらかを操作するときに片方のUSBケーブルを付け直していた。もしUSBがマグネットなら付け替えもスムーズになるけれど、それはINDIE GOGOなどのクラウドファウンディングで提案されている段階で製品化されていない。ハードオフのジャンク品売り場に、付属品のDELLのワイヤレスマウスが見つかった。デザインもまとまりが良く手に取って見たくなるが。よく見るとUSB端子がなく、電池カバーもない、マウスの横に小さなの溝があり、そこを開けるとボタンパネルの裏に電池と基盤が入っていた、そこでUSBレシーバーが本来は入っているが、ジャンク品であるためにそれがなく、分解してどういう仕組みかを知ることに使うことにした。もしUSBレシーバーがBluetoothで、多少出っぱってもUSB端子があれば使いやすかったが、そのようなタイプがなく、同じパソコンの画面をマウスで操作するという機能が変わらなかったとしても、印象が変わって見えるのはどうしてか自分でもよくわからなかった。

またこの機会に、中国の新興メーカーxiaomiのマウスも試してみようと思った、届いたマウスはなんとジャンク品のUSB無線マウスとほぼ同じ仕組みで、小さな溝から蓋をあける仕組みも共通していた。一つだけ国内のマウスと違う点があるは、レーザーマウスでも、LEDの光が漏れず、無色透明であることが新しい。これによって夜になって暗闇にLEDだけがビルの保安灯のようにチラつくことがなくなる。今までにありそうでなかった工夫だった。

ヨドバシカメラにはカメラ用品で黒いパーマセルテープ が揃っており、光を通さないので、液晶画面の隙間に貼ると画面にバックライトが映り込まず、より鮮明に見える。テープの接着面が剥がしても糊のあとが残らず、比較的貼るだけでも光の向きを調整することができる。

現代は情報社会で、かつてのようにベルトコンベアーや歯車を直接改修したり、そのような機能を持った家電やガジェットを手に取ることが難しくなった。ネットショップで注文しても、それは液晶画面とデータが判断基準になっており、感覚的な、またはその場に居合わせて選んだものが現実になるまでは、宅配員からサインを交わさないと現実のものにならない。

RaspberryPiのwebカメラに映像と音声をwebページに合わせると、今までの映像がより臨場感が増して見えた。子供の頃は街角の商店街や、家電量販店に置いてあるテレビからどんなドラマやニュースがあるかを眺めていることがしばしばあり、映画館でも座席によって見え方は変わってくる。とはいえ、実際にはマイコンで車を作ってそこから運転席の視点で見ることが当初の目的だったので、出演者の表情や出で立ちをドラマチックにストリーミングすることは想定しておらず新鮮ではあった。そのためにもwebカメラとUSBの端子が着脱可能で、ろくろ首のように伸ばせるようになったことで、その映像と音が形になった。昨今ではファミコンにもUSBとHDMIケーブルが備わっているので、かつてのインスタントカメラのような試みが、ケーブルの工夫によって可能になる。そのときに、USBケーブルが線維性のものだったら、無線よりより確かな感触を手にできる。もしUSBケーブルのデータと充電部分を半田付けして別のものとバイパスできたら、ただの修理でなくアイデアを伴った工夫になるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です