循環と仕組み

ダイヤフラムポンプと残量が分かるタンクを繋げて、ペルチェ素子を冷却することを試して見たところ、ラジエーターに当てるサーキュレーターを強にして1日半くらい経って、表面の温度は24℃の室温から4℃まで下がり、そこから下がることは無かった。表面には空気中の水分を結露によって水にして水たまりができていた。前回試したときは室温が20℃以内だったので、結露した水分も霜になったが、今回は水になっただけだった。6月になって梅雨入りして雨も降ったため、この時期にしては比較的涼しいほうだったが、気温は24℃以上あり、雨が降らなければすこし蒸し暑いくらいだ。ダイヤフラムポンプが水を送る量はチューブも太い分1割くらい多かったが、あまり冷却効率には現れなかった。氷ができるまでは冷えなかったが、温度変化の最大値を推し量ることはできた。扇風機で空気を循環させる空冷システムも、またポンプで水を金属でできたラジエーターの中を循環させる水冷システムも室温の影響を受けることが明らかになった。サーキュレーターは強に付けていても音はそれほど気にならなかった。

mineCraftにて小麦の栽培を農民のAIによって自動化することには、ベッドと畑が接しているとランダムに移動する農民が耕地を踏み荒らすことが稀にあったので、ベッドと畑の間にハチミツブロックを挟んだ。農民のAIの持ち物の最大量は分からないため、予め種を多く渡して置いて、収穫するときに拾いきれずに余った作物を地下のホッパー付きトロッコを載せたレールで回収するという方式は、いまいち有効性が分からなかったが、何周か昼夜のサイクルを重ねていくと、水流で畑の表面をまんべんなく収穫する仕組みよりも、ホッパー付きトロッコのレールの効率が上回ってきた。依然としてレール式の自動化は有効ではあったが、農民の持ち物が満たされるまでの準備時間がかかる。またレールの回収が成果を上げていても、見た目には拾われたのかどうかが判別しにくかった。回収するレールの長さは畑の面積が広ければ、それだけ長くなり遅くなる。ホッパーとコンパレータを組み合わせた、アイテムの積み下ろしの仕組みがあれば便利だが、通常のホッパーを下に敷いているだけでも少しずつ回収されるようで、コンパレータは省略されている事例もある。

続きを読む 循環と仕組み

引っ越しのための梱包

引っ越しに際して、段ボールを詰めている。今までお店で買ったものはレシートや箱を取っておいてあるが、収納スペースの関係で整理できていなかったものもある。レシートを一か所に集めて、空の箱をなるべく省スペースにする。また圧力鍋の蓋と鍋と錘が揃っていたが、その間に挟むパッキンが無かったので、amazonで同じ鍋のサイズを取り寄せたが、蓋に取り付けてみると、鍋と蓋が閉まらない。そこでホームページから品番を確認すると、2000年代のSAVIOR2という型のようだ、問い合わせると専用のパッキンが届いた。見た目はamazonで購入したものと色や形など、ほとんど区別がつかないが、蓋と鍋のロックが閉まるようになった。そこで先に取り寄せた方が違うパッキンを返品することにする。

また、発電機は木箱の上に固定されているものが新型のモーターと旧型のモーターが二台ある。新型のモーターは、音が比較的静かでも電圧が6V~9Vで、旧型は素朴ではあるが、回転すると音がかなりこもる。電圧は蓄電池と同じ12V前後になっている。旧型のモーターに思い入れはあるけれど、木箱と木の台が被ることもあり、新型を残して旧型を解体することにした。またハードロックナットで固定したハンドルが収納すると出っ張るので、ハンドルを取り外しておく、またワニ口クリップの被覆を兼ねて、ビニールを被せっておく、発電機を段ボールに入れると、M6ネジ用の固定スパナがパーツの段ボールに紛れてしまった。部品としてはスプーンくらいの大きさだが、すでに詰めた段ボールに紛れると、分かりにくくなる。また型落ちで使わなくなったmacBook用の外部キーボードの中にUSB端子が付いた単三の乾電池が、自転車用のデフォルトで故障したLEDランプの中に、単四のUSB端子付きの乾電池がそれぞれ見つかった。部屋を散らかしているのではなく、梱包しながら片付けているので、探し物が見つけやすくなるように工夫しようと思う。金属のパーツやモジュールは角が硬いので緩衝材を付けるのに手間取ってしまった。

続きを読む 引っ越しのための梱包

組み上げ式のポンプとwifiモジュールの疎通

中国からポンプとwifiチップが届いた。小包みだったけれど、Eメールでポンプとwifiモジュールの画像を添付していてそれで連絡が取りづらいところからやや前進した。ポンプは12V用だったけれど、6Vでもそのまま動くようになった。6Vの手持ちのDCモーターで動きを再現したものに当てはめることにした。モーターは同じDCモーターを使っているものの、弁が動いて水を汲み上げる動きが再現されたので、動きの部分はモーターを付け替えるだけで対応できそうだ、チューブが手持ちのものが若干太いので細くて曲がるチューブを用意する必要がありそうだ。
wifiチップは、ESP8266だけれど、スケッチにはなにも書いていないものの、TXとRXピンを繋げて、シリアルモニタでATコマンドで自宅のwifiに接続ができた。現状ではpingが通ったこととチップの動作ができたくらいで、引き続き調べてみようと思う。ESP8266側のRX・TXピンとarduino uno側のRX・TXピンを繋げると、コマンドが通るけれど、RX・TXピンはデフォルトのピンを使っているので、コンパイル時にエラーが出ることもある。そこで、隣の他のピンに移し替える工夫が必要だけれど、それが通らない、色々と質問項目を検討してみようと思う。エラー内容は初めてesp8266のデベロッパーボードを繋げた時と同じようなものが出ている。
ともかく、海外からの小包が無事に届いてよかった、最初はこちらも意表をつかれてびっくりしていたこともあり、どうなることかと思って、どこかはらはらしていたところがあった。こういったことは試行錯誤を繰り返しながら、取り組んでいきたい、どうしても初めての場合では、戸惑ってしまうこともある。それでも、もしシリアル通信で、arduino同士を繋げることができれば可能性は広がりそうだ、デベロッパーボードはスケッチというプログラムを上書きすると、ATコマンドを再生するアプリがwindowsにしかなく、単体でしか動作できないところがある。それでももしATコマンドが通ったとしても、RX・TXピンをarduino unoの別のポートに移せるかどうかという課題もある。
続きを読む 組み上げ式のポンプとwifiモジュールの疎通

ポンプとハーブ

街路樹の木陰は確かに気候が緩和される、しかしながら、街路樹には維持費が掛かる。街によっては街路樹が多いところと少ないところがある。街路樹がある方が、景観が良いけれど。例えば街灯と枝ぶりが重なったり、信号機を葉っぱが隠してしまうこともあるかもしれない。それでも蔦が建物に這っている様子を見るとなぜか落ち着く。理由もなく羨ましい印象になる。桜の花びらや落ち葉を回収するベルトコンベアのついた整備用の船が、街を綺麗にしていたことに改めて気が付いた。それを一部でもDIYできればと素材を探して見る。
入れ物、透明なアクリルボード
厚さ3mm-5mm
200mm*300mm*200mm

200mm*300mm
ポンプから水を運ぶチューブ
外径13mm 内径8mm
サイズが合っていれば透明でなくても良い
ポンプが内径8mm DC12V
プロペラで右から左に液体を流すだけのシンプルな構造
ミズゴケ
スーパーの乾燥ミズゴケを用土にして、山で採れた生水苔を混合
乾燥ミズゴケの中には養生して生水苔に戻る場合もあるけれど、基本的には保湿をするためのもの。
ペットボトルのAQUAの落ちないキャップの構造を、保存容器のゴムパッキンに応用。キャップはパチッと折りたたみができる。シンプルなレゴやプラモデルのように感覚的に正しいマニュアルを実践することができる。中には、複雑なプラモデルのように、パキッとならないプラモデルもある。元々はタミヤが材木商を営んでいたときに、その端材を使ってミニチュアモデルを作ったことがプラモデルの始まり。
iphoneやmacbookのように特殊な星型ネジで中が開けられないモデルと異なり、巷のプロダクトは仕組みが公開されている。macOSXでもBSDやMITライセンスでソフトウェアを補ったものもある。保存容器も完全に密閉するのではなく、ゴムの吸着を使って戸締りを感覚的に確かな体験に変える。
appleもスーパーのチラシも目的に合った物事を見える化、したり体験化して、透明化するというヴィジョンは共通している。ケト土は田んぼの底にある土。土は、葉っぱが落ちてできた腐葉土、火山灰が元になった赤玉土、人工的に作られたバーミキュライトなど様々だけれど、基本的には水はけが良い。乾燥に適した植物なら、少しずつ水をやる方法で、適度に成長するが、沼沢地で育つ、水苔の場合は、水はけがあまり良くなく湿った状態が維持される粘土のような繋ぎがある程度必要になる。
・黒土
・ケト土
は色々な用土のなかで保湿と水捌けのバランスが良かった。基本的には水はけの良い土、または石や、まだ踏み固められていない土に適度に混ぜることで、苔の絨毯ができれば、少ない水でやり繰りできそうだ。今では、かつてウィローモスを栽培した後の水に、乾燥ミズゴケを入れたものをガラス瓶に入れているが、日差しに晒しても乾かない。このような保水性と、イタリアのように半ば乾燥した中でハーブが育っている状態を合わせられると日本的な雰囲気が醸し出されるかもしれない。今までは土選びをしていたが、土いじりをしたことはなかった。図工の時に粘土で造形を作ったくらいだった。なんとか水苔が枯れないようなブレンドの土があれば、容器に密閉しなくても済む。粘土を手で触ってみないことには、わからないことも多い。インドでは、小麦粉を水で練って、鍋と鍋蓋を接着して圧力を掛けて手早く料理することがある。パイ生地でマグカップを包んで、スープを温める洋食と似ているかもしれない。
続きを読む ポンプとハーブ