キャタピラーと歯車

blenderでキャタピラの動きを再現したかった、初めは車輪に沿って履帯が動くというアニメーションで、一輪車のようになっていた。キャタピラは乗用車には付いていないけれど作業用の車に付いている、特長的な動きとしては左右のキャタピラに前進と後退ができるモーターが付いており、左右のモーターの前進と後退で右旋回と左旋回を表す、4輪車と異なり90度の旋回も可能になり、直角の道も走ることができる。blenderの使い方を調べていると、配列でキャタピラのベルトのパーツを作り、カーブに添わせるモディファイアで円弧やベルトが撓んだ動きに合わせている。現実の作業車でも起伏のある凸凹の地形には、キャタピラの撓みが凹凸とかみ合って動くけれど、今回はキャタピラが付いた乗り物をリフトとして活用したいというモックを作ってみようと考えた。作業用の車もエンジニアしか扱うことができず、セグウェイのような乗り物も道路交通法の兼ね合いで、公道を走ることができない。乗り物といえば2輪の自転車や原動機付自転車、バイク、4輪では乗用車やスポーツカー、公共交通機関のバスくらいしか選択肢がなく、あとは目的地までは歩いていくほかない。キャタピラをモデリングすると、車輪の代わりに歯車が付いた乗用車のように思われた。あとは歯車のギザギザと、キャタピラのベルトのギザギザが合致すればモデリングとしては辻褄があう。歯車の間隔と、ベルトの間隔を測る手段がなく、ベルトの内側に規則的なギザギザを付けることで対応した。作業用の車は乗用車のタイヤの部分が歯車になったものというイメージになった。またキャタピラが外れても歯車が残っていればモーターによって前進と後退ができる。今回はblenderのYouTubeの講座で完成形としてのキャタピラが付いた乗り物のイメージが強すぎたために、ディテールを突き詰めるにくくなっていた。プラモデルでも決まったキャラクターのモビルスーツや兵器を作るより、レゴブロックのように初心者でも自由に組み立てられて、パーツなども共有できるという設計思想にこそ本質があると考えている。それはゲームのmineCraftでも同じことが当てはまる。

続きを読む キャタピラーと歯車

リフトと牽引

mineCraftのピストンとレッドストーン を組み合わせて、大掛かりな仕組みを作るような試みは建築物が模倣される段階でもいくつか事例があったけれど、その必要な部分だけを取り出して、それをミニチュアのように用途に合わせて加工することは難しかった。ピストンは一つであれば、レッドストーン 回路もコンセントやUSBケーブルのイメージで任意に伸ばすことができるけれど、ピストンを2マスにすると、ブロックだけでなく地形をまたいで移動したり変化を促せるようになる。その分ピストンのタイミングを合わせるのに回路が専門的になってくる。3つのピストンを組み合わせると、回路はやや複雑になる。ブロックの変化を検知するセンサーの役割を持ったディテクターというモジュールが加わってからは、乗り物は片道だけでなく往復できるようになる。レッドストーン ブロックが現実のバッテリーのような位置付けだったけれど、それがディテクターになり、事例も刷新されることになった。エレベーターなどもピストンを階段状に長大に設置するものから、リフトのブロックをディテクターとスライムブロックが組み合わさったロボットが引っ張っていく形になり、コンパクトになった。エレベーターやリフトの場合は、中継地点になる回路が、タイミングが必要でややコツがいるようだった。カッチリ作るとリフトに囲いができるような形になるけれど、あり合わせのものでは、片方のディテクターに信号を送ったタイミングで、もう片方のディテクターに一定の間を開けて信号を送るという形になる。

続きを読む リフトと牽引