概念をメモする

今日は朝も比較的涼しかったが、日中も雨が降っていないのに気温が25℃くらいで、扇風機を使わなくても蒸し暑くなかった。気温からすると梅雨の季節くらいで、夏らしくない気候にはなっている。今年はそこまで熱くならないのかもしれない。梅雨が長く続いて、日照時間は少なくなっている。雨も天気予報通りにいかず、にわか雨が降ってくることもあり得る。折り畳み傘やレインコートが必要になる。

コロナウイルスの新規感染者数が200人を超えており、移動中にはマスクをするなどで対策は立てているが、中国からの第一波のときのように強毒性のウイルスから、性質が変わってきているという説もある。風邪の延長線上で感染するかもしれないくらいの可能性がある。コンビニのレジには飛沫防止のビニールシートが貼られており、かといってエコロジーの為にビニール袋の代わりにマイバッグが必要になるなど、透明なシートで補強した部分もあれば、個々の包装はエコロジーのために省略されるようになった。ここ数か月で変化している習慣ではある。

資格の参考書を探しているものの、電子書籍をサンプルダウンロードしても感覚が掴みにくかった。むしろ必要な専門用語をキーワード検索して資格の公式のウェブサイトを参照した方が、情報にアクセスしやすかった。電子書籍の場合は漫画や小説など、読む方向が決まっていれば読みやすいけれど、図鑑やプレゼンテーションの資料などは、電子書籍では読みにくいのかもしれない。3D造形のblenderの参考書も、書店に足を運んで、手に取って買っている。紙媒体のほうがアプリケーションのインターフェースや、必要な概念の理解が画像とテキストの組み合わせによってやりやすかった。この分野でもキーワード検索によって、eeveeレンダラーでの水の透明化や、キャタピラーのパーツの作成など興味・関心を持った部分は断片的に先取りする必要があった。

続きを読む 概念をメモする

多様性と役割

改造をする予定は無かったが、BlockBenchの他に、MCreattorという編集ツールがあることが明らかになった。バージョンは1.15のForgeがベースになっていた。ファイルの構成はandroid Studioに似ていた。ブロックにはサイコロ状の展開図がありそれぞれのテクスチャーを張り付けるようになっている。マウスとペンを連動でき、手書きで「あ」と書いたブロックを作った。そのブロックはデフォルトでは土ブロックになるようだ。再生ボタンをクリックすると、mineCraftのforge1.15が起動した。ワールドマップは初期の状態だった。クリエイティブモードにすると、「あ」と模様と名前の付いたブロックがある。それを選ぶと、じゃりっと音がして「あ」ブロックが置かれた。ローカライゼーションでja-JPを追加して、該当のブロックに日本語の名前を入力する。forgeを再起動する。言語を日本語にするとブロックの吹き出しが「あ」になっている。しかしながら、MCreatorのフォルダ選択ではwindowsのUI内で日本語の名前のファイルはファイル名が空欄になっている。画像テクスチャーなどは素材と名前を付けていたので、ファイル名は何も表示されない。とはいえその位置にファイルは名前がないだけで存在することは確かだった。ファイルのアイコンをマウスクリックすると素材の画像テクスチャーに移動する。MCreatorでテクスチャーをCUTOUTという透過ブロックにするとガラスブロックが再現できる。これは以前にどこかで試したことがあった。Forgeというmodが1.14のときにfabricという名前になった。Forgeが炉という意味で、fabricが布地の意味合いになる。どちらも材質を加工するためのプラットフォームになっている。差し当たってはテクスチャーをアレンジする目的は同じだった。Fabricではスマートフォンなどの統合版に追加された石工ブロックで、レンガのハーフブロックを試すことにしていた。そうしているうちにガラスのハーフブロックがあれば、ガラスブロックで丸い天井を作った時により丸くできると考えた。それまでは半径が何マスかを測って、斜めにブロックを配置していた。3ブロックだっと三角の屋根とほぼ同じになる。raspberryPiでは円周率から丸いブロックの球体を生成することができた、近づいてみると四角いブロックが塊になっている。3つ横に並べて一つ斜めにハーフブロックを置くというパターンになり、それがだいたい3.14だったのかもしれない。そのときはraspberryPiの小型の液晶ウィンドウでもブロックをレゴブロックのように組み合わせることができるため、当時持っていたmacBook内蔵のグラフィックボードでも十分で、ワールドマップも現在ほど広くなかった。1.14になって昆布ブロックが追加されて、水中に緑の要素が追加されて賑やかになったが、macBookのグラフィックボードを圧迫してノートパソコンが熱くなり、ゆらゆらしている昆布ブロックが不気味にも思えたのだった。

続きを読む 多様性と役割

協業のための準備

今日の朝の当番で、控室のゴミ捨てと給湯ポットのお湯を交換する、ポットのお湯はほぼ満タンになっていたので、すでに交換済みかと思っていたが、だれもポットには手を付けておらず土日をまたいだ2日前のお湯だということを聞き、ポットの中身を交換する。また控室ではビニールは燃えないゴミになるが、日常の分別でもビニールや包装紙を分けて見ることにした。またゴミ袋を作業場に取りに行くときに、金属探知機の荷物検査があるため、財布とカギを棚に入れて置く。また指示書には予め、書類の挟み紙を今日の日付に置き換えて準備する必要があるとのことだったが、そのことに気が付かなかった。指示書を確かめて、その内容を質問するところまでは試みたが、業務の準備に対して必要な条件を満たすに至らない。予め書類の用紙を倉庫から取り出し、作業場に台車を運んでいく。台車の搬入では、多少腕力はないけれど、必要な数の段ボールを運ぶことにした。

書類の書損を纏めるときに、チェックする人が帳票のページをめくり易いような向きがあると知って、取り組み始めたときには何枚かは逆に書いてしまっていた。綴り紐が横に付いているので、その向きでページをめくり易いようにということは同じ轍を踏むまいとしていたが、ミシン目から見て上下は、判別が付きにくく、教わってもすぐには分からなかった。メモしようとしてはいたが、数字を記憶することまで頭が回らない。確認するには数字を復唱したり、ページをめくりながら、書損に実際のデータが含まれていないかをチェックすることも効果的だという。手順を理解しないまま進めると、確認も適切にしにくくなっている。書類は束になると、先頭と末尾の番号を確かめるのも、書類に折り目を付けるリスクが生じる。書類をそのままの状態にしたまま、番号を確認する工夫ができればと思った。

印刷する書類が多くなると、段ボール箱にまとめて格納する必要がある。そのときの番号と箱の数え番号の書き方を教わる。書類を印刷する中で、途中で用紙を交換していると、書損の前後が2セットできる。用紙を交換するくらいの書類の束になると分厚くなり、先頭と末尾の番号を確かめるのに、書類の置き場所を確保しながら、慎重に作業する必要があった。これらの書類は、必要な利用者の生活に関わるデータを扱った書類として、とくに慎重に丁寧に扱う必要がある。一般的な作業で有れば、分業すればするだけ効率的になるが、ノウハウを理解した人が丁寧にバトンをリレーする必要がある。今日はそういった書類の束の箱の絶対量が多く、経験者でも時間と労力を要する作業だった。そういった中でも書損の向きや、数字の読みやすさなどを意識して、ミスの多い拙速であることよりも、丁寧で確認がしやすい準備や対応を心掛けて、自他共に手間が掛からないようにしておきたかった。しかしながら、作業の概要を掴んで予測が付けないと、作業のときに注意するポイントも分かりにくくなってしまう。できれば効果的な手助けをしたいけれども、うまく組み合わさっていかず、出戻りもでる。

続きを読む 協業のための準備

近況と意義

身近なところでは江東区の区報に、自転車損害保険の加入義務について記載があった、2020年4月から義務化されるとのこと、自転車を使って移動する機会があれば、もしものために加入する必要がある、区の出張所に申し込み用紙を申請に行こうと思う。ここのところ寒い日が続いたこともあり、風邪で喉がいがらっぽくなっていた。以前のように寝る時に鼻が詰まっていると意外に寝つきにくくなることがある。カルボシステインの成分が入っている市販の錠剤をのむと、痰が絡まなくなる。アトピー性皮膚炎の持病もあってか、無意識に頭をかく癖があり、肩にフケが溜まってしまうことがある。なるべくは頭を抱えたり、掻かないことが対策にはなる。できるだけ清潔になるように努力しようと思う。これは意識しているか、いないかの境目にはなるので、自分で気が付ければマメに対応していこうと思う。

明日の予定が立たないことが悩ましかった時期に、mineCraftのブロックの組み合わせを考えることで、気を紛らわせていたが、ボーっとしているときと、それによって必要な準備を怠り直後に慌てることもしばしばあった。対応力を間に合わせていきたい。また、つい急いでいて確認がおざなりになることもある。そういったときにもう一度聞きなおすことが許容すされるか、あるいは、スムーズな会話のキャッチボールになるように、正解を選べる状態や準備ができているかを心掛けていこうと思う。現場では、いろいろな確認事項が、リアルタイムで飛び交い、そのことを事務所から巡回する営業の見方では、やるべきことをやっているという形でシンプルな結果になっている。どちらかの説明だけでは不安と緊張感が募るばかりで、具体的にならないこともある。そういったときに理解や想像力が及ばずに気のない相槌を返してしまうこともある。

続きを読む 近況と意義

枠組みとしての言語とその準備

Javascriptは、なにかを動かすための補助的な役割だと思っていたが、フレームワークとして何かの構造として使う場合にはanglarJSが最近では、多くのプロジェクトで使われているようだ。日本語では複雑な用語が並んでいて、わずかに英語の意訳と、クラスの設定などから類推することで、概要をつかもうとしたものの、プログラムとしては何かをコンパイルして、アプリケーションにするという一連の流れから把握した方がわかりやすいようだ。パソコンのOSがWindowsでもMacでも、ローカル環境を作ることの位置と必要な事柄を把握することがまずは準備として必要になる。かつてはブログでもローカルにPerlやPHPをインストールしてその中で、テンプレートを作ったりしていたけれど、最近では、その作り方も単純なレゴのようなものにするまでにはある程度、理解を深める必要がある。慣れないうちは何度かインストールし直す必要があるということ経験談を耳にする。当初はブログでも、何度かインストールとアンインストールを繰り返していた。いまでも骨子になるのは、日々の更新で現状ブログとして使っているものより、なにをどう作ったり、書いたりしたいかだけを考えている。それはなにもないところからアイデアを一つだけ生み出す作業になるけれど、実際に業務として活用する場合は、共同作業ということを踏まえて、更新したファイルや、ルールをだんだんと覚えながら、その中で工夫していく必要がある。参考書にも元々はホームページの更新をしていたり、セミナーを開いたりしていた人が、システム開発やフレームワークの解説に変わっている。そのことと、英単語やプログラムの仕組みを覚えることとどのように関係するかもある程度想定していければと思う。
Macもデザイナーが使う直感的なパソコンというだけでなく元々はlinuxから派生した通信ネットワークのためのパソコンでもある。一台で作業したり、何か変わったことをするよりは、そこでどのような道があり、どのような手段があるかを知っておく必要がある。街の端から端まで歩いていると日が暮れてしまうけれど、バスや電車などの公共交通機関を活用すると目的地に予定を建てながら到着することができる。料理でもいつでも一から作っていると、メニューがなかなか揃わない。しかしながら、フレームワークやツールが万能であるとも思われない。さしあたりはフレームワークを知っていると聞かれても戸惑わないくらいには準備しておきたい。また、英語圏ではどのように紹介され、日々の業務に活用されているかが、YoutubeのAnglarJSの講演や、参考書からでも具体的に想定できればイメージも掴みやすいかもしれない。一人で本屋に出かけるとIT関係の書籍は、自宅でパソコンを持っているし、当面のところそう行った職業についているので、その界隈をよりよくするアイデアやスキルを磨きたいと思っているものの、なかなかプログラムのロジックに詳しくなるきっかけが掴みにくい。英語にもビジネスの取引に使う表現と、プログラムの材料に使うキーワードでは、同じアルファベットを使っているのに、そこにある背景がまるで違う、いつかは英語の組み合わせをその場の心情と目的に合わせて、意図や携わる人の気持ちを考えながら具体的に仕組みを作っていけたらと思う。そう考えると、街を作っているものが、実際の建物や店舗やインフラといったハードウェアだけでなく、ソフトウェアでも色々な工夫が日々行われていることが伺える。
続きを読む 枠組みとしての言語とその準備