blenderの地球儀

blenderの地球儀のアニメーションで公転の動きが一か所だけぎこちなかったことが気になった。タイムラインのキーフレームの加速度を二次関数から直線の一次関数にアンカーポイントを直すことで改善した。月の公転と自転の周期を同じにすることで、常に同じ面を地球に向けるという動きは再現できた。ただパスアニメーションで向きを逆にする必要がりキーフレームを始点の1にしたときにX軸に太陽と地球と月が揃っていたが、月だけポリゴンの360度を32で割った角度だけ傾いていることになった。地球の自転と月の公転を同じ向きにするためには、月の軌道を逆にする必要があった。また月だけでなく人工衛星を配置しようと思った。もともとはGPSなど普段のスマートフォンやウェブサービスでも人工衛星の存在は、ITの分野では特長的になっている。またSF的な関心からも人工衛星がどんなものかを知っておきたかった。人工衛星は月と成層圏の間に位置しているが、地球の自転の早さより早いものもあれば、遅いものもある。人工衛星にはロケット燃料が付いているわけではないのに、なぜそんな速度がでるのかは新たな疑問になった。太陽電池が羽のように付いているのも印象的だった。もともとblenderの機能が把握するために、回転といえば惑星の動きという連想で始めたものの、blenderのコクピットの操作版のようなUIは、細かな調整に良く対応していた。人類が月に到達したときは、パソコンは大型のもので、家庭用のノートパソコンに比べるとはるかに少ないスペックだったという。またスーパーコンピューターの京では、普及価格帯のパソコンに搭載されているintel core i7に比べると、分厚く重い基盤になるが、性能は一回り小さかったと、YouTubeでは解説されていた。パソコンの仕組みには、性能だけでなくモノづくりに関わる人を勇気づける仕組みがある。

続きを読む blenderの地球儀