アイデアと交流

昨日雨が降ったためか、今日はそこまで気温が上がらなかった。とはいえ外を歩いていると汗が噴き出してくる。サンダルも新しくなり歩きやすくなっている。以前のサンダルは1年くらいでボロボロになってしまった。いろんなところを歩いてきた。同じサンダルを繰り返し履いていたために靴底がすり減っていた。靴底の接着剤が剥がれるまでは、多少表面がささくれ立っていてもまだ使えると思っていたが、なにかにつまづくと靴底が剥がれていた。スニーカーに似ているフレームを持ったサンダルがあると便利というアドバイスのもとに引っ越してからしばらく履いていたが、確かに移動には手助けになっている。

DVDのメディアが経年劣化して割れやすくなっているので、USBメモリに換えることにする。部屋の湿度が高かったからか、DVD-ROMが脆くなっている。DVD-ROMは購入して1年くらいたっているが、材質が変化している。収納ケースにプラスチックが引っ掛かるのも耐久性を損なっていたかもしれない。ともかく記録媒体はなるべくデータを保存しやすく、また取り出しやすいメディアを考えている。大容量のメディアは家電量販店よりもamazonに品ぞろえがあるようだった。ともかく試して見ようと考えている。どのデータが入っているか、文房具屋で入手したタグのキーホルダーを付けて識別しようと考えている。

図書館から参考書をさらに延長して借りることにした。業務知識に必要な部分が2018年の時点までを扱っており、書店で購入した参考書は2017年で、およそ1年新しいものになる。ほかに借りている人はいないようで、スムーズに借りられた。書いてあることに沿って、自分の考えを作っていけたらと思う。書いていて他の応用できるような論理の組み立て方を学んで行きたい。なにかに応用できるかどうかは、論旨がどうかといとよりも、それをなにかに役立てる意思があって、そのために目標設定をしているかどうかに掛かってくるとも考えている。

mineCraftでは荷物が積めるエレベーターの仕組みと小麦畑の自動化を試して見るが、パソコンのスペックアップのための準備として、セーブデータのバックアップをしようと考えている。古代のがれきはネザーワールドの高さ15くらいのところで掘り進めると、およそチャンク5つ分くらい掘り進めると、装備一式が揃う20個が手に入った。とはいえエンダードラゴンを倒す予定がないので、ネザーライト装備は結局使わないかもしれない。とはいえ真紅の森や青い歪んだ森の難燃性の木材を小麦畑の余った種から生成できる肥料から生成できることは自分にとってはとても為になった。それが他の人が見ても参考になるならそれに越したことは無い。

中国のBliBli動画で、mineCraftの動画コンテンツを作っているグループからQQグループへの参加を促されたが、理由を文化交流として申し込んだが、2カ月前は、その理由があいまいだったためか却下されていた。再び申し込むとQQにグループに加わることができた。中国語があまり分からないことが相手を戸惑わせるかもしれないが、素直に嬉しかったので縁があれば感謝しておきたい。あれから2カ月たったけれど、すこしづつ動画コンテンツを追加して、広大なジオラマを作るつもりはなかったが、できる範囲で村人のAIを活用したり、猫のスキンを変えたりしている。中国語が話せないなりに、片言でも丁寧でわかりやすい説明を心掛けている。macBookのころから使っていたシェーダーパックwisdom-shaderは中国のエンジニアが作ったもので、光と影のバランスが良く絵に書いたような印象的な風景になる。Windows版ではなく、macOSやlinuxとも互換性のあるJAVA版の水の透明度の表現が秀逸で、1.16にバージョンアップする前から活用していた。チャンネル登録や講習会の勧誘がある国内に比べると、パソコンと比べても中国ではスマートフォンが先行してはいるが、アイデアを素直に伝えられるような機会があれば参加していきたい。

街角を歩いていると野良猫が塀の内側で涼んでいた。スマートフォンで以前に鳴き声の動画をとったのと同じ猫だった。のびのびと足を延ばしている。この辺りに住んでいるのか、道路の車を避けて渡ったりする猫もいる。そういったなかで和菓子屋の隣の家の塀に、体が白く、頭に縞模様がある猫がいる。体格は痩せている。スマートフォンで撮ろうとしていることらに気が付いたのか、目を合わせたかと思うと、そっぽをむいて香箱座りをしている。この地区にも何種類かの野良猫がいるが、比較的毛並みが整っていて、拠点が決まっている猫は珍しかった。とくに猫を飼う予定がなく、もし拾ったとしてもどこかに預けるだろうと思われる。野良猫にとってこの町は住みやすいかどうかっはすこし想像の余地がある。ここ数日は暑かったので、野良猫にとっても暑かったと思われる。この街角にも野良猫がいることが分かるとわざわざ猫カフェにいかなくても、動物が触れ合うことができる。家猫と異なって野良猫はほとんど懐いてくれないが、それはそれでいいと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です