乾電池と有機的な繋がり

乾電池の単四電池は同じサイズでは海外ではAAA batteryと名前が付いている。ちなみに単三電池はAAになるという。ハンディラジオの乾電池を充電式に換えると、電圧が1.5vから1.2vに抑えられるので、説明書にあるような数十時間も長持ちがしない。それでも使い捨ての乾電池より、繰り返し使える充電池に愛着があったのか、amazonで単四電池にスマートフォンで使うようなmicroUSBが付いてその都度コンセントやモバイルバッテリーから充電できるような仕組みにしようとした。ハンディラジオのバッテリーの蓋を開けて、新型のUSB式の電池を入れてみる。ところが2本入れるとどちらか一方が出力しない、仕方がなく片方をパナソニックの充電池、もう片方をUSBが繋がったタイプにすると、バッテリーの残量メーターは緑になった。乾電池ようにmicroUSBケーブルは4又になっている。iPhoneケーブルとandroidケーブルが2又になったケーブルはあるけれど、microUSBはスマートフォンだけでなくモバイルバッテリーや様々なデバイスに使う、又Made for iPhone認証がある端子を付ければiPhoneにも対応するので、ありそうでなかったケーブルでmicroUSBが複数分岐するケーブルがあれば、配線が纏まって絡まらずに便利になると思われた。それでも家電量販店だけでなくamazonやalibabaにも見つからないけれど、きっとあったら世界にいる誰かが助かるようなアイデアを持てるきっかけになったことは多少チャンスにはなる。今までは、既存の設定が万能でそれをヒアリング、分析することでしか納得感が得られないという閉じられた世界だった。

ハンディラジオをつけると、文化放送の青二プロダクションの桃色の声が眩しかった。アニメのように動くイメージはラジオの手前、想像になるけれどキャラクターが躍動する様子がなんとなく浮かんでくる。とはいえ、そういったものはその時は元気がでるけれど、いずれ近所からはやっかまれるだろうと少し不安にはなった。ステレオの調子も良く電波も良好で何よりだった。とはいえ、それがどれだけ持続するかを試していると、2日くらいをまたいで約6時間くらいだった。とはいえ、FMはイヤホンのワイヤーをアンテナの代わりにするので、感度はよかったが、電池にusbケーブルが内蔵されると電磁波の影響でAM放送がほとんど聞こえなくなってしまった。そこでかつて蛍光灯をLEDに変えた時のようにハリボテのダミープラグを使ってそこから、単四電池を単三電池につなぎ直してはどうかと思いついた。

続きを読む 乾電池と有機的な繋がり

クランクとハンディラジオの繋がり

クランクハンドルを回して2日目、初めはスマートフォンでabematvをストリーミング放送して、ギアを回すだけの作業に抑揚を付けようと思ったが、スマートフォンに充電する分を賄いながら、蓄電池に溜めていると漕ぐたびに足りなくなるという自転車操業になりそうだった。それが悪いわけではないが、いっそ消費電力の低いラジオであれば、BGMにもなりその日何があったかなどの時事が分かるアンテナにもなりそうだ。実際防災用の手回しラジオなどもあり、前例もある。

そうして家電量販店に行くと、ふとラジオを録音できれば情報を溜めておけると思い立つ、高価ではあるものの思い切って予約録音できるハンディラジカセを買った。学生の頃は深夜ラジオを開始時間まで起きて、ラジカセの録音スイッチを押して目を半分開けながら眠るという習慣があったが、もしタイマーがあれば、自分が見つけられないようなニュースや音楽を見つけられるかもしれない。ただラジオを聴くだけなら、鉱石ラジオや様々なキットも出ており、候補は複数ある。家からはスカイツリーの電波塔があり、AM放送でも向きを変えれば、聞こえ方はよくなる。とはいえパソコンや冷却用のファンからは電磁波が出ているのか、AMの入り方に雑音が入る。もしベランダの外で予約録音できれば音はクリアになるかもしれない。そこでハンディラジオに十分な乾電池の容量と、雨露を防げる透明なカバーがあれば、太陽電池の隣にラジオを置いて定期的に録音して、SDカードでパソコンに音声データだけを送り保存するという使い方をして見たくなった。

テレビは最近付けていない、産経新聞の広告にワンセグチューナー付きの小型テレビが先行販売されており、何でもかんでも見たいわけではなかったが、ミニファミコンやカーナビなどの画面でもHDMIケーブルを接続するものシンプルな構成になっており、モバイルバッテリーからでもテレビやラジオが聴けるのは今までにありそうでなかった。

手回しクランクに戻ると、ソーラーチャージコントローラーは蓄電池の過充電を避けて、12v前後の電気を徐々に貯める。今までデジタル表示のバッテリー残量を気にしていたが、よくよく見ると、電圧とバッテリー残量はだいたい比例している。蓄電池に一定の電圧と電流を定期的に送り続ければ電圧が11vから12vに上がり、放電量も安定する。なかなかクランクを回し続けてもパーセントが上がらず、10分くらい続けてもまたもとの値に戻ってしまうと徒労感を覚えるが、バッテリーは電圧が徐々に上がり、時間を置いてメーターを見ると容量が少しずつ増えている。クランクを回している充電中の間は電圧が高めで、残量もやや多めに見えている。回すのをやめると揺り戻しが来る。

続きを読む クランクとハンディラジオの繋がり