ベンチマークと可能性

スマートフォンにはiOSとAndroidの二種類のOSがある。iOSで手持ちで持っているiPhone6sは、antutuのベンチマークでは17万点になっており、2Dだけでなく3Dゲームにも動作が動くようになっている。AndroidのOPPO AX7では、スコアは8万点前後で、2Dグラフィックはバッテリーが5000mAhと大容量なこともあり、またgoogle Play ストアやapkファイルから直接アプリケーションがインストールできる。iOSの場合は、appleのiTunesストア経由で認証されたアプリケーションしかダウンロードとインストールができない。そのためベンチマークでノートパソコン並みの高性能の値が出たとしても、任意のアプリケーションを選ぶことができず、その性能が発揮される機会が、動画やブラウザの閲覧に限られてくる。あるいは中国国内やアメリカ国内であれば、iOSにもipaファイルというアプリケーションを追加する規格があるという。もしiOSで日本国内からアプリケーションがインストールできたらと思うこともあるが、公式版にもサービスは行き届いていた。ビジュアルノベルゲームでは中国語のテキストが日本語に翻訳されて、声が充てられていたからこそ意味合いが把握できるようになったという面では大きな助力になった。

また、OPPO AX7では大容量のリチウムイオンバッテリーと、動作を優先させるゲームスペースによって普及価格帯で動作する3Dゲームアプリを動作させる中でとても善戦したけれど、ついにストーリーが佳境に入ってグラフィックが重くなって、律者というボスキャラの大技が繰り返されるとGPUの負荷が大きくなるせいか、アプリケーションを再起動せざるを得なくなった。設定画面で画質を1段階落として、再起動を防ぐことができた。iPhone6sでは、ドローンの視点などが滑らかで印象的だったが、それはGPUの性能が比較的優れていたことによる。iPhone8になるとantutuのスコアは30万点を超えて、防水性能が付く。とはいえバッテリー容量は2000mAhに達しておらず、おそらく一日電池が持たないことが予想される。街にある古本屋のGEOやブックオフにも中古のiPhone8が揃っている。ブラウザの閲覧や地図の検索、パッケージ版の3Dゲームではしかるべく性能が確保されている。iOSは利用者が国内では特に割合が多いこともあり、もし3Dを駆使した仮想現実のサービスがあったとしたら、iPhoneが基準になるのかもしれない。リチウムイオン電池の容量は、工夫すれば実用性はコストに比べて向上することもスマートフォンを移動しながら使っていると明らかになってくる。

個人的には太陽電池とモバイルバッテリーを連動させてみたいけれど、iPhoneが数年前からノートパソコン並みに性能が向上している、それに比べてバッテリーの容量はまだ増えていない。液晶画面の解像度を上げたり、カメラを複眼にしたりと、ここ数年で飛躍的な改善が見られたものの、すべてのスペックを向上させることは現実的にイメージしにくい、手に取った感触ではiPhoneではアルミニウムの外装が、Androidでは強化プラスチックの外装になっている。ブラウザにキーワードを入れたり、Youtube動画を閲覧する感じでは性能に差は感じられなかった。ゲームと言えばプレイステーションの初代版にヴァルキリープロファイルのCDを入れて起動させると、容量が足りず、大魔法を使うとローディングが長くなるため、細かな通常攻撃に節約していた。それでもなおその先にある景色を見たかったということもある容量が限られたところで壮大な世界観が提示されていたことは感嘆した、携帯用ゲーム機のPSP(PlayStationPortable)の同タイトルのUMD(Universal Media Disc)になると、ローディングの遅延は解消されており、どんな選択をしても途中で強制終了することはなくなっていた。またテレビにゲーム機とアダプターと映像端子を繋げて起動させていたものが、カバンに入れて持ち運べるようになったことは便利だった。またPSPには画面キャプチャは、HTC Desireでピントが手振れするなかで、手動で画面の枠にPSPの画面を入れて撮っていた。スクリーンショットがノートパソコンだけでなく、スマートフォンでもボタン一つで取れるようになったのはそれから数年先のことだった。

Android Phoneは国内3大キャリア以外で、通信ができる選択肢として秋葉原でUPQ Phoneを買ったことから始まるが、やがてYotaPhoneやOPPO AX7などiPhoneに引けをとらない性能になってきた。とくにOPPO AX7では手に持ったサイズはiPhone6sに比べて一回り大きいところから持ち方を工夫してきたけれど、コンパクトさによる持ち運びやすさをとるか、リチウムイオンバッテリーの容量が確保された持続力を選ぶかはまだ考えてみようと思う。街角の古本屋にも国内3大キャリアだけなくスマートフォンや電子書籍の選択肢はあるけれど、性能だけでなく、共通のテキストを音読できる環境が、翻訳やアニメーションにも対応できて、意味合いが通じやすくなっていると思われた。電子書籍だけでなくテキストを音読したり動画を閲覧するためのプラットフォームとしてウォークマンだけなくスマートフォンも新たな選択肢やコンテンツになっているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です