アイデアと交流

昨日雨が降ったためか、今日はそこまで気温が上がらなかった。とはいえ外を歩いていると汗が噴き出してくる。サンダルも新しくなり歩きやすくなっている。以前のサンダルは1年くらいでボロボロになってしまった。いろんなところを歩いてきた。同じサンダルを繰り返し履いていたために靴底がすり減っていた。靴底の接着剤が剥がれるまでは、多少表面がささくれ立っていてもまだ使えると思っていたが、なにかにつまづくと靴底が剥がれていた。スニーカーに似ているフレームを持ったサンダルがあると便利というアドバイスのもとに引っ越してからしばらく履いていたが、確かに移動には手助けになっている。

DVDのメディアが経年劣化して割れやすくなっているので、USBメモリに換えることにする。部屋の湿度が高かったからか、DVD-ROMが脆くなっている。DVD-ROMは購入して1年くらいたっているが、材質が変化している。収納ケースにプラスチックが引っ掛かるのも耐久性を損なっていたかもしれない。ともかく記録媒体はなるべくデータを保存しやすく、また取り出しやすいメディアを考えている。大容量のメディアは家電量販店よりもamazonに品ぞろえがあるようだった。ともかく試して見ようと考えている。どのデータが入っているか、文房具屋で入手したタグのキーホルダーを付けて識別しようと考えている。

図書館から参考書をさらに延長して借りることにした。業務知識に必要な部分が2018年の時点までを扱っており、書店で購入した参考書は2017年で、およそ1年新しいものになる。ほかに借りている人はいないようで、スムーズに借りられた。書いてあることに沿って、自分の考えを作っていけたらと思う。書いていて他の応用できるような論理の組み立て方を学んで行きたい。なにかに応用できるかどうかは、論旨がどうかといとよりも、それをなにかに役立てる意思があって、そのために目標設定をしているかどうかに掛かってくるとも考えている。

続きを読む アイデアと交流

共感とノウハウ

これは別に中国や日本という大きな括りではなく、僕が知っている範囲でのコミュニティでも起こり得ることなのかもしれない。僕は日本ではほとんど、twitterやfacebookのいいね!を集めることができなかった。中国ではその限りではなく、数件のいいね!の共感を頂くことがかなった。昆布養殖プラントなどは僕個人で自動収穫の仕組みを持っていても、誰にも認知されないままにお蔵入りするところだった。動画コンテンツは、映像と字幕のテロップを組み合わせて、対象の存在を認知できるとともに、見ているだけでも手順が伝わりやすいように心がけた。実況中継のように試行錯誤の段階は敢えて移さずに、かつてエレベーターのリピーター遅延回路を作る時に、YouTube動画の組み立ての場面を一時停止しながら再現したことがあった。mineCraftは平面でなく縦と横に加えて高さがある3Dの為に、平面の方眼紙に図面を起こすよりは、立体を動画で移した方が伝わりやすいと考えたからだった。

Weiboではいいね!は1件も集まらなかったが、画像を見てくれるカウントは回っていた。それを多少楽しみにしていたのか、繰り返しアクセスすると、アカウントが凍結していた。それを解除するためにスマートフォンでアクセスを試みるも、日本の0081から始まる国際電話の番号に復旧用のSMSが送れなくなっていた。パソコンではGoogle ChromeではSMSの画面にすら遷移しなかったが、Internet Explorer EgdeではSMSの送信画面までは進むことができたものの、SMS自体は連続して送ることができず、アカウントは凍結されたままになっている。

少しでも認知されるために、こちらかフォローしたり、いいね!を押して見てもあまり手ごたえは無かった。人気が無いせいかフォローしてくれる人の比率は、こちらからフォローした人の数に比べるとかなり少なくなっている。また、中国語が分からないせいか、ありがとうとこちらこそよろしくお願いします。をコピー&ペーストしていると一定時間連続で投稿できなくなっていた。こういったところはコミュニケーション能力や人望が基礎として必要になりそうだ。BliBli動画で、ついに小麦の栽培を自動化する動画にいいね!がついた。他の動画も見てくれたようで、いいね!の数が一時的にいくつか増えた。たしかに欲もないわけでなく、少しでも評価が付くとより多くを求めたくもなるけれど、小麦の栽培も自動化に際しては規模と苗付けのバランスを取ってあえて小型にしている。少なくとも動画の内容に共感してくれてそれを必要だと思ってくれれば、作った甲斐はある。レッドストーンリピーターの回路は初めは手探りで作っていることが多く、込み入った内容になると共感されにくい傾向にあった。そういったところでは一つの水源で多くのブロックを網羅する半自動化の仕組みのほうが、なら自分にだってと手を動かして作るきっかけにはなりそうだった。

続きを読む 共感とノウハウ

気づきと経験

僕は別に誰かに認められたいと思ったことはなかった。迷惑をかける気もなかった。とはいえ、見ず知らずの他人が僕をギャフンと言わせようとするというトリックは信じがたい。人は無意識に順位をつけたがるのだろうか。よくバラエティ番組で、芸人が新参者を弄って、失礼な言動や行動をさせてその揚げ足を取る形でカタルシスを得るというのは、どうしたって引っかかる。彼らは彼らで住み込みに近い形で修行して、理想とするべきコミュニティのあり方が異なるのかもしれない。

余裕のない人は他人に優しくなれないという、それは金銭的なものだけでなく、心理的なところもありそうだ。他人が持っていて、自分がそれを持っていないと腹が立つ。また自分は舐められるようなものでないと、相手に嫌われることを自分で覚悟し、相手の立場に立って嫌じゃないかなと心配しながら恐る恐る本当のことを親身に申し上げる。僕の目線は下を向いているのに、上から目線ですねと言いが掛かりを受ける。そこで相槌を打っても、堂々巡りになってしまう。普段から僕以外の人にはライバルになれなかった。僕はその点、付き合いや面倒見がいいので、多少絡めてしまう。

自分が人にされて嫌なことは、相手にはしない。また、僕自身もそこまで印象は良いとも言いがたい。コミュニケーションでビジネスチャンスをどんどん掴めるほど器用でもない。どうして、金額や項目を見ず知らずの人が先に知っているのか、僕はインターネットのどう活用しているかはわからないが、なるべくは平明に捉えている。そうしているとコンビニのレジでお釣りを数え間違えた。あまり気にしていないが、一種の心理トリックで、目を合わせたときに素早くボタンを押したり、発声のタイミングをずらすことでできる人だと思わせる、そんな技がある。僕はそういったテクニックはかまされると癪だけれど、より巧妙なテクニックで返されるとやぶ蛇になってしまい、あまり関係なくなってしまうので、あえて初心を忘れないようにしている。なんでもできるわけでもないけれど。僕は他人をバカだと思ったことはなく、自分より賢い相手を貶めようと思ったこともない。

続きを読む 気づきと経験

知ることとより良くすること

WordPressの画面が新しくなった。Gutenbergプラグインがリニューアルして歯車アイコンとテキストエリアが広くなった。それが最も目新しいことかもしれない、毎日意外なことが多く、まるで鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしていることがしばしばある。それだけ、僕だけでなく、周りの人を取り巻く何かも変わりつつあるか、不安が拭えないのかもしれない。僕も焦ってくると、変な癖が出たり、妙に前のめりになったりすることもがあるのかもしれないが、立て込んだ時期は3日に一回くらい転んでいた、何かあるかといつも不安だったが、どうにも対応のしようがなかった。

できることとそうでないことがいくつか候補にあるけれど、根っこにあるのは心の温かさなのかもしれない。精一杯気を遣って、ふらふらになりながらも、できることを見つけていく。レジの人と目を合わせると妙に見つめあってしまって、声と数字がずれていることに気が付かない、思い込みがあるわけでもなく、もやもやした気持ちが続いている。かつては僕もレジで、たくさんのお客さんを見たことがあったけれど、最近のレジは精度が高いのか、やたらにシャープな感じがする。逆に、僕は別に隠してはいないけれど、水冷ユニットを自作していて、そのことを気にかけていると、どこかしか温かみに欠けて融通が利かないのでないかと思われているような節があるようだ。ただお店のルールに則って、必要な食べ物を買って元気を出そうとしているけれど、その無難さの中には、何かを引け目に感じているようなところがあったのかもしれない。相手を威圧してもいけないが、及び腰でも良くない。もちろん、コンビニの弁当だけでなく、実際に人と会ってある程度触れ合ったほうが安心するのかもしれない。

郵便局にサスペンション付きのキャタピラが届いた、自転車だけでなく自動車も持っていないけれど、ものを運ぶことの仕組みを解明しようと考えたからだ。学生のときホームページの掲示板を作っていると、どうしてもサークル仲間と折り合いがつかずに荒れることがあった、そこで別に掲示板を作っているのは何かをリードしたいわけでも自分のコレクションでもなく、むしろこちらが教わりたいくらいで、一緒に話題を作っていこうと提案すると、ようやく荒れが治った。今と学生の頃が違う点があるとすれば、正しいか間違っているかの判断がより先行していることがある。とはいえ僕は何が正解かを決めつけなくても、それぞれに可能性と判断力があることを見込んでそれを引き出していければと思う。当時から相手をギャフンと言わせてやろうというような、いたずら心はあったけれど、その人の立場や事情が合わさるとどうにもその人がそうしたいのではなく、グループの意思のようなものなのかもしれない。

続きを読む 知ることとより良くすること

意外な鉱脈の変遷

テーブルにつないだホッカイロは電源スイッチを入れるとすぐに暖かくなるけれど、うっかり外出時に電源をOFFにし忘れてしまうことがあり、チェックしたりタイマーをつけるなど対策を立てていこうと思う。ガスコンロでなく電気ばかりでは、なかなか暖まらないことが続いたけれど、千石電商の合成皮のニクロム線が適度な暖かさになる。ホームセンターにあるニクロム線では、IHヒーターの弱でも150wになり、すぐにバッテリーが上がってしまう。それでも手軽に暖かさがでる分だけ気が緩んでしまうこともあったかもしれない。

文化放送のご注文はうさぎですかで、ココアのバリスタの話があって、そこで思いついて小麦粉にインスタントコーヒーをひと匙入れると、なんと不思議なことに市販のカレールーによく似たコクが出る。厳密には薄力粉でなく中力粉を使った方がということもあるが、マンションのワンルームでは米や小麦粉は室外でなく小型の冷蔵庫に保存せざるを得ない。そこで小麦粉でお好み焼きや、水かさを増やしてもんじゃ焼きにしたりと、余った食材と米の栄養剤に使う五穀米を具にして、チャーハンやカレーを交互に作ってみる。そこで粟や黒米などが米より硬いので、それを柔らかくなるまで水煮することが共通した下準備になっている。

続きを読む 意外な鉱脈の変遷

暮らしの良さを見つけるアイデア

太陽電池をベランダに置いて、容量2700mAhの乾電池がどれくらい貯まるかを行ってみると、曇りや雨でも日中であれば日光を感知するようで、一日雨だったけれど、朝2Vくらいだった電圧が3V前後まで上がっていた。ある種の先入観で、曇りや雨の時は効率が悪いと思っていたものの、室内が明るくてもあまり発電できない、この部屋もあまり日当たりは良くないけれど、それでも全くの日陰でもないようで、その辺りは意外だった。この分野はあまりバージョンアップはなく、布のような薄い太陽電池や、日用品の電卓についていたような小型の太陽電池というものも海外でもあまり例がない。
2018年の9月にクラウドファンディングのingigogoで、タブレットとスマートフォンサイズのwindowsPCが3万円くらいで発売されるようだ。それまでは、できることを探してみたり、またはサーボモーターで、アナログの目盛りを作ってみても面白いかもしれない、E-inkはKindleやガジェットにすればコストは抑えられるものの、パソコンやテレビ画面全体にするとコストが高くになる。しかしながら、音声と映像が液晶やイヤホン越しでなく、文脈やその人となりから明らかになるというwebサービスは1980年代からwifiなどが発明されているものの、なかなかその形が変わらない。返って当時のシド=ミードの近代建築や、アニメに出てくるスペースコロニーの中の住宅や、銀座にある中銀カプセルタワーなどが新しく見えるくらいでもある。当時は携帯電話やハンディカメラなども大型のメモリーやバッテリーを積んでいたのに、それが小型化されたとしても、用途が変わらないことに普遍性があるのかもしれない。
2010年くらいに、OLPCというNPO法人による、発展途上国でのラップトップPCを100ドルの予算で開発するという慈善事業があった。MacBookだけがデザイン的に優れたパソコンというわけでなく、linuxベースで簡単なオセロや数当てゲームなどのプログラミングやネットワークの基礎が学べるというものだった。そのタブレット版では、タブレットケースの裏側が太陽電池になっており、それでどれだけ充電できるかは未知数ではあったものの、その調和したフォルムを見て、どこかに売っていないかどうかを検索するということを繰り返すようになった。不思議なことに、太陽電池の部分は省かれて、andoridを最新にしたモデルになると、機能的には共通化されたけれど、太陽電池がついたモデルがどうして立ち消えになったかが自分では納得がいかなかった。今でもOLPC XO3で検索すると、太陽電池がついたタブレットを関係者が手に持ったりしているサムネイルが残っている。太陽電池は手の平大で、晴天時に2〜3Wの電気を作るという、実際のところはわずかな電気でもコツコツ貯めておける仕組みが作れれば、実用的にはなるものの、あまりこの種の利便性が開拓されてこなかったところがある。誰もが使っていてそれで窮屈さはあるけれど、改善されるサービスと、逆に、あまり使われていないけれど、将来的には便利になるかもしれないサービスがあったとすると、サービスのあり方やそれをよりよくするためのアイデアは、全員が同じであるよりはいろいろなケースバイケースがあってもいいのかもしれない。
続きを読む 暮らしの良さを見つけるアイデア

インターネットを通じた物作りのこれから

インターネットの黎明期では、テキストをダウンロードすることも難しかった。今ではインターネットがフロンティアになっている、一方で、メールや電話越しでなく直接、伺いに行くということにも一定の効果があるように思われた。また、そこですぐに即効性のある結果が出ることはないかもしれないが、荒れていた性分が穏やかになっていたことはその人が居場所ややるべきことを見つけたようとしていることにつながる。それでも、家電やテレビやそこにバラエティ番組が写っていても、なかなかそこで参加する意義を見出せない。
初めてホームページを作ったのは大学の情報学の講習で、必ずしも必須でもなかったけれど、誰もやっていないけれどいずれ必要になることを先を見据えて行っているという自主性があった。エンジニアの場合は、普段の活動が一覧できないというニーズから、ポートフォリオページとしてホームページを作ったり、またデザイナーは、体系的にもの作りに携われないところがあり、システムに興味を持つ。FTPは企業でよくデータの受け渡しで使われることがあるが、もともとは民間で有志が集まって作った簡易的なものだったという。高度経済成長期には、図書館や大学の構内でも、デフォルトの灰色や原色の画面が映っていた。今でこそ、文章構造とテンプレートが分離しているけれど、シンプルで丸みのあるUIはなかなかない、文章校正というよりは、自分で言いたいことがあるけえど、うまく考えを口に出せないという人が、過剰に原稿用紙のマス目にこだわったり、句読点で意味や重みづけが変わるという類のことを調べる傾向にある。もともと常識もあり、相手に合わせることができる社交性もある。そう言った中でも、思うようにいかないことがあるのかもしれない。
雑誌やウェブメディアでは、何度も意識の擦り合わせが行われて、それが個人の意図になることはあまりない、しかしながら、そのために同じフォーマットを何度も直したりという業界ならではの苦労もある。そう言った中で、思い切ってレシピサイトを作ったり、旅行の記録を残したりといった。世間体をかいくぐって自分でやりたいことを見つけるということは荒削りながらも今でも励みになることがある。インターネットは戦後は軍事目的で、高度経済成長期には、通信インフラとして開発が進んだ。昨今では、学生から年配になるまで、それぞれの世代で学びになるテーマを交換する場になっている。専門用語が多くなる一方で、拠り所を英語や資格や書類に求めるざるを得ないところもしばしばある。するとアイデアより認定された何かがないと不安になる心理もある。そういった中で、裏表がなく、地味にできることをすることも有意義だ。かつてのフレームのwebサイトではリンク先をたどると違うページがたまたま写ることもある。そういった意味ではインターネットは外に開かれた窓と言えるかもしれない。もし何か考えを形にするなら、まずはその人が何をしたいかを考える必要がある。一方で情報を扱う仕事はサービス業にあたるので、そこでのルールをまずは理解する必要もある。とはいえ、完全には舗装されていないからこそ、そこを修復して新しいものを作るという気概も湧いてくる。
続きを読む インターネットを通じた物作りのこれから

情報と実現のためのアイデア

車にも電動自転車にも乗ったことはないけれど、その仕組みが解説されていたり実践されているとそれだけで想像力がかきたてられる。市販の自動車では、バックや車庫入れなどもできるけれど、どこかにものを運ぼうとすれば、プログラムや回路もシンプルになる。目的を持つことの意義を教えられた気がする。ミニ四駆もあまり遊んだことがなく、実際の車や作業車を見ることが多かった。滑車やテコの原理がものを傷つけずに運ぶのに効率がいいと言う仕組みを学んだとしても、実際に倉庫で品物を運んだり、並べたりしているとその作業自体に充実感を覚えて、なかなか効率まで頭が回らないと言うこともしばしばあった。WifiやE-inkをカスタマイズすると言う目的では、あまり市場に出回っていないけれど、普段目にすることが多いと言う部品を探し求めていたが、トランジスタや、ダイオード、ケーブルなどは普段使ってもいるけれど、海外でも共通して使っている。仮にモーターに後退の機能がなかったとすれば、2つのモーターを交互にプログラムの条件分岐で組み合わせればいいと言うロジックはとてもシンプルではあるが、その素朴さにある種の魅力があった。
それだけでなく、必要に応じてあり合わせのものでドローンやフロートも作られたり、改良されたりしていた。それでもDCモーターはyoutube動画で実演を見たとしても手にとってある程度組み立てて見ないとわからないこともいくつかある。そう言ったところで助けになるのが、その分野に詳しい人であればいいけれどなかなかそう言った人はいない。むしろ、興味関心がある人に少しずつ質問すると言う手段もある。歴史では司馬遷の史記でもはじめからカッチリと決まっていた分野があったわけでなく、里や村の住人から少しづつ情報を集めながら、時にはそれが誇張されていたとすればその政治経済的な背景もある程度想像が許される。むしろ連続テレビドラマの脚本の方が、見た目には突拍子もないことをしているように見えても実は配役やシナリオが綿密に決められていることがある。しかしながら過去ですら予定調和でなく、いろいろな解釈の仕方がある。最近では、かつての金物屋などの生活に必要なものを売っているお店が、丸ごとスーパーマーケットやホームセンターになって、必要な文だけを取り揃えることが難しくなってきた。それでもDIYをイメージしながらお店から生活の風景をイメージすることが習慣になっている。一時期は引っ越すわけでもないのに、賃貸マンションの部屋の間取りを見ることが趣味になっていた。どれでもキッチンがあって6畳くらいの部屋があるだけなのに、そこからどのようなルートで買い物に行き、また通勤やオフの日にはどの場所に住んでいるのが自然だろうといくつかパターンを考える。それでも街を歩いていてありそうでないような素朴な外観に出くわすると、自分なりにキーワードを探して見たくなる。
続きを読む 情報と実現のためのアイデア

実用的な学びのきっかけ

ガムを噛んでいると、ガムは電気を通すのかとぼんやりとイメージした。粘土と塩と油を混ぜると電気を通す粘土ができるというレシピがあった。日用品からでも活用できるものはいくつかある。セメダインが電気を通す接着剤を開発しているという、特設のホームページもあり、今まで縫ったり、ねじ止めしていたものを接着するようにすれば材質の自由度は確保され、今までにできないことができるようになる。回路の中のLEDは電気が通って明かりが点くくらいだけれど、豆電球の代わりになって、布に耐水性のある回路が作れれば、電子工作がより身近なものに例えられるようになるかもしれない。
液晶ディスプレイが布地のように曲がったり、回路が平面になるだけで、その使い方は変わってくる。三宅一生のギャラリーにLEDで光るバッグと、ガラスでできた透明なアナログ時計があった。この2つは2010年代の持ち運べるアイテムを象徴しているような気がした。スマートフォンももともとは無線機を持ち運べるようにしたもので、手に馴染むような大きさやUIを持っているというところまで、洗練されていないところもあった。例えばiPhoneXのようにノッチという出っ張りがついた全画面のディスプレイならば、androidで、全画面とまではいかなくても、上下の画面の比率が一定で、手に馴染みやすいandroidはというと、日本でもソニーのエクスペリアや、海外ではOnePlus5Tなどがある。スマートフォンの中のUIでも3Dの画像がありながらも、依然としてUIは一定のレイアウトと文字の組み合わせでシンプルになっている。かつてはアイコンが立体的になっていたが、普及しているiPhoneがフラットなトーンにしてから、androidでもその体裁に近づけるようになっている。そう考えると、なかなかメッセージだけということもかえって難しいのかもしれない。用事や頼みごとでは、可能な限り対応するけれど、それとは異なりアイデアを伴うようなことは普段の相談でもなかなかでてこない。
パソコンを使っていると、もともとそれが何かの計算に使っている機器なので、それに依存しがちになってしまう。もともとパソコンができる前はどんな事が寄合に適していたかどうかと想像する。マイナーな映画やゲームをしていると、相手が知らないもので、不安に思うことはどんな事だろうとついつい探りを入れるようになる。究極的には、人は協力するよりは、競争に勝つことが安心するのかもしれない。それでも常に条件が整っているとは限らないし、競争は一時的なブラフのようにも思える。それでも毎日の生きがいややり甲斐はと問われれると、必ずしも計画的ではなく、その日その日で何か気づきや発見があるような体験も必要だという。僕などはうっかりしていて、後ろから話しかけられると不安になることがしばしばある。まことしやかに語り草になっていたのは、あるグループではリーダーが朝令暮改だった方が、みんなが活動できになるという。人格者すぎると、かえって動きのない集団になってしまうという。また一方では丁稚奉公にでた若者が、特に何も教えられず、何も動けないまま夜中まで作業しているという事例もある。
続きを読む 実用的な学びのきっかけ

マイコンの設定とありそうでないアイデア

自分なりに計画を立てているつもりが、予想外の事態になると、どうにも手のつけようがない。もともとそこまで自分も大したものでもなかったことを自覚することも必要ではある。しかしながら様々な試行錯誤の中で、その日限りではなかなか目的が達成しにくいこともある。そうした中で、一日にこれだけはせめてやり遂げようと思ったことを重点的に一つ決めて、自分なりにやってみたもののいくつか目標もできた。一つは、5000mAhのバッテリーがLEDの点灯だけでも長くて3日くらいで充電が必要になる。するとスマートフォンはかなり多彩な表示と動きのわりに消費電力が節約できている用でもある。それでももしこれが太陽電池で5Vの一定の電圧を掛けられたらなら、屋外でセンサーを動かして、今までとは違ったものを見ることができる。一方で、ミニブレッドボードにESP8266とボタンを隣同士に組み合わせると電流の流れ方がやや不規則になって、LEDの点滅が逆になっていた。それでもミニブレットボードがリモコンのように使えるかもしれないとも思われたが、macBookのUSBポートの接触にも影響して、IDEのコンパイルのたびに再起動を繰り返していたのでやや不安定なチャレンジになった。サイズ的にはatmega328Pもミニブレッドボートの方がしっくりくるけれど、時計などに付いているクオーツとコンデンサーをそこまで狭い場所に設置するノウハウがないので、多少精度は変わるけれど、クオーツとコンデンサーを一つにしたセラミック振動子にして部品を一つ節約することで、ブレッドボードに組み込んでみようと思う。しかし、ブレッドボードからさらに基盤にする際にも、理想的には左右14本のピンの順番と、電源+、電源-を覚えていればよりスムーズとも思えるけれど、ひとまずは何か形にしてから初心者でも分かりやすいようなノウハウを見つけていきたい。自分でも備忘録を書いて、なるべく簡潔に思い出せるように工夫しようと思う。シンプルに考えると、なぜかうっかりすることもしばしばある。かつて高校の時には数学ではこの上なくシンプルに数式が書けるところまで到達したけれど、すると読み書きそろばんが頭痛を伴うようにもなって、そこで自分がもし具合が悪くなっても、引き継ぎができるような準備も合わせて行っておくべきという考えになった。それもいずれも思い過ごしになっているけれど、自分だけでできることもあまり多くない。
続きを読む マイコンの設定とありそうでないアイデア