パソコンの用途の変遷

パソコンのスペックについて詳細に考えたことは今までありそうでなかった。社会人になってからパソコンでホームページを作る業務をしていたころは、メモリが4GBだった。これを8GBに増設すると、ちょっとした画像加工や文書作成のときの待ち時間が節約できる。ホームページの制作を代行する業務につくときに、windowsPCでは販売促進のチラシなどを開くときに、メモリが必要になり、macBookPro 2013年版を、家電量販店で購入した。メモリは16GBあって、PDFの読み込みが早く、コーディングなどの作業に役立った。画面サイズは小さめの13インチにしていた。今となっていは一回り大きい15インチのほうが、CPUやGPUが一回りいいスペックの構成になっているので、よりパフォーマンスは上がっていたかもしれない。CPUは2.8GHzのクロック周波数で2コアだった。macOSにintelのcore i7が搭載されているという構成で、6年くらい稼働させている。macOSのなかにwindowsPCを仮想環境で動作させるエミュレータは、当時のwindowsPCのデフォルトのブラウザで、画像とテキストが一覧しやすいIE6で表示のずれがないかを確かめるための窓だった。そのエミュレータもメモリが16GBあったので、継続して閲覧できていた。mineCraftはドットグラフィックでCPUやGPUを節約しながら、広大なワールドマップを探検できると思ってインストールして、資源の採掘や建物の建設を行っていた。macBookのCPUのベンチマークになるPassMarkではおよそ2917だった。ブラウザでのキーワード検索、サポート期間が過ぎたmac版Officeに変わってOpenOfficeは今でも動かすことができる。先週にはmacOSのアップデートもオンラインで行われていた。

続きを読む パソコンの用途の変遷

レアアイテムの採掘と外付けGPU

mineCraftにて古代のがれきが、ネザーワールドでは高さ15の溶岩よりやや底にある地形の変化のない場所で比較的多く産出されるようだ。ブランチマイニングをすると広大なマップで迷う可能性があったので、スライムチャンクを掘るのと同じように、空間を掘り進めるようにした。すると30分くらいで、10個の古代のがれきが発掘された。剣や鎧などの装備一式を作るには、古代のがれきは20個あれば、ネザーインゴットの生成には足りるようになっている。スマートフォン版でも、JAVA版でも採掘によって得られるレアアイテムの分布は似ている。ネザーワールドはブロックの分布にほとんど変化がないので、玄武岩がネザーラックに変わったり、ブラックストーンや砂利になるといった変化で単調な採掘作業の気分転換をする必要がある。ネザー装備ができるくらいの資源が取れるまでには地下には数チャンクの空洞が形成される。ピグリンやマグマキューブなどのキャラクターも空洞にスポーンすることがある。空いた場所は牧場にするなど活用方法を工夫したい。

ModのWorldEditでは、木の斧でブロックをコピーするまとまりの始点と終点を定義するが、終点をクリックしたときのプレイヤーが立っている位置によって、ペーストできる位置が変わってくる。試しに木に始点と終点を決めてコピーして、木の正面に立ってペーストする。間隔は1マス置きにペーストして林を作ってみる。コピーするブロックの纏りによっては、正面に立てないときもあるので、厳密にペーストできる対象の位置が決められるわけではなかった。一度コピーしたものはundoのコマンドによってやり直すこともできる。ともかく木をコピーして林を作るコマンドは身に付いてきた。

続きを読む レアアイテムの採掘と外付けGPU

グラフィックボードの増設

グラフィックボードを増設することで、ファイナルファンタジー15のベンチマークが、1000未満の動作困難な状態から、6880の快適にまで向上した。付けた意義はあることを示している。MINECRAFTのベータ版のRTXでは、NVIDIA用のゲームドライバーというソフトウェアが必要という条件をレビュー記事でよんで、インストールすると真っ暗だった景色がレイトレーシングされて、ネオンの光や水に景色が映りこむ様子が再現された。松明の光もまるでLEDフィラメントのような温かみがある光源になった。星空の動きはデフォルトでは太陽や月と同じように周回する。JAVA版のOptifineでもBSLシェーダーによって星空の動きが再現された。またついこないだに公式からネザーワールドのマップを追加した1.16版がリリースされたので、現行の1.15は一つバージョンが遅れている。とはいえ、シェーダーパックが使えるOptifineがまだ1.15のために、しばらく1.15は実質的な最新版にはなると予想される。

続きを読む グラフィックボードの増設

熱のコントロールから見える景色

ホッカイロの代わりのデバイスを、実際に街を歩きながら、使い心地を試してみることにした。初めは、メタルクラッド抵抗から抵抗電流を得て、シート型のニクロム線ヒーターに送るためのものだったが、メタルクラッド抵抗が定期的に発熱するので、むしろそれを単体で暖房の代わりにできる想定した。近所の新大橋から森下〜両国を散歩しながら、モバイルバッテリーから発熱デバイスをつなげていた。バッテリーの容量は5000mAh、3.3Vで、およそ20W。発熱デバイスは凡そ12.5Wで、一時間半くらい発熱した。その間ワニ口クリップが外れないように左手で持っており手が塞がっていた。それでも手提げバッグには収納できるので、準備の段階では嵩張らないように見えた。ベンチに腰掛けると、コタツがないのに服が温かくなり継続的に熱が確保できればほの暖かくなる。直接手で持つにはやや熱すぎるところがあるが、かといってそこまで温かくないと、熱が留まらない。

次にかねてから活用しようと思っていた空き缶をケースに再利用することにした。空き缶の暖かい飲料は、しばらく熱があり、手触りも滑らかで頑丈なため、ホッカイロの代わりにするには向いているように思われた。ニクロム線を付けている時は、そこまで接続が維持できるかを心配することもなかったが、ベランダにコードを伸ばしたり、服に載せたりしているうちにコードは抜けやすくなっていった。半田づけをしっかりするだけでなく、配線自体も可能な限りシンプルにする必要がありそうだ。コード自体にはデザイン性はあまりないけれど、何度か反復するうちに無駄な線がどれかがわかり、選りすぐって行くごとに使いやすさが向上する。また、トグルスイッチや、センサー、コントローラーは初めから想定できればそれに越したことはないが、繰り返すうちに、どれが必要で、またどれがそうでないかというパターンがより具体的になる。もしたまたま道に迷ったり、途中で選択を間違えたと思って行動が重複し始めてもそこから効率化するシステムをテストするには逆に必要な部分になることもある。

Makuakeというクラウドファンディングで、スマートフォン用のmicro-usbケーブルが磁石になっており、充電がしやすく、接続するときの擦れなどの劣化が防げるというガジェットがあった。それをusb端子のDIP化基盤に繋げると、電話交換手のようにコードを付けたりしている動作が磁石がくっつく性質からぴったりくっつき、また引き剥がす時も指の力だけでやりやすくなる。そのアイデアはあまり共感されず、また事例も少なかったけれど、amazonでもケーブルが折り曲げに強い繊維で、端子が頑丈なアルミのマグネットケーブルがあり、LEDだけでなく、5vのケーブルからニクロム線までも動かせるようになった。磁石がくっつくと、小さなアクティブランプがONになり温かくなる、指で話すとランプはOFFになり元に戻る。発熱するデバイスには半田でも160度前後で溶けることもあり、力の強いペンチで圧着が一般的になっていた。粉薬を圧縮すると錠剤になるのと似ているのかもしれない。僕の手持ちの道具ではそこまで大型のペンチがなく、プラモデルを組み立てるくらいのラジオペンチくらいだったので、針金の束に、細い方の端子を絡ませて、そこから半田で補強するなど、少ない力で安定した接触が保てるように工夫していた。そういったときにマグネットケーブルは配線がシンプルになるきっかけになった。

続きを読む 熱のコントロールから見える景色