多様性とサイクル

mineCraftの畑にハチミツブロックでクッションを付けると、畑が踏み荒らされることがなく畑は維持されている。ミツバチの受粉によって作物の成長を促進することは、屋根を付けることでミツバチの飛行ルートを絞って、畑の上を飛行するようにしたが、なかなか花粉が作物に行き渡らない。としていると、うっかり閉じ忘れた端のトラップドアからミツバチが一匹外に出ていた。タンポポを手に持ってトラップドアを開けて、再び建物の中に入れる。ハチミツは定期的に溜まっていくが、ガラス瓶をディスペンサーに複数入れる必要があり、自動化しきれない部分もある。ハチミツブロックが畑のクッションに必要なために、収穫される必要があるが、受粉による作物の成長促進のほうをなんとかしたかった。ちなみにアップデートされる前のミツバチとディスペンサーとオブザーバーを組み合わせたコンパクトな仕組みはガラス瓶を空の状態でホッパーに流すようで、上手く動かなくなっていた。ミツバチの巣箱から直接ハサミやガラス瓶で採取するとミツバチが怒るために、ディスペンサーと組み合わせる必要があった。アップデート前には巣箱にハチミツが溜まらないという不具合もあったために、自動化の仕組みは流動的な部分もある。昆布でも乾燥昆布を束ねる動作は自動化できずに、手作業になっている。

当初畑は、棚田を想定していたので天井がない状態で周りを生け垣で囲っておこうと思ったが、村人が落雷にあってウィッチになってしまったので、屋根を付けることにした。天候が雨や雷雨に変わる頻度が多い気がする。畑の両サイドには、トラップドアを被せたハチミツブロックが一列になっており、まるで畑が川のようになった。3日ごとに堤防が開いて、収穫用の水が流れるようになっている。大枠ではゾンビに襲われないように城壁を囲う必要があるが、畑には囲いが低くなっていて、見え方が変わってきた。小麦の成長スピードが遅かったので、村人の農民を3人から4人に増やした。ビートルートは成長スピードが速く、農民は3人だけで、縦3マス、横7マスの畑に苗が植えられる。畑には3種類あり、小麦の畑と、じゃがいもとニンジンの畑、ビートルートの畑がある。小麦を水流の上流に置いていたので、じゃがいもとニンジンの畑に小麦の苗がいくらか混じる。ビートルートには別の苗が混ざっていてもいずれ苗が揃うようになっているようだ。作物の種類によって昼夜のサイクルは異なるようだ。畑を囲うのでなく両サイドにさりげなく水を通さない柵をフラットに作る。本来なら作物を区別するガラスの壁にも扉を作りたいところだが、小麦とじゃがいもやニンジンはそこまで変化はなさそうだけれど、ビートルートだけは分けて置く必要がありそうだ。ビートルートは村人の村まで移動できるだけの資材が整ってからになるため、作物では必須ではない。スープの具や交易の材料になるくらいで、ニンジンのように馬を操ったりという付加価値は備わっていない。

畑の横に花を植えることで、景観はだいぶ賑やかになってきた。花は草原にいくつか自生しているが、それを集めて、寄せ植えをしたりなど、うまく活用するとミツバチが畑の作物の成長を手助けしてくれる。実際に養蜂を見たことなく、日本の銀座のデパートの屋上に養蜂の施設があって、街路樹の花などの蜜を集めているという。地下鉄の通路の蛍光灯の下でも観葉植物が植えられていたりなど、都市にあっても自然を見かけることがある。自然の景観を活用しながら、なるべくブロックを使わずに建物を作りたいが、屋根は不可欠だった。地下で希少な鉱石を求めて坑道を掘るより、地上でできるサイクルを考えたい。1.16のアップデートでネザーワールドや、仮想マップが拡張すると、選択が広くなりすぎてどこに対応すればいいか迷いそうだ。1.13では昆布ブロックが、1.15ではミツバチのMobが追加されている。畑といっても既存の棚田に囚われず、ブロックに変化を付けるのも一案かもしれない。

スマートフォン版でもシフトレジスタ回路を動かすことはできる。昼夜のサイクルをそれほどかけずに畑の作物の成長スピードは速くなっていると予想される。まずはパソコン版でペース配分を確かめたかった。ピストンとオブザーバーの組み合わせは回路図にすることができず、アプリケーションを立ち上げてみないと分からない部分があった。動画に残すとしたら、アイデアが他と比べて変わっていることだけでなく、インスピレーションを与えるものにしたかった。ミツバチの受粉はランダムではあるが、一度録画すれば繰り返して検証することができる。水流がながれるのも昼夜のサイクルを踏まえると一時間に一回とローカル線のバスのような時刻表になっているが、動画に取っておけばすぐに繰り返すことができる。スマートフォンの動画機能に比べるとパソコンの録画では視点を揃えることができる。動画マーケティングのノウハウは持っていないないけれど、自分にしかもっていないアイデアを伝えていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です