橋のある風景

Poly Bridgeというゲームがある、岸辺から岸辺に橋を架けることをシュミュレートするゲームになる。バランスがやや強調されていて、アーチやトラス構造を均整よく作らないと、うまく加重が分散されずゲームがクリアできないようになっている。iPhoneの広告で偶然見つけて、3Dのポリゴンでも風景を印象的に描写していて、見やすかったこともある。タッチパネルで油圧ジャッキなども試行したものの、弓が弦を張るような張力の関係で、ジョイントをピッタリに付けると、跳ね橋が上がらない現象があった。結果を表したYoutube動画からは車が橋を渡る仕組みや構造は確かめられるが、なぜか実際にアプリケーションで再現しようとすると同じような結果にならない。なるべくシンプルな素材で乗り物を運ぶ橋にするとバランスよくなる。または既にある作例になにかワンポイントを付け加えるような工夫ができればとも思う。実際に画面上で橋を組み立ててみると、筋交いが交差している様子がどこかで見たことがあるような合理的な仕組みになっている。

ゲーム上のコースの概要を確認して、なおかつ作例の動画を見ても、どうにも橋の仕組みがスマートフォンで再現しにくい事例があった。そこでスマートフォンでの探索はいったん保留していたが、同じゲームがパソコンのsteamであるようだ。跳ね橋の負荷と応力のバランスがスマートフォンのタッチパネルで調整することが難しかったので、設計図のグリッドならパソコンの広い画面でできたほうが、効率がいいと考えた。パソコンにゲームをインストールしてみると、スマートフォンのコースと同じコースが再現された。しかしながら、タッチパネルで操作していた関連するツールが、パソコンではマウスの右クリック、左クリック、またキーボードの組み合わせになる。もしマウスとタッチパネルの操作の対応表があったら、便利だと思った。はじめは橋を架けることを目的に、グリッドが座標通りになる吸着を頼りにラーメン構造の骨組みを組んだ。そうしているうちにshiftキーを押しながらマウスをクリックすると座標を微調整できることが分かった。すると作る手間が節約できるようになる。ゲームの性質からして橋を架けると成功で、そうでないと失敗になるので、なんとかうまくやろうと躍起になることもあるが、スマートフォンもタッチパネルをファミコンのコントローラーのような操作を動きながらすることには向いていない。また待合室で長時間同じ姿勢で操作をすると、肩や腰が疲れて負荷がかかっている。そういったなかで、上手く時間配分や設計をスケッチできるようなゲームがあれば、電波が繋がりにくく、インターネット上で検索をしたり、またはSNSでいかに気が利いた発言ができるかということを気にするよりは漸進的な取り組みができると考える。

パソコンやスマートフォンでも同じゲームが再現されるが、動画とグリッドからコピー&ペーストしようとすると、なぜか上手くいかなかった。アーチは左右対称になっており、手で一つずつ組み立てていると左右対称にならないので、アーチの片方を作って、もう片方はコピーして水平反転してペーストという作業が効力を発揮する。回転するろくろで器を作るときに、二次関数の座標とその曲線に似ている。

スマートフォンを僕はあまり器用には使えないが、父と長く電話したときは壁を隔てて話をすることにも意味があった。こちらから断るわけにもいかず、また電話が長くなってただスマートフォンを耳に充てているだけでは、手持ち無沙汰になるので、肩に挟んで部屋をかたず付けたりしてみた。あるいは話の内容をメモしてみるなどを試みた。フィーチャーフォンでは電話を持っているような感じでそこまで長電話をしないけれど、iPhoneやandroidなどの液晶画面とタッチパネルがタブレットのように一体になっているものでは、会話が続きやすい。国産のスマートフォンはほとんどiPhoneに代わっているが、そのインフラを使って、できることもある。まだなんらかのコツがあると試して見たくなることもある。僕はそういったメッセンジャーで上手いことは言えないし、相手の要求を断る術もないけれど。

携帯ゲームはスマートフォンとよく似た操作系や、ゲームのシナリオ、開発環境があるけれど、通信の機能は付いていない。初めてiPhoneを持ったときは、電話に特化したフィーチャーフォンより音声が伝わりにくいということもあったが、いまではゲームと通話が同じ端末でできるので、かつてちゃぶ台にあったテレビリモコンの取り合いなども想定されうる。駆け引きはセンスや戦略に基づいている。例えば囲碁や将棋で、有利に相手を囲めばちょっとやそっとの手順ではひっくり返せない。べつになにかに勝とうとは思っていないけれど、協力できるの道具や考えがあるのに気に入らないという印象だけで優位を競おうとするのはもったいないと思った。ともかくも相手へは敬意と感謝を持って、なにかできるかを見つけていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です