改良と図案

マスクが白地でなく、カーテンの図案のように柄が付いていた方が、もし繰り返し使って汚れても目立たないのではと思い付いて、手ぬぐいの布をマスクに活用した事例を楽天で見付けた。きっかけは、中国のスマートフォンゲームのアズールレーンがキャラクターグッズの手ぬぐいを呉服屋に依頼していて、伝統的なはずの呉服屋が現代的な商品開発に乗り出した事例を声優が紹介しているYouTubeで見たことだった。政府のマスクの配布では白いガーゼのマスクが配られる予定になっているがまだ届いていない、高度経済成長のときから現代にいたるまで、マスクは繰り返し使える布製の給食の割烹着に使われる布製のマスクから不織布の紙製のマスクへと移り変わっていた。割りばしのように使い捨てではあるがその都度清潔に保つこともできる。コロナウイルスの影響で、中国で主に生産されていたマスクが国内で品薄になり、マスクが市場で手に入りにくくなり、知人を通じておすそ分けという形が最も早く入手できた。次に楽天のメール便とスーパーマーケットでの販売があった。産業用に先駆けて内製したシャープのマスクは不織布の紙製のマスクで、一箱50枚と量が多い、すでに開発されていたウレタン製のマスクは繰り返し使うことができるが洗っていくうちに接合部が剥がれるなど、回数や耐久性には限度がある。ウレタンの素材はガーゼに比べると汚れが目立ちにくく、フィルターが細かいという利点もある。マスクを毎日使うことで、需用に比べると政府の介入とは別に、自発的に自粛の合間に生じた民間の生産によって、やがてマスクの品質が向上することになった。布製のマスクにカーテンの柄のようなデザインが追加されるようなことも普段では思いつかなかったとも考えられる。自粛だけでなく、花粉症や風邪でもカジュアルで健康的な予防策を講じることができるきっかけにできればと思う。また一つの商品を繰り返し暮らしに合わせて活用するという機会にできれば幸いだ。

mineCraftの畑を方眼紙に書き起こして見ると、水たまりのマスや、コンポスターの配置に工夫の余地があることが見つかった。そこでまた生産性を比べてみる。二つの畑は縦5マス横5マスの25マスに作物を植える。一方の畑は水たまりを川上に3マス繋げたもの、もう一方の畑は水たまりを1マスにして、隣接する畑の畝が縦横斜めの余白が1マスになるようにする。3マスの水たまりにすると農民のAIがそこに嵌ってしばらく動かなくなる現象があった、プレイヤーが押して水たまりから抜け出し再び元通りに動き始めた。また水たまりを直すときにうっかりバケツを1マス零してしまい、農民のAIの一人が天井にぶつかってダメージを受けていた。畑はシンプルな構成ではあるが、たった一マスのブロックの配置が良くも悪くも影響することがシビアだった。マップにあるブロックは全部でどれだけのブロックあるか数えきれないが、その中の一マスといえども意味の無いブロックは無いようだ。農民のAIは交易によって、緑のエフェクトがでて体力を回復させるようだ。また、しばらくすると農民のAI同士が交尾して子供を産んだ。育ったAIは予備として広場にベットを置き製図台を置いて、あえて別の職業に着かせてみる。ゲーム内の時間サイクルを100倍に加速して、作物を育ちやすくして水たまりのタイプが違う2つの畑のどちらの収穫が多いかを比較してみると、水たまりが1マスで作物の耕地が2マス多いほうが、2倍近い数十個の小麦を余分に回収していた。とはいえ水たまりを1マスにして他の24マスを耕作地にすると効率は良くないため、バランスが作用している。またホッパー付きトロッコでなく、ホッパーを配管のように繋げる代替案は、バージョンアップによって作用しなくなっていた。ホッパー付きトロッコは1マス空いたブロックからもアイテムを吸い込む性質があり、それが余った作物を拾うように機能している。もしホッパーにもそのような吸着作用があれば自動農場にレールを走るトロッコの音がしない物静かな別のバージョンが実現していたかもしれない。公式のmineCraftと有志のボランティアが開発する方向は、しばしば異なることがある。公式ではネザーゲートに林や新たなキャラクターを追加してマップを広げようとしており、有志のボランティアではすでにあるブロックのクオリティを高めようとする傾向にある。ソフトウェア開発にはベータ版を積み重ねてバージョンアップを実現しているために、それぞれの長所を組み合わせていきたい。ゾンビのAIの挙動は別の方向を剥くことがしばしばあったけれど、アイアンファームではゾンビを倒す術がないので、溢れたときに圧迫感があって見える。そこで出口を設けて感圧板でフェンスゲートが開くようにして余ったゾンビの素材もアイアンファームで回収できるようにするとともに、アイアンファームないにゾンビが溢れないように工夫した。思い付いたことを方眼紙にスケッチして、mineCraftでは奥行きや高さのある3次元に積んでいく、すると思わぬブロックの組み合わせが見つかることがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です