条件分岐とDIY

ArduinoのWiFiクライアントが、繋がりにくいときがあった。まず、IPアドレスが競合しないように、固定IPを付加して、再度試して見るものの、WiFiがプログラムのコンパイル時に繋がる時とそうでないときがある。何度か同じことを繰り返すと繋がる時がある。キャタピラクローラーに載せているWiFiサーバーは、セットアップ時のWiFiアクセスポイント設定の関数をプログラムのループでWiFiがもし繋がらないときの条件分岐から再び設定の関数を呼び出すことにしている。同じ仕組みがWiFiクライアントでは、WiFiが繫がらない場合のメッセージが繰り返し出るだけだった。そこで状態を表すLEDランプを1本だけ追加して、WiFiが繫がった時に点灯、タクトスイッチからURLにアクセス始めたときに消灯、リクエストが返ってくると点灯と、WiFiが繫がっており、ボタンが押せる状態ではLEDランプをONに、ボタンが押せない状態ではOFFにした。プログラムが正常に動けばLEDランプが無くても差し支えないが、動いたかどうかの取り掛かりとして状態を表すものが必要だった。WiFiは、LEDランプが付くように、モジュールの電源の再起動で再接続する、具体的にはmicroUSBケーブルを抜き差しすることになる。海外のinstructables cuicuitsという学習サイトで、プログラム上でリセットをする方法が載っていた。リセット用のピンヘッダーに繋ぐ必要がなく、セットアップ時の動作に戻ることができる。WiFiが途切れるのは電波が不安定な状態で、通常はひとたびつながると再び聞かれることはあまりないが、はたしてEspr-Developer32をリセットしてWiFiに再接続するようにすると、繰り返しが進展して再接続された。またWiFiルーターから、Espのアクセスポイントに繋ぎなおすと、MultiWiFiが作用して、複数WiFiアクセスポイントがある場合は、どちらか有効な方に繋がる。固定回線のルーターは、途切れることはないけれど朝方から昼間にかけては比較的高速で繋がるが、夜間になると、回線が混みあっているのか速度は比較的遅くなる。また、スマートフォンもWiFiがない状態ではSIMカードの4G回線があるが、通信パケットの容量は、以前より節約されている。画像や動画よりもテキストやプログラムが軽くて比較的読み取り易い。網羅的な基地局が増えない状況では、通信の一部をDIYで補うことも必要になっているようだ。

引っ越しで収納の位置関係が変わったのか、半田で付けたものが外れやすくなっている。蓄電池にコンセントから充電するアダプターの-極のワニ口クリップが外れそうになっている。そのままにすると不安なので、半田を付けなおし、またワニ口クリップのゴムの被覆をエアコンパテで隙間を埋めて外れにくくした。また良く使っている電圧チェッカーのコイン電池がいつのまにか空になっているので、補充しようと思う。台風一過によって季節が変わっただけでなく、身の回りのものにも節目が訪れていた。ここ3年くらいで、半田の付け方や導線の選び方なども更新されてきた。なかには失敗もあったけれど、長く使える仕組みを考えたい。USBはマグネットケーブルにしているが、蓄電池の12Vではコンセント状の端子に付け替える。DC端子よりコンセント状の端子のほうが+極と-極が束ねてあり配線が節約できる。

mineCraftの巣箱をオブザーバーとディスペンサーに繋げると、ハチミツの採取が自動的になった。巣箱からハニカム素材をハサミで採取しようとすると、ハチを煙で燻す必要がある。ホッパーが特定のアイテムを分類するフィルターを使って、ディスペンサーに溜まったハチミツの瓶を抽出しようと試みたところ、空のガラス瓶とハチミツが入った瓶はアイテムでは区別されていないようで、ディスペンサーにガラス瓶がある程度溜まっていると、新たにガラス瓶がハチミツを充てんしたときにホッパーのフィルターが動くようだ。空の瓶はチェストボックスにまとめて、足りなくなったディスペンサーに手動で補充する、とはいえミツバチがハチミツを集めるペースは、まちまちで自動と手動を組み合わせる必要がある。受粉のときに、肥料が撒かれるのでホッパーやディスペンサーの周りを畑と花畑に替える。mineCraft上でも天候は変わりやすく、意外に雨が多く、雨が降ると昼間でも灯りがいるくらい空が曇っている。日が沈んだ夕方になったり雨が降っているときはミツバチが活動しなくなるので、屋根を付けて雨を防ぐように、夜は照明をつけて明るくした。とはいえ、ミツバチの動きは屋根がないときとそこまで変わらなかった。雨が降っていて視界が悪いとプレイヤーの活動範囲が狭まることもあり、ビニールハウスのように養蜂場をガラスで覆うことで、運用を工夫した。ホッパーフィルターは1マス開けて、どの巣箱にハチミツが溜まっているかを識別しやすいようにした。mineCraftのバージョンは公式にはバージョン14から15にアップデートされる準備段階で、巣箱にハチミツが充てんされるように改善された。また、ゲームの画面を録画するのに、windows10のOSのコマンド画面のUIが分かりやすく更新された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です