配列の要素と自炊

ベランダの気温が30度を下回って、28度くらいになってきたので、体感的な蒸し暑さは変わらないが、エアコンをOFFにして窓を開けて網戸をすることにした。扇風機の近くの机にいるときはそこまで暑くないけれど、食卓のテーブルは熱気がこもってすこし蒸し暑く汗が噴き出てくる。食べるときに体温が上がっている分もあるかもしれない。部屋が窓からキッチンにかけて長くなっているので、風がやや通りにくくなっている。体感的な温度はそれほど変わりないが、季節は夏から秋に変わっている。暑さも残暑としての暑さになっている。

自炊しているメニューでは、1食あたりの原材料費が安い業務用スーパーの焼きそばを使っていたけれど、腹持ちを考えて米にして試して見た。米の値段は業務用スーパーでは2㎏880円が比較的安かった。1合200gとすると10回分の炊飯ができる。1食あたりは80円になる。焼きそばにくらべるとやや高いが、自炊して食べてみると満腹感がある。米の値段は業務用スーパーでも一般のスーパーマーケットでもお惣菜と比べるとそれほど値段が変わらなかった。より単価を節約する方法としては2㎏でなく5㎏を2500円くらいでまとめて買う方法があるけれど、5㎏の米を保存する米櫃がないので、一人暮らしでは2㎏の米袋を買うことが適していた。2㎏であれば、手提げ袋に入れて持ち運ぶことができた。焼きそばだけでなく、小麦粉も原材料費を抑えることができる。キャベツと合わせてお好み焼きを作ることもアイデアになりそうだ。また米1合と肉とミックス野菜を入れて作ったチャーハンは一食分がすこし多かったので、2食分に分けて片方を冷蔵保存して、電子レンジで温めなおすことも行った。とはいえ、1食分が米1合になるので、それを物差しにして栄養バランスと食べ応えのある食事を目指していきたいと考えている。焼きそばの場合は原材料費が安いものを選べばそれで需要が足りたけれど、米の場合は備蓄スペースを視野に入れて選ぶ必要があったけれど、業務用スーパーでも一般のスーパーでも原材料費はそれほど変わらなかったこともあり、どちらでも揃えられる。

JAVAのプログラムでは、JAVA用のIDEをパッケージでインストールすることで軽量化させることができた。図形やウィンドウを表示するJavaFXでは、実行環境JREをJavaSE-1.8 に指定することでウィンドウが立ち上がり、表示できるようになった。通常のプロジェクトではjdk-11.0.8.10-hotspotになっている。コマンドラインでのjava -versionでは11.08になっている。JavaSE-1.8は、Java SE Runtime Environment 8と対応しており、JavaFXはこれとペアになっているようだ。また、オブジェクトで配列を登録するときに、格納されたすべての要素を一つずつ取り出すイテレータという、配列を一つずつ順番に参照する納涼区がある。イテレータには配列のようにカンマ区切りの文字列で要素を渡すことができず、.addプロパティによって一つずつ追加する必要がある。文字列のStringの形式も少し特長が異なっている。次に要素があるかどうかというループ処理を回すことでイテレータに登録された要素を網羅することができる。構造としてはfor文やwhile文などのループ処理の構造と共通しているロジックがある。または繰り返しのループに用いるfor文によって、配列の要素を取り出す方法がある。これはPHPでの配列の表示と似ていると思われた。また、配列のリストを数値の大小に合わせて順番を並び替えて出力することにした。Implementsは実装するという意味合いがあり、インターフェースを選んでクラスに追加する。今回はある決められたプロパティの数の順に並べ替えるComparableというインターフェースを使い、それに対応したメソッドとしてcompareToというメソッドが定義されている。戻り値では、自分自身と引数で渡されたオブジェクトの差をint型の数値で表したもので、自分自身のほうが大きいときに正の値になり、それをCollectionクラスで束ねると、指定されたプロパティの数が小さい順に、配列の要素が並び替えられて取り出されるようになっている。あるいはプロパティの値を複数にして、それらの値の合計が小さい順に要素を並べ替えることもできるようになった。インターフェースとメソッドは英語の特定の意味合いをもった単語を関数として覚える必要があるが、それを組み合わせて並べ替えるところでは応用の余地があるようだ。また設定のヒープステータスを表示にチェックを付けると、All in Oneパッケージでウィンドウについていた、ガベージコレクションのアイコンが表示されるようになった。空きメモリはスタックとヒープという2種類のメモリ領域に分けて情報が格納され、ヒープに格納されたインスタンスが、必要がなくなったときに適切なタイミングで削除される。この仕組みをガベージコレクションという。とはいえ動作が軽くなったのを実感したのは、All in OneパッケージからIDE単体にパッケージを絞った時でそれは参考書には記載がなく、エディタを動かしながら模索する必要があった。プログラムを作る目的を準備していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です