仮想環境とレトロゲームと自炊

仮想環境のVirtualBoxにwindowsXPをインストールすることにした。セキュリティの関係上インターネットには接続できず、オフラインの環境になる。学生のときにプレイしていたレトロゲームで思いついたものとしてCivilization2をインストールする。Windows10の互換性モードでは動かなかったソフトウェアが、仮想環境で動くことができた。動作は少し重かったが、マウスカーソルは、現在のウィンドウと連続して使えるためスムーズではある。ポイントとしては、Civilization2のゲームを起動したときに、会議のビデオが映って、遺産の7不思議のアニメーションが動くこと、また外交のCGが表示されていることで、ゲームの再現性が確保されている。最新版はCivilization6でsteamというオンラインアカウントで動いている。FreeCivというCivilization2をベースにしたフリーソフトもあって、ブラウザ上だけでなくインストールしてデスクトップで実行することができるが、ゲームとしてのまとまりを考慮すると、civilization2がシンプルで繰り返しプレイしても、その都度マップが更新されて、ユニットの行動パターンが変わって新しい発見がある。

Civilization4はVirtualBoxにグラフィック用のDirectXがインストールできないので、steamのオンラインアカウントを使用する形になっている。windowsOSのバージョンが10になり、windowsXPだけでなく、windows7もサポートが終了してインターネットに接続できない環境になることが予想される。以前にはレガシーブラウザの表示確認のために、windows7とデフォルトのInternet Explorer7の仮想環境のイメージがあったが、アカウントの有効期限が90日になっていた。Internet Archiveという過去のログを収納しているライブラリから、windowsXP SP3日本語版のCDイメージがシリアル番号とセットになって保管されているため、その環境でのソフトウェアの再現には持続性があった。windowsXPに対応したOfficeXPのシリアル番号は有効でなかったので、日本語版だけでなく英語版も探してみようと思う。スマートフォンはmiHoyoのゲームの容量がやや大きいが、ファイル容量はまだ10GBほど空きがあり、カメラや動画を取ってGoogle Photoにアップロードすることはできそうだ。ゲーム機は持っていないためにパソコンまたはスマートフォンでできることを見つけられたらと思う。Civilization6でも現状のノートパソコンでも動作したけれど、グラフィックが2Dで一覧しやすいレガシーバージョンにも色あせない魅力がある。パソコンのゲームはスマートフォンよりわかりやすく、続けやすいための取り掛かれる要素が見つけやすい。

続きを読む 仮想環境とレトロゲームと自炊

スマートフォンと段ボール

スマートフォンの画面をプロジェクターに映したり、ゴーグルに映して擬似3Dを体験させるアイデアや仕組みが、いくつか見られた。もし、スマートフォンレトロなテレビの枠に当てはめるとすると、擬似3Dの仕組みと似ている。スマートフォンがあたかも風景の一部に溶け込んだかのようなコマーシャルやイラストも印象的だ。そのためには枠組みが限りなく細いか、主張しないというデザインが効果的に見えたが、ある程度規則的な形で、黒い枠でも3Dゴーグルに当てはめることができる。特にスマートフォンの枠に色がついていなければ、もともと備わっているCPUとインターフェイスを実用的に運用することができる。ガラスは透明ではあるものの落とした時の強度が弱いとされてきたが、強化ガラスや、薄い保護フィルムもプラスチックからガラスに変わってきた。iPhoneXでは従来のiPhoneからホームボタンがなくなったモデルだけれど、androidではホームボタンが平面で目立たないようなモデルもいくつかある。

それでもスマートフォンを何台も持ち歩くことも、連絡用に持っている機種以外ではできないので、エミュレーターがパソコンに備わっている状態から、試行錯誤を試みる。パスを確認してコマンドラインから、SDKやXcodeだけでなく、単体でエミュレーターを起動させるところまではできたけれど、androidのhostファイルを上書きすることができなかった。エミュレーターやVirtualBoxのローカルアドレスはいずれも、10.0.2.2だった。VirtualBoxでwindowsを起動してUSBケーブルから書類を開いて、macOSに送って開けることができた時はパスが繋がった実感がもてたけれど、実際にはセキュリティ対策でUSBケーブルは、外部のパソコンに繋ぐことは難しいようだ。USBケーブルはスマートフォンやバッテリーの充電に使っているものの、用途が決まっていないところでは、持ち運ぶよりその特長を観察して、自分なりのアイデアや仕組みを考える時間を多く取った方がいいかもしれない。ダンボールのケースがあったとしたら、どのような用途で活用できるだろう、

続きを読む スマートフォンと段ボール

旧タイプからのやさしい立て直し

InternetExploer8にはwindows7のデフォルトのブラウザだ。
MicroSoftのリファービッシュプログラムにより、サポートが終了したOSでもデータの普及などで動かせるようになっていることがある。IE8は家庭では使っていないけれど、ホームページの仕組みを確かめるために仮想環境にインストールしている。
もともとWindowsXPがとても画期的で汎用的だった。Windows95では初めてGUIが採用されたところに青い枠がついて実体化した。マウスでRPGのマップを冒険したり、マニュアルで気になった単語をコピーアンドペーストをすることができる。プログラマによれば、マウスよりショートカットの方が早いということだが、興味関心があるPDFやパワーポイントなどのプレゼンテーションの資料を目にした時、マウスがあると書いてある人の人格が想像しやすく、どこか安心する。PC-98のマウスにはゴムで覆われたボールがあって、そのボールにホコリが溜まっているのを掃除するとそれだけ動きがスムーズになる。マウスにはパソコンの画面の中にX座標とY座標があって、そのターゲットに正しく矢印があると理に叶っている実感がある。
続きを読む 旧タイプからのやさしい立て直し