時事問題と日常

新聞には中国の新型コロナウイルスの船内感染についての、ニュースがあり、一般的にはうがいと手洗い、アルコール消毒の実施を習慣づけることが追加されている。中国の内陸部の都市、湖北省武漢に渡航した旅行客を媒介して肺炎が伝染して、死亡した例もみられている。中国と日本を行き来するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では集団感染が起きて、感染対策が不十分だったことを指摘するYouTube動画で告発した神戸大学の岩田教授の動画は議論を呼び、やがて動画自体が削除されることになったという。

クルーズ船の船内の感染予防対策が、厚労省でも議論されるようになっていた。中国本土の死者は2000人を超え、社会問題となっている。イギリスのBBCでは検疫の過程が不十分だったと見解を示している。テレビを付けるとニュースでも新型コロナウイルスと国内の感染例について特集が組まれている。Twitterでは、クルーズ船の様子が中継されているが、問題がある様子は見られない。中国国内を除けば、日本国内では最大の集団感染の場所になっているために、注目が集まっているが、専門家の間でも責任の所在や意見が分かれている。ウィルスが存在するとみられる区画と存在しない区画が明確でなく、そのために集団感染のリスクが高まったという。死亡する感染者の割合で高いものは高齢者や既往症のある感染者になるという。

大阪に在住する中国人の華僑団体や中華系企業が、日本全国の協力企業や個人から寄せ集めたマスクや医療用手袋を母国・中国に送ったという。中国国内では新型コロナウイルス感染者を受け入れる医療従事者の院内感染も深刻な問題になっている。院内の病院長が感染して死亡に至るケースもあるという、新型コロナウイルスの感染ルートとして霧状に浮遊する粒子に混じったウィルスを吸引する「エアロゾル感染」の可能性があるという。その場合、日常でも手洗いやうがいマスクの着用の習慣が意味を持ってくる。このように世論にさらされるなかでモチベーション(士気)を保つことは理性だけでなく、実践的な方法に基づいたアドバイスも必要になると考える。

日本国内ではまだ症例は少ないが、作業場でも告知が出ていたりと世情の変化を感じる。産経新聞のアプリケーションを開いてみると、解説の記事があった。またBBCの日本語に訳された記事でも、まったく医療的な予備知識がないなかでも実情に寄り添える想像力が養われる気がした。そのきっかけはTwitterの写真とテキストだった。今回は新聞だけでなく、写真や動画を踏まえたインタビュー記事が役に立った。

動画には、テキストを読んで覚えることだけでなく、印象やメッセージを直観的に把握できる利点もある。マニュアルの様子を動画にした事例がニュースでも紹介されている。その一方で放送作家による、本人では比較的な意見であったものの、まずは人の意見を一方的に傾聴することで支持を得ていくというスタンスもある。作業場でもテキストをノートに清書することが推奨はされているが、それ以上に注意をそらさずに言われたことを覚えていることが求められていた。理想的には言われたことを覚えていたり、丁寧に書き留めていることで、おざなりに扱っていない、協力的になっていることを示している。相手の話をまずは聞くことで、反対していないことをまずは示す。もし、なにか議論とまではいかないにしても、建設的な意見や考えを持つためには、こちらも予備知識を持っている必要がある。その予備知識は記憶でしか養われないのだとすると、どう工夫したものかと思う。動画にリンクしているtwitterには挑戦的なメッセージがあり、動画を見ないとなにか良くないことが起きるのではないかと不安になる。動画を最後まで見るとその人の考えと双方向性が提示されている。そういった過程では忍耐が要求されている。

作業場の準備をして時間内に退勤することが難しい状況に立たされた。上司が仕事を強要しているわけではないが、そこで一人前とされるペースに達しなかったことを新人が気にしていて、進行やミスが重なって残業になった。かといってサービス残業はできたいため、まずは理由を聞くことを提案した。36協定は義務でないし、経験者からすると人並みに仕事をこなせないのに残業するとは何事かという意見もあるかもしれないが、良かれと思って進言してみた。同僚が早番に追いつくくらいの時間に出社して、ペースの遅れを気にして準備に一生懸命なのは側にいて分かっている。ミスや誤字があると他人事とは思えない。担当者のなかには作業中にボーっとしていることが、経験者と新人の作業配分を踏まえると納得できないという意見もある。ともかくも連携が保てるならそれに越したことはない、僕としても要望に応えたうえで要求ができればと思うけれど。安易に聞こうとしないで、自分で考えたり調べようとしないところに安易さがあるという。かといって悩んだままにしておくと次に動けなくなる。協業のための心がけを考えたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です