引っ越しのための梱包

引っ越しに際して、段ボールを詰めている。今までお店で買ったものはレシートや箱を取っておいてあるが、収納スペースの関係で整理できていなかったものもある。レシートを一か所に集めて、空の箱をなるべく省スペースにする。また圧力鍋の蓋と鍋と錘が揃っていたが、その間に挟むパッキンが無かったので、amazonで同じ鍋のサイズを取り寄せたが、蓋に取り付けてみると、鍋と蓋が閉まらない。そこでホームページから品番を確認すると、2000年代のSAVIOR2という型のようだ、問い合わせると専用のパッキンが届いた。見た目はamazonで購入したものと色や形など、ほとんど区別がつかないが、蓋と鍋のロックが閉まるようになった。そこで先に取り寄せた方が違うパッキンを返品することにする。

また、発電機は木箱の上に固定されているものが新型のモーターと旧型のモーターが二台ある。新型のモーターは、音が比較的静かでも電圧が6V~9Vで、旧型は素朴ではあるが、回転すると音がかなりこもる。電圧は蓄電池と同じ12V前後になっている。旧型のモーターに思い入れはあるけれど、木箱と木の台が被ることもあり、新型を残して旧型を解体することにした。またハードロックナットで固定したハンドルが収納すると出っ張るので、ハンドルを取り外しておく、またワニ口クリップの被覆を兼ねて、ビニールを被せっておく、発電機を段ボールに入れると、M6ネジ用の固定スパナがパーツの段ボールに紛れてしまった。部品としてはスプーンくらいの大きさだが、すでに詰めた段ボールに紛れると、分かりにくくなる。また型落ちで使わなくなったmacBook用の外部キーボードの中にUSB端子が付いた単三の乾電池が、自転車用のデフォルトで故障したLEDランプの中に、単四のUSB端子付きの乾電池がそれぞれ見つかった。部屋を散らかしているのではなく、梱包しながら片付けているので、探し物が見つけやすくなるように工夫しようと思う。金属のパーツやモジュールは角が硬いので緩衝材を付けるのに手間取ってしまった。

物が置いたままになっている状態から、床や部屋の角が空くようになってきた。電子機器のパーツは梱包した、書籍類はもともと棚一つにまとめていたので、比較的すぐに段ボール詰めできた。ハンガーも服が多かったが、奥にあるルーターやタイムカプセルが空いた。また床が片付いたら、コンセントのマルチタップを整理して、シンプルな配線のパターンを見つけるのも一案だと思う。食器を段ボールに詰めるには、電子機器と同じようにビニールの緩衝材が必要になる。段ボールをなるべく効率的に作って、もとの状態の部屋をイメージできるようにできればと思う。またベットの下の箪笥の衣服を箱詰めして、キャビネットの中身を取り出して空の状態にすることを目標にする。

ノートパソコンのうちmacBookとmacBookAirはそれぞれサポート対象期間を過ぎているが、動作するので持っていく、windowsXPのノートパソコンは、耐用年数を過ぎて実用に耐えないので、アダプターとセットでパソコンファームに送って廃棄することにする。ここに住んでから、4年近くが経つが、当初は2段ベッドがあったり、メタルラックや本棚も後から付いていたりと変遷がある。なるべくは散らかさないようにしていたつもりが、日々の生活で使うものと、長いスパンで変わっていくものがそれぞれ存在した。キッチンのポンプと植木鉢は、室内にあって小棚と水回りが使えるなかでLED蛍光灯を使って工夫してこのような仕組みになった。何度かポンプが詰まったこともあったが、3年近く稼働している。引っ越し先ではキッチンはIHからガスコンロになるが、ナベやフライパンは同じものが使える。ドラム式の洗濯機は、新卒のときに西友の家電売り場で買ったLG電子のものを10年近く使っているが、引っ越し先では室内から設置先がベランダになる。実家では洗濯機はドラム式でなく2層式になっているが、いまだにドラム式は新型の部類に入るようだ。ドラム式の洗濯機に洗剤に重曹を混ぜると、汚れが落ちやすくなる。たが乾燥機能は天日干しに及ばず、やや生乾きになる。また不動産業者の担当者からベッドとフローリングの間に付けるゴム製の緩衝材をいただいた。ホームセンターは、引っ越し先と現住所の中間点にあり、今度はよりDIYを活用できるようになる。

段ボールの大きさは、容量がたっぷりあるものが便利だと思っていたが、巾が40㎝前後の120サイズのものが、詰めるのにも持ち運ぶにもサイズのバランスが取れていた。縦、横、高さの合計が120㎝になることから120サイズというようだ、まるでテトリスか倉庫番のように、ブロックを積んだり、重ねたりできるようだ。しかしながら段ボールがある状態は通常の部屋と異なり、引っ越しの準備中という意味合いがあり、また箱の外に中に何があるか箇条書きにしているが、棚の州能力に及ばない。とはいえ、今まですんでいた4年半の棚卸しをする上でも、必要な作業だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です