生活の中のオアシス

学生の時に中国に旅行に行ってとても新鮮だった。海外にはあまり行ったことがないけれど、なんだか元気をもらったような気がする。中国には売店があまりなく、本屋も屋台になっていた。飲料水は煮沸されたもので、熱かった。それでも生活に必要なことを身振り手振りで補って、日本が便利で恵まれていることに有り難みができた。
両親はよく旅行にゆく、父は読書量が多い分だけ、美しいものに関心が深い。クロアチアのドブロブニクでは、ドラゴンに似たトカゲや中世さながらの美しい町並みを見ることができたようだ。Amazonビデオで、ゲームオブスローンのドラマを見たくなり、そこで男性のチェロ奏者がクロアチアで演奏している様子が、その手の教養がある人にはとても関心があったようだった。僕はゲームオブスローンはイギリスとケルトや北欧の文化が織りなす、ファンタジーのように見えた。日本でも柳田国男による遠野物語などが、ニコニコ動画にもアップされている東方シリーズの背景になることがある。文化と言ってもとらえどころがないけれど、確かにそこにはあるかもしれない。よく、忙しい経営者は、そこまで忙しくないユーザーの気持ちがわからないというけれど、それも多少のねじれがあるかもしれない。とても忙しくなる状況と、そこから返ってその逆のニーズにアプローチできる視野の広さが垣間見える。
僕はRPGゲームから中世の町並みを見て、図書館やCMの合間にある世界の紀行番組に印象深い思いを持った。実際に取材班がカメラを用意して映像と音楽を合わせるものと、実際にその国や地域に赴くことは大きく異なるかもしれない。僕自身、そこまで視力も構図にも自信がない。例えばメカニックに詳しいことや、背が平均より15cmくらい高く、少年少女の表情を立体的に描くことができると言った取り柄がない。実際にコミケに行って見てもコスプレイヤーに圧倒させられることが多く、この分野では一眼レフカメラも持っていないので、あまりいい写真が取れそうになかった。それでも、とりあえずなんの予告なしにシャッターを押すのはなんだか気が引ける。プロのカメラマンは相手の笑顔やリラックスした表情を引き出すことに長けているという。一つそれに倣って見ようと思った。
続きを読む 生活の中のオアシス