骨組みの仕組み

3Dモデルのボーンを設定した、3Dメッシュの人型に骨格のようにしてアーマチュアというボーンを追加していく、片方半分のボーンを作り、左右対称にしてコピー&ペーストする、ビューの設定が前面と側面への切り替えがスムーズになったので、比較的ボーンの設定はしやすくなった。ウェイトペイントではアイテムを持つ手首の部分だけ適用した。下半身の特に膝と踵の関節のボーンは、IK(インバースキネマティック)という設定が必要になる。踵と膝のボーンのペアレント関係をオフにして、IKで繋げておく、また膝のお皿の部分にも膝が曲がる向きのボーンを追加して、左右対称にコピーする。腰を下に移動させると、両足が連動して曲がるようになる。つま先を動かすと膝も連動して動くようになる。表情は、3Dメッシュの瞼のポリゴンを編集モードの頂点で動かすけれど、マウスのドラッグで調整しても、なかなか自然なウィンクにならなかった。表情については2Dアニメーションであれば、テクスチャーを張り付けて別の表情を作っていたが、3Dのメッシュでは、すでにある形状を微調整して表情を再現していた。とりあえず目と口のメッシュを動かして表情として設定した。

blenderで気になったところでは、地面がベルトコンベアのようにループして動いているブロックがあった。それがどんな仕組みか知りたくなった。すでにある参考書の車が動く教材の資料に、動く地面の仕組みがあった。画面の中央に映っている地面は、両側にレンダリングでは映らない隠れた壁があり、それがスライドしている仕組みになっている。壁と地面はブーリアンのモディファイアが設定されていて、見えない壁と重なった地面は映らなくなっている。ブーリアンは同じサイズのブロックでは適用されないようで、壁を少し大きくする必要があった。UVテクスチャーでは、スライドしたときの視点と終点で同じパターンのテクスチャーになっていると、ループして地面が流れるようになった。キャタピラ―などを走らせる場合には、予めより広いテクスチャーが必要になるが、ともなく動く地面の仕組みが明らかになった。一つのマテリアルに草の緑色と土の茶色を両方適用させる仕組みは分からないままだったが、自分で作る場合は、草と地面をそれぞれ用意することで間に合わせる。2Dのテクスチャーは凸凹が無くても立体的なイメージが補えるように思えて、意外に存在感がある。

ブロックを生成するときに、ベニヤ板のように複数の木材が合わさったパターンがあったら、ありそうでなかった建築物が作れると思った。まずはMCreatorでテクスチャーを張り付けてみる、地面は不自然に透過せず、通常の木材ブロックと変わらない。ゲーム上では、リンゴの実も取れて、成長スピードが速いオークの木がメインになる。しかしながら木材は落雷などで燃えることがあるため、ネザーで追加された歪んた木材を、燃えない素材として代わりに使う必要がある。

僕の文章や動画コンテンツの場合は、続きを読まないと損をするという仕掛けは入っていない、そのほうがフェアだと思うし、自分でも後悔しないからだ。巷には煽りとも取れる挑発的なタイトルが目立つ、そこまで嘘をついて人の気を引きたいと思わず、自分としては他人に迷惑を掛けずにできることを積み重ねていきたい。

長く続けていると、楽しいことは移ろってしまうが、そうでないことはネガティブではあっても持続して覚えている、その心理を利用して自分では言いたくないけれど、相手の関心を自分に向けさせるために、わざわざ嫌なことや聞き取りにくいことを述べる。放送作家や落語家が行っているが、それは一種の話芸であって、人が本来話したいことや伝えたいことと異なっている。僕は芸人になりたいと思わないし、なることもできない。YouTubeの動画も個人で配信してもアドセンスなどの広告を介さないと第三者に届くことがない。そういった意味では表現の自由の可能性が意外に少ない。聞き上手という能力がもてはやされたこともあったが、考えを持たないことは生産的ではないと思う。

長い実況は聞くことより、番組構成のように作ることのほうが労力として大変ではある。題材として用いられたゲームの中の仕組みがどうであれ、それをカバーして余りあるようなメッセージ性を持たせることもできる。むしろ、そういったメッセージ性を持つに至った経緯に関心がある。個人ではSNSで何かを呟いても、関心を集めないし、むしろそのくらいで気にされることのほうが不自然ではある。なにか考えがあれば、相談したいくらいで、一方的に有力者の愚痴を聞きたくはないと考えている。そちらのほうが発信者の精神衛生にも貢献するし、相手をリスペクトしていられる。他人とアンフェアな条件で競争をしないで持ち味を生かした表現ができる方法を見つけるべきだと考える。また相手を不用意に脅かさなくても、平明に考えを伝える手段を選んでいきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です