アイアンファームの改修

アイアンファームの試行錯誤が続いている。村人とゾンビを定着させることができた。2時間放置していても、村人がいなくなったりせずに囲いの中で農作業を行っていた。アイアンゴーレムが召還されるタイミングが読み切れない、再起動してmineCraft内の時間をdayにすると眠っていた村人が起きるので、そのタイミングで所定の位置に召還されることが2回あったけれど、再起動しても召還されないときもあった。村人の囲いに入って、作物に骨粉で肥料をやったりするためのメンテナンス用の通路を作ろうとした。鉄の扉の場合、ボタンで開閉すると開いている間に村人が抜け出てしまう可能性があった。梯子にすると村人が上って脱出する、トラップドアは鉄の扉より頑丈ではなくマウスクリックで開閉できるものの、村人は自力で開けることができず、開いている間しか通過できないようだ。メンテナンスには梯子を使って、トラップドアをクリックで閉じれば、しばらくは村人がすぐには出てこないのでメンテナンス用にプレイヤーが入ることができる。とはいえ忘れずに戸締まりをする必要がでてくる。これが苦手で現実にはトイレや玄関のLEDライトは人感センサーを使って自動化しておりその分の注意力を温存することがいくらかできる。鉄の扉もボタンを付けるだけにすれば一定時間開いて自動的に閉まるようになる。アイアンゴーレムは、しばらくサイクルを放置しておくとチェストボックスに、いくらか溜まっているが、こちらが見ている間には作動しないこともある。まるで植物の生長を観察しているかのようだった。芽が伸びるかと思ってもすぐには延びない。かといってしばらく放置していると気がつかないうちに成長を遂げている。

畑の自動化に比べると、アイアンファームの方が、村人がランダムに召還したものを流水で捕獲するという運だのみの要素も大きいが、ペースが比較的速かった。ここにきてランダムの間隔を読み切れずに、ペースが定まらなくなっている。畑には苗が育つと自動的に農民のAIが収穫して、種と作物の一部を落として、それをホッパー付きトロッコが巡回して収集する仕組みになっている。デスクトップパソコンがスクリーンセーバーになるまでの間を5時間にのばせば、サイクルは最大で5時間動いていることになる。試しに2時間起動させてみると、鉄が30個とポピーの花が10数個、作物は小麦が5個、種が20個くらい溜まった。アイアンファームにも骨粉で成長を促進させながら、ホッパーで回収すると小麦が4個、種が5個溜まっている。農場では畑を広めにとって、縦5マス、横5マスの畑に農民を3人配置した。アイアンゴーレムだけでなく猫が畑に召還されることもある。農民の数が多いと作物を拾ってホッパー付きトロッコで回収されないところがある。ホッパー付きトロッコをパワードレールで加速して、試しに畑の上になにかアイテムを置くとすぐに回収されるようにしたものの、農民が収穫するスピードの方が早いようで、ハーフブロックの上の水たまりに落ちた作物や苗はしばらく拾われないために、ホッパー付きトロッコの回収が間に合うといった感じだった。村人が梯子を伝って壁の外にでていると仕組みがうまく作動しないけれど、ドアを村人のAIが開けられるようになっていて、ベッドの近くの畑に戻ってくる性質があれば、より放牧に近くなるけれど、まだ試していない。少人数の村人でもゾンビに隣接していなくいても、アイアンゴーレムを召還できる事例もあるようで工夫の余地はある。アイアンファームでなく、通常の農場にもアイアンゴーレムが召還されている。この場合、アイアンゴーレムは出現して倒しても、また同じ場所にしばらくすると現れるので、アイアンファームのような大がかりな水堀を掘らなくても、その都度、鉄より丈夫な材質のダイアモンドの剣で倒しても問題ない。自動化の仕組みは原理的には資源が限られたサバイバルモードでもできるが、資源が無制限で、ツルハシがなくてもブロックを掘削できるクリエイティブモードだから試せるところもある。とはいえサバイバルモードでも、スライムチャンクのように石のツルハシで縦横20マスの大きな空洞を地道に掘り抜く必要があるときもある。スライムブロックと粘着ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物はサバイバルモードでも組み立てることができ、谷を越えたり海を渡ることができるようになっていた。

間取りが畑とベッドとコンポスターの組み合わせで、ミニマムな住居のようでもある。農民のAIがゾンビを恐れてゴーレムを召還するだけでなく、作物を収穫したり植えたりができるようになったけれど、その作物はすぐに回収はできなかった。映像としてはアイアンゴーレムが流れてくる様子と、作物を農民のAIが収穫している様子、またチェストボックスに鉄や作物が貯蔵されている変化を記録できればと思う。サイクルを回すごとに変化があるように仕組みを整えているが、それが形になればと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です