テンキーとモデリングの変化

テンキーを家電量販店でなく、microUSBケーブルとリチウムイオン電池の観点からamazonで買うことにしたはいいが、モバイル充電の理想を追い求めて、ひとまずパソコンに電卓が付いていないことになった。それが11月23日(土)のことだった。視点の切り替えは直角にならないが、マウスホイールで視点をズームアップして、割り当てキーでX軸、Y軸、Z軸をこまめに使えば、ボーンの設定は可能だった。Amazon Primeで11月24日(日)にワイヤレス方式のテンキーが届くまでの間、シロクマのボーン設定をしていた。ボーンはメッシュに良く馴染み、ポージングをすることができるようになった。シロクマは手袋を付けていたので、指の関節は2本ですんだが、つぎの頭が犬で体が人型のモデルでは、指が5本あり、テンキーなしでは難しいように思われた。そこで材料がないまま待機することにした。その間に、中国のmiHoYo社が18:00からファンイベントをする予定だったが諸事情により開始時間が延期していた。その時間が1時間ほどになったところで、空いた時間でテンキーがない状態でも、モデリングできるどうかチャレンジしてみる気概が湧いてきた。指の関節は5本のなかで3つに分かれているが、割り当てキーを規則的に使えば少しずつ可能になってくるかもしれない。予想外の猶予ができたことで、なにか工夫することを考える時間ができた。ところが放送が始まると、まるで日本の浮世絵のようなアニメーションが展開され、次にどんなキャラクターや景色が展開されるか気になって今度は逆にコツコツとモデリングしている場合ではなくなった。

続きを読む テンキーとモデリングの変化

3D造形と座標

blenderのガイドブックを読み進めていくと、メッシュを動かすボーンの作成に入ったが、メッシュとボーンを合わせるのに位置関係を平面座標で揃える必要があるようだ。そこで外付けの1-9までのテンキーが必要で、ヨドバシカメラに足を運んだ。パソコン周辺機器のコーナーに行き、テンキーを見つけるが、パソコンに空きのUSBポートが外付けハードディスクでポートを使っているので余りが無く、BlueTooth型のテンキーを試して見てからにしようと考えて、そのままなにも買わずに引き返してきた。建物の1Fに銀だこがあり、注文するとちょうど焼き立てになっていたので8個入りのたこ焼きを買ってきた。帰り道でふと思い返すと、ボーンをz座標で垂直に登録すれば、左右対称で腕や足のボーンが登録できると思い付いた。けれど、それはガイドブックに書いてあり、zキーの部分を見落としていたようだった。テンキーがない状態で、ビューはマウスと3D座標、x軸、y軸、z軸の位置関係で、ボーンとメッシュを作ってみることにした。もしテンキーが入手出来立て、平面座標の視点切り替えができれば、2Dと3Dの位置関係を個々に揃えることができるようになる。今まで感覚的に行っていた位置揃えに定規を当てることができるようになる。テンキーはBlueToothの無線で、microUSBケーブルでバッテリーに充電できるものを選んでみようと思う。以外にありそうでなかった周辺機器になるかもしれない。

続きを読む 3D造形と座標

Blenderとフレームワーク

日本橋の書店に足を運んでみると、くるみ割り人形が展示してあった。技術書を探してみると、BlenderとUnityの参考書があったが、Blenderのほうが分かりやすかった。初音ミクのまばたきができないままで、その解決方法を探しに行ったけれど、参考書に解決方法が載っていそうだった。しかしながらアバターを作ったり、任意の画像を立方体に貼ったりという目的はそれをどう解決するかより、それでなにをしたいか、なにを目指しているかという方針を立てたかった。Blender 3D CGのガイドブックは、2019年10月発行でつい先月に作られた書籍だった。Blender2.7から2.8でUIが変わったので、それに対応した説明が必要だった。まばたきのアニメーションも動くようになり、腕立て伏せの動きはタイミングが合えば、MikuMikuDanceの動きを、3DCGにインポートすることが可能になる。シェイプキーアニメーションには、表情の項目もあったけれど、どういうわけかインポートのときに制限されており、手動で割り振る必要があるようだ。また、雪だるまをパーツで組み立てるサンプルがあったけれど、これは3Dの座標を2次元の座標に戻すことで、位置を合わせる必要があった。平面座標は調べてみるとテンキーという、1-9の数字のキーが必要で、現在持っているパソコンにはキーボードはあって数字を入力できても、テンキーは無かった。USBポートは外部HDDやマウスで使っているので、できればBluetoothがよさそうだ。かつてテンキーを、Stepmaniaというフリーソフトで、リズムゲームをしていたこともあったが、3DCGでは、通常パソコンに備わっているはずの汎用的なデバイスとしての位置づけのようだ。windowsOSやmacOSでも分け隔てなくキーボードとして使える。ショートカットのようなものもそこにはなく機能はシンプルだ。

続きを読む Blenderとフレームワーク

リズムゲームについて

はじめてパソコンを買った頃、できるゲームはシュミレーションゲームくらいしかなかった。CD-ROMを貸し出すことで、まるでカセットテープを入れ替えるようにインストールができるので、最初は手に入る範囲で、ソフトウェアを増やしていった。ハードウェアの性能は、メモリとCPUで決まる。ただし、一度買ったものを改造するにも費用がかかるので、同じパソコンでも、中身を変えたり、音声を変えることでどれだけ新鮮な知見が得られるかに重点を置いた。はじめは、microsoftのwindows95のパソコンにデフォルトで入っている、ソリティアばかりを繰り返し遊んでいた。今でも、リビングでソリティアをやりながら、来客に対応すると上手い具合に空き時間が充実する。家族でも知人でも友人でも、その場が和んで来るととても過ごしやすくなる。当時の塾の講師からワンダースワンなどの携帯ゲーム機のプログラムもインストールできるという話を聞いて、そこから詳しくは教わらなかったが、ソフトウェアを使ってパソコンで出来ることが増える事例として留めておいた。ただ、ゲームプログラムの知識がないためか、結局あまりラインナップは充実しなかった。同じ頃ゲームセンターでコナミのビートマニアやダンスダンスレボリューションが流行っていた。当初はほとんど上手くできなかったが、知人が夢中でとても上手にこなしていたのがとても印象に残った。そこで、パソコンでその練習用のソフトウェアがあることを知る。ただ当時のプレイステーションやセガサターンにあるようなレーシングドライバーのハンドルのように手に馴染むコントローラーがなかったけれど、大きさならその代わりになりそうなものとして、USBの外付けテンキーがあった。このカチャカチャ数字が入るボタンを何かに活用できないだろうかと思った。テンキーの5を中心に反時計回りに4・2・6・8の順位に←↓→↑のボタンを割り当てて、ソロバンのような感じでリズムに乗ってボタンをカチカチと押して遊んでいた。
続きを読む リズムゲームについて