回路と出入り口

mineCraftではプレイヤーが壁を通行できるように、扉にはボタンを外側と内側に一つずつ付けていた。スペースがコンパクトで済み、プレイヤーが建物の壁を通りやすくなることが挙げられた。扉はボタンを押すことで一時的に開き、その後ひとりでに閉まるようになっていたが、ボタンが信号を送る間に扉が開いている間隔がやや短いことがあり、Youtubeで作例を探していると、扉を外側から空けるときはボタンを押すと、開きっぱなしになり、建物の内側の感圧板を踏むと、扉がひとりでに閉まる。また内側から外に出る時は、そのまま感圧板を押すだけで開いて、ひとりでに閉まる。そのような便利な仕組みがあるかと思ったが、回路ではラッチ回路といい、ボタンを押したときのONの信号を保持しており、別に用意したリセット用の信号を受け取るとOFFになる。レッドストーン回路のNOT回路を2つ組み合わせたものと、信号を比較するコンパレーターとリピーターを並べたものがあった。作例では扉を2つ観音開きになるように開いていたが、ひとまずラッチ回路を活用して、鉄の扉を外側と内側で異なる方式で開け閉めができることを目指した。ボタンを押して信号が一時的に流れるものが、ONになる状態が保持されることが変わった現象のように思われた。回路の種類は、AND回路とOR回路を覚えていたくらいだったが、同じブロックの組み合わせでも性質が異なった組み合わせを実現しうることが分かった。

また、ゴミ捨て用の回路では、レバーを介して起動させる状態からチェストボックスにアイテムを入れたときに起動するように改善した。ドロッパーを動かしている動力ではオブザーバーを2つ向かい合わせたクロック回路でドロッパーを連続して起動させていたが、レバーでONとOFFを切り替える必要があった。改良版では、コンパレーターによってドロッパーにアイテムが入っていれば、信号を受け取り、ドロッパーの中身が空になるまでクロック回路として動作する。これを応用すれば、アイテムの輸送にもつかうことができる。チェストボックスにアイテムをいれるとコンパレーターとリピーターの回路の部分が光っているため、ガラスブロックで透明にして、回路を分かりやすく透過させることにした。扉の場合も、コンパレーターとリピーターが3つ並んでいる部分が回路の主要な部分になるため、あえてその部分だけをガラスブロックにすると扉の回路の仕組みが分かりやすいと考えた。回路自体はシンプルだったが、扉やチェストボックスの表面では回路がむき出しになっていない方が見かけは調和しているので、縦に回路を伝える工夫が必要になる。

醸造台がある村人を保護するために鉄の扉でゾンビから守ろうとしたが、MOBが村を外れているといつの間にか外にでている。鉄の扉をもとのアカシアの木の扉にもどしたが、交易ができる村人がゾンビを交わして、村のどこにいるかは分からなくなったが、村のどこかにはいるようだった。交易が可能な村人を増やす醸造台を新設という手段もあるが、村はなるべくそのままにしたほうがよさそうだった。とはいえ、夜に訪れるとゾンビがいるために、ベッドまでの経路は壁を作って保護しておく必要があった。ひとたびベッドに着けば、夜から日が昇るまでを短縮することができるようだ。明るくなってから交易ができる村人を探したほうが安全性は高かった。

交易用の素材になるゾンビスポナーのトラップ回路ではマグマブロックのトラップに引っかからない、子供のゾンビが鶏に騎乗した、チキンジョッキーというモンスターが稀にでることがあった。ニワトリとゾンビが重なったコラージュから、開発者が新しいMOBとして加えたようで、ゾンビスポナーでも稀に出現することがある。動きは素早く平地では捉えようがない。トラップが隅で水流にながされながら浮かんでいる、なかに入ろうにもマグマブロックをプレイヤーが踏んでもダメージを受けるため、部屋の端のブロックをハーフブロックにしてボウガンで狙ってみるものの、弾が足りず、間からニワトリを剣で攻撃すると、子供のゾンビとニワトリの肉に分かれて、トラップに収まるようになった。またゾンビスポナーの周りの照明を薄暗くして、ホッパーに面した通路だけを明るくして、ゾンビがいる環境に合わせて見ることで素材を効率的に得られると考えた。

中国のmiHoyoのゲームのアカウントを実名認証にアップデートしてから、ゲームにログインできなくなってしまったが、連絡を取ることはできた。要望的にはしばらく待っているほかないようだ。日本語版ではそこまで認証に実名が導入されたというケースはまた珍しい。そこまでゲームにはこだわってはいないけれど、いままでログインできていたところに突然ログインできなくなると不安にはなる。中国語を翻訳しながらではあったがメッセージの応対では、なるべくこちらが物静かにしていた方が、印象がよくなる気がした。日本語と中国語、インフラが異なるなかでどのような状態が望ましいのかを模索していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です