共感へのチャレンジ

MMDとキャタピラクローラーを組み合わせた動画が、YouTubeにしたもののそこまで反響が無かったけれど、MMDツールを活用した意欲的なチャレンジも行っていた。キャタピラクローラーは中国のAliexpressにてネジとキャタピラと金具を輸入して、日本のホームセンターにて金具を買い足し、またamazonにてリチウムイオン電池を追加して十字キーで動く乗り物を作った。キャタピラというと戦車のようなイメージが先行するが、モーターとキャタピラを組合わせて物を運べるようなリフトを構想していた。それができてから物珍しがられることもあったが、ラジコンでも台車の間のようなマシンができて1年が経とうとしていた。はじめはraspberryPiと家電量販店で購入したwebカメラを組み合わせていた。UIの上で十字キーとカメラフレームが組み合わさってゲーム画面のようになった。やがてESP-32と小型カメラだけにしている。もしかしたら初音ミクを中国のゲームのキャラクターに置き換えたらなにか反響が得られるかもしれないと思って日本語のテロップを中国語と英語に対応させてみることにした。そのときにMMDの振り付けのファイルを無くしていたので、ポージングをやり直す必要があった。フレームレートは30fpsで、810フレームのコマが必要になる。途中でLEDの人感センサーが動くところが390フレームで、このあたりで表情を変えてみたかった。中国のキャラクターは符华というどちらかというと、中性的なイメージで物静かで知的な印象と中国の体術を使ったアクティブなところがある。肌の露出が少ない長袖の学生服で、胸もあまり大きくなかった。とはいえボーカロイドから対話的な紹介に移行する上で、必要なチャレンジとなった。中国からのパスワードが付いた素材が、日本のMMDツールで動かしたり、表情を付けることができた。振り付けのファイルをバックアップしていなかったのは、うっかりしていたがアバターごとに振り付けを付けることを思い出すことで挽回しようとした。今度からはデータを保管して思い出にしておきたい。また動画ファイルに書き出すときにMMDから圧縮していないaviファイルに書き出す必要があり、データとしては外付けハードディスクに保管している。動画編集と合わせて、データとしてはとても重かった。とはいえ中国のユーザーに親しまれてもらえれば、少なくともこんな珍しい事例もあったと認知してもらえる。これを機会に自分も人見知りだった性格が直せればいいと考えている。これも何かの縁だと思って立ち寄ってくれた人に感謝をしようと思う。

キャタピラクローラーがアパートの一室を探索する様子を、威圧感でなく親しみを持てるように伝えられれば、自分としても凝り固まった考えをアイデアに替えられそうだ。僕が知らないことも、未熟なところもあることは理解できるけれど、個人でできることを模索していきたい。macBookはすでにサポートを過ぎているものの、去年の2019年までメインマシンとして使っていた。キーボードの一部が押せなくなっているが、ファイルを取り出すことはかろうじてできる。windowsPCを購入したのが2019年5月のことで、もうじき1年になる。macBookからwindowsPCに切り替えるときには水冷用の冷却ユニットを作っており、mineCraftでは水を凍りにして鎌倉のような建材に使っていた。松明を使うと氷が熱で溶けるため、レッドストーンランプを灯りの代わりにつかっていた。またLEDフィラメントを使って太陽電池から高輝度の灯りを取り出した。強い灯りは原子力のイメージがあるという世論もあるけれど、昨今ではLEDによって灯りと熱量は比例せずに出力を維持できる。中国から輸入した単結晶のシリコンによる太陽電池を、日本でノーベル賞をとったリチウムイオン電池と組み合わせて、省エネを志しながら光やエネルギーをシェアして活用するというモデルを内包している。小型のintelNUCもCPUにくらべて消費電力が少ないことも省エネに貢献している。太陽電池は日本国内では多結晶の旧型も多く、大型でエネルギー効率が良くない。とある科学の超電磁砲というアニメでも風車が多摩市で回っている様子が印象的な風景としてあり、それを実現するのは国内でなく中国かもしれない。とはいえ、言葉が通じなくても、また言葉が通じてもお互いにけん制しあっているという状況は僕はすこし残念ではある。基本的には僕の場合は、見た目はインパクトがあるけれど、キャタピラクローラーを含めて誰にでも再現可能なオープンソースウェアとして仕組みを作っているが誰も関心を持ってもらえないという窮状があった。メンテナンスを続けていって、存続できるように工夫していきたい。ピストンとオブザーバーの組み合わせも本当は誰でも空を飛べるし、橋を架けることができる。もし僕だけがもっている特長によってそれが実現できるだとしたら、きっと誰かそれを必要としているひとが世界のどこか、もしかすると日本にもまだ知らないだけで存在している可能性はある、そのためにできることが見つけていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です