エンダーワールドへの道筋

mineCraftでモンスタースポナーをのべ2時間ほど待っていると数百個の量のゾンビの肉が溜まっていた。途中圏で攻撃すると、稀にブーツや鎧などのアイテムをドロップすることもあった。とはいえ自動的にトラップでゾンビを対峙するとしても、アイテムが溜まるまで待っている間はしばらく時間がかかるようだった。1ブロック当たりの最大量の64ブロックが4つ溜まってくると村人の村に交易のためにネザーゲートを移動することにする。交易を重ねて村人の熟練度があがり、ついにエンダーパールが交易できるようになった。また村に設置した醸造台も村人のMOBによって使われ始めていた。エンダーパールを交易で交換して、エンドポータルのある要塞を探すことにした。回路や建築を自主的に行う方法もあるが、シュミュレーションゲームだけでなく、ある種のワールドマップを探検するRPGとして考えると、一応ゲームクリアを目指しておきたかった。エンダーアイはエンダーパールとブレイズパウダーによって合成される。エンダーアイを投げると、広大なワールドマップのどこかにあるというエンドポータルの方角に紫の軌跡を残して飛んでいく、ワールドマップは広大で、エンダーアイひとつだけでは見つけることが困難だった。クリエイティブモードでエンダーアイをまず使ってみると、遠くに飛んでいくとするとその方角の向こう側にあり、そこに近づいていくと、だんだんと軌跡が緩やかになっていく、地下にある場合は、地面に向かってエンダーアイが飛んでいく、エンドポータルは海の底の地面にありそこまで掘り進めることにした。エンド要塞には祭壇があり、エンドポータルを開くためのゲートがある、そこにエンダーアイを個数分はめ込むと、ゲートが開いて、エンダードラゴンがいるエリアに転送される。新たなエリアは砂岩のような土壌と黒曜石でできた塔が8本そびえており、その上にそれぞれエンドクリスタルがある。その間をエンダードラゴンが飛んでいる。飛んでいる間はボウガンで狙うことが難しそうだった。エンダードラゴンの体力ゲージがあるけれど、その周りにあるエンドクリスタルの塔に登り、エンドクリスタルをあらかじめ制圧する必要がある。エンドクリスタルは制圧時に爆発するので、ボウガンで離れた所から狙ったほうがよさそうだ。エンダードラゴンは中央の祭壇に一定周期で戻ってくる。ブレスが強力で、装備が整っていないとすぐにダメージを受けてしまう。近づいたらダイヤの剣で攻撃することが効果的なようだ。このようにしてクリアを目指したものの、やはり建築や回路を突き詰めることのほうが個人的には興味があった。このゲームにいろいろな人が携わり、バージョンアップと改良が重ねられてきたその過程が伺えた。

コンパレーターとリピーターを組み合わせたラッチ回路の組み合わせから、ドア二つ分に適用することができて、入り口が観音開きになるようになった。コンパレーターは減産モードでなくてもラッチ回路として信号を保持することができるようだった。地道に作ったのは昆布養殖プラントくらいで、昆布のグラフィックがOptifineによって水と調和する景色が見られるのは、バージョンの関係でしばらくかかりそうだ。モンスタースポナーのトラップはそこにプレイヤーが居合わせないと作動しないが、昆布養殖プラントは多少離れていても昆布が収穫されていた。ラージチェストボックスの2/3くらいまで昆布ブロックが溜まってくると、乾燥昆布だけでなく、骨粉をつかって小麦だけでなくニンジンやジャガイモの肥料にも活用した。mineCraftは選択肢が広い分、アイテムの調達にかかる時間や労力も膨大になることがある。できれば反復する効果的なパターンを見つけたいところだった。ゲームだけでなくサイクルが効力を持つ場合もある。例えばダイナモを使って発電するときも、タービンをできるだけ少ない労力で回すことで効果的になる。反復して動作を繰り返す仕組みは、ゲームだけに限らず、日常にもいくつか事例がある。太陽光発電では国の補助金制度がなくなったこともあり、エコロジーのために経済的な効果を期待して設置する傾向が薄くなってしまったが、化石燃料に頼らずに自主的にエネルギーを生み出す方法としては、依然として有効だと考える。風力発電の風車をベランダに設置することが現実的でない以上、太陽光発電が自宅で作れるモバイル機器などの補助電力になり得る。防水のフレキシブルソーラーパネルが普及すれば、再生可能エネルギーはよりカジュアルになり得る。AnkerのPowerCoreなどのデジタル式の蓄電池もあるが、シールドバッテリー型の蓄電池と、フレキシブルソーラーパネルが防水仕様のため、そのままの構成に落ち着いている。出力と大きさのバランスが取れる60w前後で、50㎝くらいのフレキシブルソーラーパネルがあれば便利そうだ。身の回りのもので、環境保全に役立ちそうなものや組み合わせを見つけていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です