習慣と仕組み

5月の連休では電車やバスを使ってはどこにも外出せずに、自転車で隣町に移動したくらいだった。コロナウイルスの感染者は5日連続で100人を下回って、緊急事態宣言の効果が数字になって表れ始めている。マスクは布マスクでは鼻のアレルギーで血が付くので白いいガーゼを洗う手間ができるために一時保存して、同じように洗って使えっるウレタン製のマスクに替えて過ごしている。シミが目立たないためだった。気候としては朝は少し寒かったので、布団が必要になった、日中は足が寒くなったので靴下をはいた。だんだんと蒸し暑くなってくる感じがする。青空は春から移り変わりつつあった。ベランダの雑草にススキのような穂がいつの間にか生えており、白い花が咲いている。

BliBli動画でコメントといいねが付いた。あまり人気はないけれど、自分のオリジナルの工夫がユーザーの思い出になってくれればと思う。これが日本国内のニコニコ動画やYouTubeではそこまで見ず知らずの人に親切にはしてくれないと思うと貴重ではある。とはいえどんな動画が話題になるかは僕自身にも分かっていない。およそ11人のいいねが集まった。国内では孤立しているのか、日常で呟くことがないのか、またはとくに友人がいないのか、理由は複合的であるようだ。自立はしていても孤立はしないようにしているが、以前にすんでいたマンションの隣のビジネスホテルが、都内のコロナウイルスの受け入れ先になるなど、普段から人を避けてきた経歴があるのかもしれない。

帳票をPDFで入力して、数があっている部分に蛍光マーカーを付けていく、証書は重要なもので1枚でも数え間違えるとやり直しになることもあり、念を入れてチェックした。帳票コードに数字で連番を付けることと、以前の数値を集計用のセルに転写する手順と、ページ数があっていれば、下から3桁目が合うことになっている。枚数と書損も揃っている必用がある。手書きの書類でも丁寧に清書された文字を、PDFの拡大ツールの目視で読み取っていく、自分に経理の素養があるかどうかは分からない、この手の仕事では早くで雑であるよりは、ゆっくりでも正確であるほうが信頼される。学校で習った計算ドリルには似ているが、社会人になってまた復習することになるとは思わなかった。ともかくも集中力を持続させる訓練にはなると考えて取り組むことにしている。

数字を扱うことに個人的に習熟した経験は、高校の時には数学でベクトルの公式を自分で作ったりもしたが、それでSNSなどでいいねが集まらないだろうと思われる。誰にも認められてはいないが、必要だと思ったことを続けていく。それがいつの日か日本語でも説明できるようになればと思う。僕の場合は哲学や文学といった抽象的に高度なもので相手と比べることはしないつもりだ。中国のように平仮名が通じなくて、筆談によって漢字で意味を推測しあうような関係でも、メッセージは届く。日本ではそこまで偏屈な性格ではないが、うまく話題に乘れていないところがある。

ニコニコ超会議でユニバーサル基盤をイベントでもらってそれを元に半導体とE-inkを組み合わせた事例もあったが、現在ではEsp-32やダイヤフラムポンプの循環に使っているので、回路は動ていない。E-inkは2年前に表示した白黒の数値を示したままになっている。もしarduinoのWiFi互換機の工事設計認証が通れば、また試作してみるかもしれない。とはいえ中国のパーツやモーターを組み合わせていても、キャタピラクローラーの操作性の実感は自分だけが覚えている。自動車をキャラピラーにできたことは考えを形にできた経験にはなった。LEDフィラメントをUSBケーブルで点灯できて読書灯や、自転車のヘッドライトに実用化できたことも実体験にはなっている。回路が複雑な部分をいかにシンプルにできるかを考えている。またモバイルバッテリーとソーラーパネルの組み合わせもまた試して見たいが、現状ではベランダで気象データーを計測するに留まっている。

動画にしてその間隔や魅力が共感できるようにはしているつもりだが、公園で走行を試してから半年が経とうとしていた。ともかくmineCraftの建物の試作のうち幾つかは覚えてもらったようで、何よりだった。レゴブロックの組み合わせで、本来は一人でなんでもこなすというよりは、できるところを協業したほうが有意義であるはずではある。以前にはYoutubeでもmineCraftはプランニングをする人と実際にブロックを積む人が分業しており、集約的に作業を積み重ねることで建築を成し遂げていた。バージョンアップに伴って、オブザーバーが追加されたことで、個人でもコンパクトに回路を組むことができるようになった。しかしながらオブザーバーは、新しく追加されたブロックであるため、レッドストーン回路やリピーターなどと異なり、シュミュレーターなどの設計図面に現れないので、パソコンやスマートフォンでアプリケーションを実際に起動して動作を確かめる必要があった。ボトムアップでmineCraftの設計ができたら有意義だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です