動く絵の文脈

ニコニコ動画の画質が良くないという、その時僕は的外れにも、ピカソのジェマイユと手書き風のクオリティでも満足ということを誰とも競争しないようなアイデアとして、ギャンブラーか胡散臭い経営者がよく口実にする逆張りか青田買いだと思っていた。識者に聞くとさらにキレのある論評になり、一般的に画質が悪ければスピードは早いがそれは大規模なバックアップによるもので、ニコニコ動画はそこまで規模が大きくないので、画質が良くないし遅くてどうにもならないという。それを聞いてまるで巷のガキ大将か、同じ教室にいないけれど学校が同じ先輩のいうことには逆らえないという因習めいたものを感じた。
ニコニコ動画で、もともと手書きのトレースはあったけれど、画質が悪くても見られるコンテンツもある、その時、有名なコンテンツのディテールが似ていても本質的には、その存在感を描こうとしているように思われた。コミックマーケットに参加した時、待機列でシンフォギアが繰り返し上映されていたが、正直それはその時点では有名な作品ではないし、そこから構成やメッセージ性などのコンテクストを読み解けなかったので、どうせなら買ってよかったと思えるカタログの見方を教えてほしいものだとも思った。しかしながらカタログは電話帳のように重くて分厚い、企業ブースは並ぶだけ並んでも、リーズナブルとは程遠い、聞くところによると重課金ユーザーは年収の多寡や客層に関わらず一定数存在するという。
アニメは嫌いではないが、どうして流行に応じてトーンを変える必要があるかということになかなか順応できなかった。有名なジブリでもシャア猫さんのことという同人誌や、その時々で変化の兆しになるようなものを抑えているという。それでもどのような伝統もそれが始まった時は新しく、もの珍しかったという歴史があった。そういったところでは、サービスを突き詰めてというより、ニーズに応じてコンテンツを作って行くということの方が建設的なように思われた。また、アニメでは多くの作品はそれを応援するファンの自画像にも似ているところがあるとしても、僕自身がうまい自画像をかけるわけでもなく、その影響力を競っても不毛なだけだと思っている。アニメやアイドルのファンはそれを応援している自分のことを大事にして欲しいと誰もが考える。僕もその一人かもしれない。握手会で自分のことを覚えてるというシグナルを無意識に出してしまうという。それでも僕はそれを出したとしても、諦めて自分なりに見つけて有意義なことを探そうとする。それは詰まる所エゴサーチというものなのだろうか。労働でも遊びでもない、何もならないものはという意見もある。立川談志の落語では勉強はつまることろ物好きの暇潰しだという。
続きを読む 動く絵の文脈