進路とプログラミング

時折雨が降るものの、それほど涼しくは感じなかった。長袖だったこともあり少し暑かった。台風が九州に接近しているので、天気がやや不安定になっている。晴れ間が見えているのに雨が降ったりしていた。事務書類では去年分の源泉徴収票が保管してあることが見つかった。離職票はまだもらっておらず、コロナウイルスに伴う退職勧告を受けている段階になっている。3級の障がい者手帳をもとに定期を無料で引き渡してもらう準備をしている。発達障害と統合失調症のため、それを和らげる薬を服用している。独り言があるというアドバイスから定期的にカウンセリングを受けるようになった。障がい者手帳もそのカウンセリングが前提になっている。なるべく正常な状態に戻れるように努力していきたい。

JAVAのプログラムではJavaFXを用いた図形の描画やボタンの配置を行った。ボタンを押したときにイベントが起こるプログラムは、JavaScriptでは簡易化されており、actionScript3.0のそれに近かった。また、図形の配置ではボーダーペインとグリッドペインというウィンドウ内の領域の定義があり、それぞれの区画には一つの要素が描画されるようだ。参考書のサンプルプログラムではテキストエリアとキャンバスの要素が同時に重なってCenter区画に設置されていたので、テキストエリアが表示されていなかった。キャンバス要素をRight区画にすると、テキストエリアと重複されずに表示されるようになった。また、ボタンを押して、チェックボックスを選択したときの動作で、コンソール画面に文字列として結果を渡すプログラムを追加した。これもJavaScriptやJQueryなどのフレームワークではなかったタイプのプログラムになった。とはいえ、JAVAのプログラムはパソコンのローカル環境でしか動かないので、実際には別の言語やシチュエーションに置き換えて当てはめる必要がありそうだ。ウィンドウ上に配置されたボタンを押してからデータの受け渡しだけでなく、そこからイベントとして図形の描画もできるようだった。参考書のプログラムを実行すると、黒い四角形が描画されるだけだったので、それに対応する描画の部分を特定しないと意味合いが分かりにくかった。結果的にはテキストエリアと図形の描画を同時に行えるようにプログラムを修正することができた。

続きを読む 進路とプログラミング

その日暮らしの経緯

どうにも、心理的なバランスのとり方が上手くないようで、ドジを踏んでしまう。スマートフォンのメッセージはチェックしきれないし、電車はついつい乗り過ごしてしまう。ここのところ日雇いのようだと思い込んでしまって、明日の予定が分からない日が続いたこともあり、感覚はマヒしていた。独り言を言わないとして口を固く塞いで、一人で行動しないように最大限に合わせたつもりだったが、ベストを尽くしても至らないこともあるようだ。悪気はなかった、考える暇もそれほどなかった、それでも状況判断に合わないときもあるようだ。以前はスーツの襟が経っていることでレジに呼び止められたことが合って、それから運が悪くなったとしても、正直なところ、余計なお世話だと思って苛立ったこともあった。初対面の人にわざわざそこで言わなくても、としてもついつい言いたくなってしまったようだった。それだけ気にかけられているとも考えられる。細かいことは、なにに気を利かせたらいいか分からないこともあって僕は苦手だった。とくに隠し事もないけれど、ボーっとしていることが多いのいかもしれない。想像力を働かせて状況が分かりやすくなる時と、そうでなくなにか行動を取る必要があるときがあった。かといって気を利かせようにもどこをどうしたらいいか分からない。とくに何も考えていなことが、かえって裏目に出てしまった。明日の処遇も分からず不安がよぎったけれど、とりあえず両親に伝えられればと考えていた。脅しに必要以上に影響されてしまっていた。気を確かに持ちたいところだが、どうにも浮船のような不安定な状況で、見通しも悪く予測が立てにくかった。

ここ二年間くらいはずっと明日が昨日よりはいい日だろうとして、一人でも歩んでいくほかなかった。それは仕方のないことだと思っていた。人に気を遣えるのは、僕の良いところだと思いたい、または社会のために良かれと思って一生懸命になれるところも、長所と考えることもできる。ともかくも、いったん不当な扱いが潜む不安定な状態を話して見ても、仕方がないところもある。引っ越し前に家賃が引き上げられて、図らずも隣町に引っ越さざるを得なかったのも、どうにも事情を説明しにくかった。住吉に住んでいることは有り難いけれど、そこに安心して帰ることが困難な状況になることは避けたかった。べつに自分が自由になりたいからというわけではなかったが、どうにもなにかバリアのようなものがあるように感じた。先日はそんな不当な条件に義理を立てる必要はないということで、安心もしたが、翌々日になって深夜残業や単純作業による減給がないことでホッとした。かといって昇給でもないために、どうすれば現状を維持できるかと縮こまってしまった。ここ数日本当に右も左も分からず、どうしたらいいか分からなかったのは事実だった。

続きを読む その日暮らしの経緯