動画とキャタピラ

僕が動画を取る理由は、人気があればそれに越したことはないけれど、ほとんど現状なくて誰も関心を持っていない状態で、ボーカロイドをナビゲーションに使うにしても歌や踊りがメインではないので、YouTubeではほとんどいなかった閲覧者が、blibli動画では4人いたということくらいで、その人たちに向けた動画の見せ方を考えたかった。またフリー素材を組み合わせてできることでもメッセージ性や見ごたえがあるものができることを示したい思っている。中国人のユーザーに読めるように地下鉄の駅に英語と中国語のルビがあったので、それを参考にテロップを作ってみると、自動翻訳の稚拙さはあるかもしれないが、説明をシンプルにして分かりやすくしたいと考えた。国内ではまったくなかったコメントが、BliBli動画では2件あった。実際にアクセス数を軌道に乗せるのは難しいとは思うけれど、ひとつの客観的な見方として参考にして見たい。

キャタピラクローラーでは、十字キーをブラウザ上で自作して、そのコントローラーで部屋を探索したことがあった。これがなにかのゲームの十キーのような連想ができればと考えた。またLEDフィラメントによって夜間の暗い部屋をカメラで探索することもできる。LEDフィラメントは自転車のヘッドライトにも使っているが、強い光を求めているわけではなく、夜道を照らすくらい十分なリソースが確保できることを目的にしていた。当初はraspberryPiのmpeg-streamerと家電量販店で購入したwebカメラを組み合わせていたが、raspberryPiは電源スイッチが付いていないため、再起動をコマンドで行う必要があった。そこで小型の監視カメラを代わりに組み込むことで、画角を広く取ることにした。小型カメラには暗くなると赤外線カメラになるが、LEDフィラメントの灯りがあると、暗くても通常のカメラとして映る。小人の視点から風景を見ると見え方が変わってくる。

流れとしては、タイトルから入ってブラウザカメラで部屋を探索する画面と、キャタピラクローラーが暗い部屋に灯りを付けて探索するシーン、つぎに公園のなかを小型の監視カメラの視点から外の景色や公園を歩く人や景色を映したもの、最後にキャタピラクローラーにて荷物を運ぶ様子を映して見たい。通行人からは応援してもらったが、YouTube上ではほとんど関心を持たれていなかった。撮影技術はあまり優れてはいないが、室内の探索や外を散策するラジコンの乗り物は、なんらかの形で映像に残しておきたかった。今度はキャラクターを落ち着いていて可愛げのある猫のようなキャラクターにしようと考えている。

海外の作品で言葉は分からないが、字幕で意味をくみ取るよう必要があった。メールを介してGoogle翻訳で翻訳しながら意図を想定するために役立っている。中国語の含蓄の深さには感心する。ついこないだも指紋認証のようなUIのボタンから、装備をアップデートしたこともあった。そういった体験を恩返しのようにできればと考えていう。声優が日本語のために音声は日本語でも通じるところがある。かな文字は漢字に比べると読み方がシンプルで響きがいいという特長があるようだ。理想を言っていえば、日本語と中国語のテロップが読まれることが目的だけれど、現状は身振りや手ぶり、キャラクターの表情や仕草で印象が持たれているところがある。ゲームでも僕もキャラクターの素振りを気にしていることがあったからそれが影響しているのかもしれない。

汎用性という点では、僕に多少は手ごたえがあった、そのためそれが十字キーになったり、webカメラ小型監視カメラと連動することが可能になった。ネコのキャラクターも印象は良かったが、そこまでキャラクターと共有した体験がないために、言語化できないところがある。キャタピラクローラーの駆動音は外で聞いているとそこまで大きくないが、小型監視カメラで録音すると、臨場感がある。地面をキャタピラーが疾駆する姿は乗用車のようにタイヤでなく、キャタピラーが付いた機種ならではの魅力になる。森博嗣の半熟セミナという絵本のような読本に乗用車のようにタイヤでなく、スノーモービルのように履帯をつけた乗り物が信号機や交差点に乘っても科学的に成立するという仮説があったが、それをネジとキャタピラーで実現したかったことがある。

キャラクターはともかうキャタピラーの作成は、パーツをプラモデルのように組み立てて、明示されたマニュアルの中でできることではあるが、どういうわけか言葉が通じているのに技術が形にならない不思議な分野だった。この期に及んで感性については自信がないのでとくに言及しないでおく。一方で中国語はほとんど言葉が通じないのに翻訳ツールやプレゼンテーションを通じて、もともとはカナ文字と漢字が似た由来をもっているなど。ルーツや風習に共通した部分がありそうだ。武漢も解放されて、特番もblibli動画に流れなくなってしまったが、都市の風景や日常を取り戻すためにできることを見つけていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です