アイデアと実用性

IHクッキングヒーターの小型のモジュールなら12Vに対応していると考えて、コンセントにシリコンケーブルに半田付けをして、コンセントから12V10Aの電力を給電するアダプターに繋いだところ、小型モジュールのLEDが今までよりやや明るく点灯して、テフロン加工を施したステンレス製のプリン型容器が加熱される。暫くすると入れた水は泡を立てて沸騰しており、温度は100度を超えている。水を入れた状態での最大の温度はサーモグラフィーで測ってみると130℃になった。これはIHクッキングヒーターの弱火に相当すると予想して、水を抜いて油を薄く塗って野菜を炒めてみると、サーモグラフィーの温度は230℃前後になった。野菜には焦げ目が付いて調理されている。この温度ではコイルに使っているエナメル線の耐熱温度155℃を超えているので、耐熱性の素材を調達することができなければ、持続的な実用化は難しいようだ。とはいえ火を使わずに電気で調理できた可能性を示すことはできた。鍋に水を入れると温度が高くならない、紙鍋の鍋は紙でできているが水が入っているために紙が燃える温度にならず、カセットコンロの固形燃料で火が付かずに具材だけが温まる。コンセントからのアダプターの出力が10Aのため、代わりに出力が5Aのアダプターでは出力がされなかった。これはIHクッキングヒーターのコイルの抵抗値が5Aから10Aの間にあたるためだと推測される。USBケーブルの電圧5Vでは、必要とする電流もそれに比例して少なくなり、USB用のアダプターの定格出力の3A以内に収まるために矛盾がなく持続的に動作している。そのためスマートフォンで急速充電に使っている3Aのアダプターでは、IHクッキングヒーターを動かしたり、ホッカイロを温めたりすることに流用できる。3Aの電圧出力に対応していたのは中国が数年前に開発して、現在に至っている。そのあたりからhuaweiなどの新興勢力も市場参入し始めている。自動車用のバッテリーで古くから使われている12Vのシールドバッテリーでは、満充電ではそのバッテリーの出力の分だけの電流を出力する、12V5Ahの小型のバッテリーでもIHクッキングヒーターを動かすことができた。並列に繋げればその分だけ出力を上げることができるが、過電流防止用のヒューズが15Aのために、最大でも電池の並列は2つ3つくらいまでだと予想される。

mineCraftの畑を水流で流して収穫する仕組みで、段差をAIが渡ると耕したブロックが踏み固められて元に戻る、通常のサバイバルモードの村でもAIが畑のブロックを踏み固めているケースがあり、偶然のできごとだと思われた。段差をなくしてベッドのクッションを隣接させると、耕地は踏み荒らされることが無く、畑は持続的に維持されていた。作物では小麦とニンジンやジャガイモの成長スピードは同じくらいだったが、ビートルートの成長速度だけが倍くらい早く、他の作物とビートルートを混ぜて植え付けると、やがて作物がビートルートだけになっていた。苗が畑の空き地にペースよく植えられているので、種や作物が村人に行き渡りやすくなっていた。畑の場合は作物を混ぜると、必ずしも作用しないことがあった。そこで壁で区切って試して見る必要がでてきた。通常の村ではビートルートの苗がニンジンと隣り合わせになっていることもあったが、プレイヤーの畑に植えると条件が変わるようだった。段差には間にハチミツブロックをクッション代わりに使って、耕したブロックが踏み荒らされないようにしてみる、ハチミツブロックはジャンプ力を制限する作用があり、村人のAIは高さが1/3のトラップドアから段差を登ることができなくなっていた。高さが1/2のハーフブロックを1マスごとに挟むと、段差を移動できるようになった。段差の部分は作物を分ける壁にすれば、段差はフラットにできるので耕した土地は保持される。壁の段差の部分には水流が通る1ブロックだけ開けて置く、上流の作物の種が水流に混じって、下の畑に混入して、小麦がニンジンに混じっているというケースもあったが、ビートルートを下に配置したため、小麦に成長の早いビートルートが混ざることは無かった。原理としては比較的古くからあり、バケツの水で畑の収穫が効率的にできるというアイデアはすでに事例があったが、作物の成長ペースや昼夜のサイクルを踏まえると、持続的なモデルとして実用化されているのをまだ見たことがなかった。日照センサーで日数を数えるときに天候に左右されることもあったので、回路を工夫して夕方にだけ作用するようにした。多少時間は掛かっても、作物がひとりでに育って、畑に作物の苗が植えられるシーンを再現したかった。日数を数えるシフトレジスタ回路をレッドストーンリピーターで組み合わせる。水流の長さは遅延回路を使って間隔を調整する。作物が育つペースと、苗が植えられる間隔を長くとって、また昼夜のサイクルが3日分で60分を超えないくらいで仕組みが組立立てられればと考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です