アカウントと意思の疎通

YouTubeには動画をアップロードしたアカウントにメッセージを送る手段がないため、コメントを書くしかなかった。同じ動画共有サービスでもBliBli動画には連絡機能が付いている。フレームを組み立てるほかに、ホームセンターから金具を買い足したりして手作りの部分もある、キャタピラークローラーが受け入れられず、閲覧数が全く伸びないのは残念ではある。YouTubeでは非公開している動画のBGMにiTunesの曲名を入れていると著作権違反になっていた。YouTubeではGoogleアカウントやアナライティックスを通じてアクセス数を分析したり、アップロードした動画のバックアップを取ることができるが、どういうわけかメッセージの疎通が上手くいかないところがあった。しかしながら、せっかく作った仕組みだったり、アイデアを自慢というわけではないが、なんらかの形で残していく必要がある。別にクリエイターを志望しているわけでもなく、クリエイターというとお笑い芸人がそれに当てはまる、既存の価値観を否定して、新たに自我を定義する。それを言ってしまうとだれもがクリエイターということになるし、あまりそういった感覚は分からなかった。モノづくりではモノが溢れているかとマスクが足りなかったり、十分に行き渡っていなかったりとDIYのニーズはある。とはいえ、ニュースでやっていたように給付されたマスクが小さいために糸とガーゼをほどいて、大きめに作り直すというのはあまり気が進まなかった。

自宅勤務になると、マスクの配達状況も気になるためにどこの誰からも分からずに掛かってくる非通知の電話も受けざるを得ず、いちど電話に出てしまうと、断りにくくなるという状況があった。このタイミングでなくてもとおもったが、引っ越し前の住宅に届いていたクレジットカードの伝票が次の入居者に開封されたという、連絡を受ける。引っ越し後のアカウントの住所の設定はしていたが、クレジットカードには反映されていなかったという。その電話で住所を変えることができたので、手続きはできたけれど、そのタイミングでなくてもという違和感は残った。Amazonでなくロボットパーツで注文をしていた時に、住所をDHLで配送するためにローマ字の表記にするというメールがあり、それ以降は戸籍について問い合わせるような用件が重なった。

勧誘の電話でも、もしそれを受けてしまうと、条件が良くても今の状況を変える必要ある、独身ではあるが、生活を守っていければと考えている。それをなぜ見ず知らずの人に窮状を訴えなければならないのかという理不尽さがある。家に帰って寝るだけの生活ではあるが、自分が正しくあらねばならないという価値観と折り合いを付けながら過ごしていく必要がある。某放送作家の嘘を含んだ大きな主語で語られるときは、身の回りのことに気を付けた方がいいという。こちらから言い返しても得るものがなく、別に自己主張したいわけでもない。なるべくはヤクザのような性質から逃げることだけを考えている。BliBli動画にて、洗濯機の上で泣く子供がいるという動画もあったが、コンテンツとしては面白いけれど、生活のために洗濯機を壊されても困る。動画としては面白いけれど、現実にあると困るという類の話題にどう応じたらいいかと悩む。初めての動画チャンネルのフォロワーだったこともあってホッとした感覚もある。

まだ季節は肌寒く、シリコンラバーヒーターで椅子を温める必要がある。これは自分が手作りで作ったものだったが、実用性があっていつしか商品化されてくれれば、暖を取れる人も増えると思うけれど、なぜか今日になってUSBケーブルがすっぽりと抜けて出力がOFFになっている。ここ数か月そういったことは無かったので思わず焦った。ハクキンカイロのように化石燃料を使わずに、温まることができる。既存のモバイルバッテリーのカイロでは温まり方が弱かったので、この出力を半年くらい維持してきた。

自宅になると逃げ場所がなくなることが不安にはなるが、それを意識しないように行動していきたい。コロナウイルスの影響もあって、エンタメ界で死生観などの怪しい宗教が蔓延している。個人にはそれは当てはまらない。なにかモノやコトを作るにしても、本当に必要だと考えて、他人と競合しない分野を開拓していく必要がある。自分はこれだけ頑張っているのにという労務関係の悩みが、twitterなどのSNSではデマとして広まりそうではあるが、噂やパワハラやセクハラを受け流すようにしていきたい。あの人のいうこともただの風だったというスタンスでしか選択できなさそうだ。少なくとも新聞やニュースでは大上段に正論を振りかざすような論調ではない。エンタメ界だけでそれがまかり通っているのはそこが通常とはことなる世間だからかもしれない。かくいう僕もそこまで広い世界には棲息していない。されども井の中の蛙でもいられないと考えている。お互いの個性を尊重したうえで、意思の疎通ができる手段を模索していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です