その日暮らしの経緯

どうにも、心理的なバランスのとり方が上手くないようで、ドジを踏んでしまう。スマートフォンのメッセージはチェックしきれないし、電車はついつい乗り過ごしてしまう。ここのところ日雇いのようだと思い込んでしまって、明日の予定が分からない日が続いたこともあり、感覚はマヒしていた。独り言を言わないとして口を固く塞いで、一人で行動しないように最大限に合わせたつもりだったが、ベストを尽くしても至らないこともあるようだ。悪気はなかった、考える暇もそれほどなかった、それでも状況判断に合わないときもあるようだ。以前はスーツの襟が経っていることでレジに呼び止められたことが合って、それから運が悪くなったとしても、正直なところ、余計なお世話だと思って苛立ったこともあった。初対面の人にわざわざそこで言わなくても、としてもついつい言いたくなってしまったようだった。それだけ気にかけられているとも考えられる。細かいことは、なにに気を利かせたらいいか分からないこともあって僕は苦手だった。とくに隠し事もないけれど、ボーっとしていることが多いのいかもしれない。想像力を働かせて状況が分かりやすくなる時と、そうでなくなにか行動を取る必要があるときがあった。かといって気を利かせようにもどこをどうしたらいいか分からない。とくに何も考えていなことが、かえって裏目に出てしまった。明日の処遇も分からず不安がよぎったけれど、とりあえず両親に伝えられればと考えていた。脅しに必要以上に影響されてしまっていた。気を確かに持ちたいところだが、どうにも浮船のような不安定な状況で、見通しも悪く予測が立てにくかった。

ここ二年間くらいはずっと明日が昨日よりはいい日だろうとして、一人でも歩んでいくほかなかった。それは仕方のないことだと思っていた。人に気を遣えるのは、僕の良いところだと思いたい、または社会のために良かれと思って一生懸命になれるところも、長所と考えることもできる。ともかくも、いったん不当な扱いが潜む不安定な状態を話して見ても、仕方がないところもある。引っ越し前に家賃が引き上げられて、図らずも隣町に引っ越さざるを得なかったのも、どうにも事情を説明しにくかった。住吉に住んでいることは有り難いけれど、そこに安心して帰ることが困難な状況になることは避けたかった。べつに自分が自由になりたいからというわけではなかったが、どうにもなにかバリアのようなものがあるように感じた。先日はそんな不当な条件に義理を立てる必要はないということで、安心もしたが、翌々日になって深夜残業や単純作業による減給がないことでホッとした。かといって昇給でもないために、どうすれば現状を維持できるかと縮こまってしまった。ここ数日本当に右も左も分からず、どうしたらいいか分からなかったのは事実だった。

ちょっと気が利かないところがあると、相手の機嫌が悪くなるかと思うと気分が落ち着かないことがあった。それが無いだけでも幾分か気は楽になる。先日は爪楊枝を燃えないゴミに間違えて出してしまったが、今日は爪楊枝を拾って燃えるゴミに出すことができた。エレベーターのボタンを間違えずに済んだ。僕がミスをすると気恥しいが、だれかのミスは許容できる。電車は先日乗り過ごしてしまったが、目標が定まっていれば流されずに済んだかもしれない。

自分でも忘れっぽいところはあるので、変わったことがあればメモするようにしている。自分のことで手一杯ではあるが、それでも分からないことを聞こうとする気持ちはあった。一日にあれもこれもこなしたいと思っていたことが上手くいかないこともある。ちょっとした駆け引きは苦手で、メールやメッセージに気が付かないときにちょっと後悔はする。しかしながらクヨクヨしても仕方がない。その日暮らしで今まで過ごしてきたが、そうなると目の前のことをなんとかすることで手一杯になってしまう、それだけ集中できているともいえるけれど、人付き合いが思わしくなくなってしまう。僕自身の安心のためだけでなく、家族のためにも独特のヒヤリハットの状況から、そうでない目指すべき状態に近付けたいとは思っている。自分で考えに仮説を立てて、それを検証して、なにかを作ることは習い性にはなっていた。できれば噂に影響されず、社会のためにできることを見つけていきたい。USBでホッカイロや発電機、水冷ユニットを作ったことはなにかのためになると思っている。人と付き合ううえで自動化は推奨されないのだろうか、なにもかもAIに代替されるとは思わないけれど、なにに手間をかけて、また何を効率化したら自分だけでなく、相手の負担や不安も軽減するのかということを考える必要があると思った。なるべくは自立して両親にも対等に話ができるようには対応していきたい。すべて良かれと思って動いたこと、それが裏目にでてしまうことに立ち向かっていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です