キャタピラーと歯車

blenderでキャタピラの動きを再現したかった、初めは車輪に沿って履帯が動くというアニメーションで、一輪車のようになっていた。キャタピラは乗用車には付いていないけれど作業用の車に付いている、特長的な動きとしては左右のキャタピラに前進と後退ができるモーターが付いており、左右のモーターの前進と後退で右旋回と左旋回を表す、4輪車と異なり90度の旋回も可能になり、直角の道も走ることができる。blenderの使い方を調べていると、配列でキャタピラのベルトのパーツを作り、カーブに添わせるモディファイアで円弧やベルトが撓んだ動きに合わせている。現実の作業車でも起伏のある凸凹の地形には、キャタピラの撓みが凹凸とかみ合って動くけれど、今回はキャタピラが付いた乗り物をリフトとして活用したいというモックを作ってみようと考えた。作業用の車もエンジニアしか扱うことができず、セグウェイのような乗り物も道路交通法の兼ね合いで、公道を走ることができない。乗り物といえば2輪の自転車や原動機付自転車、バイク、4輪では乗用車やスポーツカー、公共交通機関のバスくらいしか選択肢がなく、あとは目的地までは歩いていくほかない。キャタピラをモデリングすると、車輪の代わりに歯車が付いた乗用車のように思われた。あとは歯車のギザギザと、キャタピラのベルトのギザギザが合致すればモデリングとしては辻褄があう。歯車の間隔と、ベルトの間隔を測る手段がなく、ベルトの内側に規則的なギザギザを付けることで対応した。作業用の車は乗用車のタイヤの部分が歯車になったものというイメージになった。またキャタピラが外れても歯車が残っていればモーターによって前進と後退ができる。今回はblenderのYouTubeの講座で完成形としてのキャタピラが付いた乗り物のイメージが強すぎたために、ディテールを突き詰めるにくくなっていた。プラモデルでも決まったキャラクターのモビルスーツや兵器を作るより、レゴブロックのように初心者でも自由に組み立てられて、パーツなども共有できるという設計思想にこそ本質があると考えている。それはゲームのmineCraftでも同じことが当てはまる。

blenderのキャタピラでは、乗り物として考えると車輪と車体が関連付けられて、車体を動かすと、車輪も連動するようにしたい。キャタピラの場合は配列の動きがY軸、レールになるカーブの軸と同じ向きが軸になる。キャタピラの動きはY軸が正の方向で前進、負の方向で後退になる。前進をループすることはできないようだった。あるいはキャタピラのベルトが一周するポイントまで前進して、キーフレームで原点に戻すという方法もあるけれど、前例はまだ見つかっていない。キャタピラは前進と後退と旋回があるのみで、右折や左折は物理的にはできない乗り物になっている。コースはまだ想定していいない。歯車を作る時に、それで何が作れるかとイメージすると、乗り物になる車か、動きを伝える梃子、それらを組み合わせて時計にすることが思い浮かぶ。スマートフォンの設定画面にも歯車があり、それをBlenderなどの立体を造形するツールを使って回して見たかったというのが動機だった。僕は乗用車を持っていないので、普段は徒歩、または自転車で移動している。自転車にも歯車とチェーンのベルトが付いており、徒歩で移動する効率がいい。ヘッドライトだけモバイルバッテリーから給電するLEDに替えている。キャタピラが歯車でできているとなると、自動化やAI化というほどに複雑なフレームワークは使っていない。イメージは無機質だったけれど、もともとプラモデルも直線的な造形は紙と鉛筆でアナログで作られていることもある。凝ったデザインではなくても必要なものをありのままに作ることを試して見たい。

とはいえ車輪がとくに歯車が回る動きは、産業革命以前からあるものの、どうしても完成系が気になってしまう。DIYでesp-wifiでモーターを制御して、スマートフォン上のブラウザから遠隔操作できるキャタピラークローラーを作ったことがあり、それを再現したかったこともあった。wifiは目に見えないとITの資格の参考書にも書いてあったが、ある決まった設定を行うことが手作りにも似た工夫が必要になる。どういう設定が適切かという情報は、googleのキーワード検索でもなかなか見つけることができない。プライバシーに関する情報はともかく、キーワード検索という行為も過程を飛ばして結論を先に求める行為で、どこか他力本願だと思われている要素もある。一方で、手がかりがない状況で、ノウハウを見つけたいために、レスポンスが定型だったとしても、なんらかの返答があったほうが安心するというところもある。理解度によって迷ってしまう行為や、勘違いすることの頻度は変わってくる。分かっていれば問題は少なくて済む。自分の為だけでなく、他人に迷惑を掛けないためにもよい理解度にたどり着く必要がある。そのために必要な情報の引き出し方、覚え方を学んでいこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です