情報と考える習慣

情報を得る手段は、日々の新聞が一般的だ。考えることを続けて自分なりに貢献できる道を模索する。それぞれの意見や立場の違いを見比べる機会もあれば興味深い。SNSやブックマークは芸人の精神修業の場になっているが、それを日常に当てはめるのは必ずしも現実的ではない、また精神修業もなにかに依存している状態から自立する状態に導くことを目的にしているので、自分の軸をもって知見を見つけていきたい。

情報は無意識や心理的なバイオリズムの変化からも収集することができるが、自ら選んだものはそれだけでは確かなものではないが、考えるきっかけにはなる。記事の構成では、事実に基づいたものと、それを拡張した意見がある。事実は変えられないが、その見方を変えることで向きが変わってくる。伝え方にはこうあるべきというように、それがじつげんされていないが、書き手の立場ではこうありたいという虚構が書いてあるここともある。実際に素材がなくても、その味付けで調理が変わる。また面識のある人の場合、行動や思考の癖が気になって、それを元に感情移入するというストーリーをシナリオにすることもあるが、それが意図的過ぎるとリアリティを感じない。もし世の中のことが、世間話のように身近に感じられたなら、学習する手間が省けるかと思ったけれど、そうでもないようだ。なにかを批判的にとらえたい訳ではないが、自主性を得られないようなシチュエーションには疑問を持つことが必要になる。世間の価値観を読み解くためのノウハウを身に付けたい。

昨今ではテレビのニュースでは煽り運転が話題になった、乗り物を運転中にあおりという、形にならない方向づけにあい、前に回り込まれて停止させられたうえに殴打されたとので傷害容疑として逮捕されたことから分析が進んでいる。思い通りにしたいけれど、それがなんらかの事情でできなかった時に、強制することなく一方的に要求を突きつけることが煽り運転の心理状態を表している。要求とそれを受容する側のバランスが必要になるが、それが不均衡になった現象と考えられる。情報の流れが加速されることで、インターネット上でリアルタイムに相手の心理状態を把握することができるようになった。もしそれを記録に残したり、アルゴリズムにするにはある程度瞬発力だけでなく、それを習慣にする必要がある。

構造としては、一方的に決まったことをどう緩和するかがポイントになっている。関係性といえば微妙な表現になるが、そこには携わる人の心情や望まない状況を改善しようと試みていることが隠されている。現実に基づいたネタ作りも必要でないわけではないが、それが過剰になると意見によって事実が塗り替えられてしまう。新聞の記事をもとにそれに付加価値を加えることがテレビ関係者の役割というけれど、そこに特化すると、世間話を装った要求になってしまう、そこに潜在的に不平を持っている不特定多数のひとが誘導される。面白さが他人のあら捜しや、不幸自慢にならないように出口を探していきたい。そこから離れたいと思えたら、客観的になれるきっかけになっている。

続きを読む 情報と考える習慣