牧場の自動化の試作

今日は調子が良くなかった、168円を208円と数え間違えてしまうし、半田ごての先端の金具が錆びて上手く半田付けできなかった。また、半田付けの向きを間違えて基盤の金具が数ミリ剥がれてしまい、接着剤で補強した。基盤はUSBの5Vの電流を流すとランプが点灯する。ネジとプラスチックのネジ穴はピッタリはまらず、またネジもすこし出っ張っている。日陰に置いている太陽電池は3Vからランプが点灯する様子を確かめた。

動画編集ソフトの動作が重くなっていたが、mineCraftのレイトレーシングではフリーズおらず、山の稜線も湖に映っているほどはっきりしていた。意図しないプログラムが動いていると動作が重くなるようだ。シェーダーパックによるレイトレーシングも本来は必要としない機能ではある。動画編集ソフトを他の候補に替えて試して見ることにした。結果としては、クロマキー合成のギザギザが解消され、フォントのアンチエイリアスも綺麗になり、字もハッキリとして読みやすくなった。以前のソフトウェアは動画をコンテンツにするのには必要十分だった。見る人がどう思うかは分からないが、ブログのwordPressも僕としてはシンプルに文章を書きたいと思っているが、他のユーザーから見たシンプルなコンテンツ作成は似ているけれど異なっている部分もある、wordPressのインターフェースもボタンの位置が変わったりしている。見たままをテキストに残すということを継続するのも、最新の傾向に合わせた対応が必要になる。動画編集では、動画にテロップのように読みやすいテキストを合わせて、雰囲気のあるBGMを加えるだけでも、実際には動画や音声の合間で細かな調整が必要になるため、作業は複雑になりがちだった。Windowsのキャプチャーで撮った動画が厳密には16:9の比率でなく、黒い淵が見えないように動画を横に引き延ばす必要があった。画像のアンチエイリアスによって字が読みやすくなることは、グラフィックボードがもたらした意外な恩恵だった。パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器でも役に立つ工夫になる。

mineCraftを教育用に使うという本があったときに、牧場をダイナマイトで壊すのは人道的によろしくないという意見があり印象に残っていた。しかしながら牛から製本用の革を採取したり、食料として牛肉を入手するには、牛を屠る必要が出てくる。剣で倒すのが一般的だったが、小麦で誘引すると必要な牛だけを倒すことができず、素材が手に入らない子牛も犠牲に巻き込んでしまう。ヨーロッパでは食用のニワトリがどうやって食卓に運ばれるか教えるという。ピストンとオブザーバーを組み合わせたフライングマシーンをとあるエンジニアがネザーワールドの爆撃機に改造しているのを見ると、さすがに嫌悪感を覚えた。とはいえ、僕も猫をマグマブロックの処理層に間違えて入れて失ってしまったこともあった。バックアップは取っていたので元に戻した。回路を作っているときは猫を安全な場所に座らせておくべきだった。ホッパー付きトロッコが走っているレールはブロックで隙間を解消しておく必要がある。回路が錯綜しないように看板などで識別しておく必要がある。ホッパーをパイプのようにアイテムを輸送する管にすると鉄の資源を大量に必要になるため、水流でアイテムを流して移動させる方式を試して見た。一度に複数のチェストボックスを運ぼうとすると、数が40個ほど合わず、一つのチェストボックスの栓を開けて集配するチェストボックスの前で待っていると、数が合っていた。水流のチューブにアイテムが引っかかっていた形跡もなく、アイテムを運ぶときは数があっているかこまめに確かめることが必要だと学んだ。

シュミュレーションゲームは囲碁のようにブロックを同時に動かすことはできないルールになっているが、アクションゲームではプレイヤーがジャンプする動きを再現するために、現在地を消去して、ジャンプする先にコピー&ペーストする必要がある。同時に複数のコマをグレーゾーンで動かせてしまう。これがアイテム複製のチート行為に悪用されていた。ゲームは囲碁や将棋が苦手なひとでも、運の要素で実力以上の相手と競り合ったりできるという点に夢があるとも思ったけれど、うまい話ばかりでもなかった。

牛は小麦を飼料として与えると、付近の牛とペアになり子牛を生む。子牛を生んだ親牛は子牛が育つ20分くらい(昼夜のサイクルで一日分)の間、飼料を与えられなくなるようだ。また小麦を持っていると誘導されるが、通路が混みあっていると奥の牛は手前の牛を乗り越えて移動することはできないようだった。牛を狭いブロックに残しておくことはできるが、すべての牛に飼料を与えることが難しい。今回は一頭当たり2ブロックの余裕を持たせておき。餌を与える小窓がずっと開いていると、子牛がやがては親牛になりスペースが一杯になってしまう。日照センサーを組み合わせた水流を流すことで、親牛から子牛だけを分けて、子牛はそこで20分まつことで成熟してから調理することにした。キャラクターに愛着をもって取り扱っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です