教育とミス

前段で不安に陥れるという手法はそれだけ話をじっくり聞いて欲しいというテクニックだと思うけれど、僕はそこまで賢くない。気持ちは分かるけれど、それがすべて正しいとは思わない。正しいと主張する人の話をなにより優先する必要がでてくる。解熱剤を使っても熱が下がらない場合は、新型コロナウイルスの疑いがあるとして然るべく医療機関に診断を受けるという勧告が作業場でもあった。

マネジメントの後続の実践論はまた出ておらず、不安と試行錯誤のなかにある。そこに依存するわけではない。また経験がなかったり、正しい答えを理解していなかったとしても、取り組めることはあると考えている。なにより、結果だけを追い求めると椅子取りゲームになって、そこで誰かのミスでも、または自分のミスでも上手く協力関係が保てず、コミュニケーションが円滑に進まない。心理的に、大幅に遅れるといってそこから急いで挽回すれば、比較的頑張ったように見えるが、少しでも遅れまいとして少なめに申告して、そこで予定より遅れるとさらにウソを付いたことになり信頼が保てなくなる。

また同僚は、ミスがあった自分を認められず、サービス残業をして挽回しようとしていた。経験者に比べて、仕事の勘所や容量が掴めないため、比較的多めのタスクを割り振られて、それを自分一人ではこなせず、手助けが必要だと安易に頼んでしまうと、自ら一人前でないことを認めることにもなってしまう。ノートには僕よりびっしりとそれなりに理路整然とノウハウを書き綴っていたものの、それが実践できずミスになったことで、なぜノートを見返さないのかという詰問に、返す言葉を失っていた。経験が少なく、ミスもある状況で、いかにしてサービス残業をせずに、経験者の助力を頼むことができるかを僕は考えたいと思った。それは安直すぎると、考えがない安易に人に頼っているということにもなり無責任にもなりかねない。僕としては、専門用語を理解しているという旨の同意でしかコミュニケーションが取れないという状態も圧力が掛かっており、緊張感に順応すべき、またはミスをしてしまったときに、他の作業に影響しないように心理的にも物理的にも立ち直る必要がある。

注意にも怒ると、叱るがあり、今回はミスに対してそこまで執拗には叱られなかったが、それが逆に同僚が気にし続けてしまうことにもなっていたように思われた。帳票の中には一般の消費者にも配られるものもあり、そこで数をこなせばそれだけ社会貢献につながることが本人にも理解していたためにノートも一生懸命取っていたし、それについて教わることも多かった。朝には優しい語り口でアドバイスをするように、先輩の担当者が教えていたが、それがノートではなく、傾聴しようとしてメモ帳に書いたことを覚えていられなくなり、手順を読み飛ばしてしまったので、優しくアドバイスした先輩は気分を害することになった。帳票の作成や確認は責任を伴うものだからこそ、指導にも熱が入り、反省もより自省的になるが、それが自分はこれだけ我慢しているのに、ほかの誰かが施しを受けるのが耐えられないという不満が表れてしまったのかもしれない。

続きを読む 教育とミス

時事問題と日常

新聞には中国の新型コロナウイルスの船内感染についての、ニュースがあり、一般的にはうがいと手洗い、アルコール消毒の実施を習慣づけることが追加されている。中国の内陸部の都市、湖北省武漢に渡航した旅行客を媒介して肺炎が伝染して、死亡した例もみられている。中国と日本を行き来するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では集団感染が起きて、感染対策が不十分だったことを指摘するYouTube動画で告発した神戸大学の岩田教授の動画は議論を呼び、やがて動画自体が削除されることになったという。

クルーズ船の船内の感染予防対策が、厚労省でも議論されるようになっていた。中国本土の死者は2000人を超え、社会問題となっている。イギリスのBBCでは検疫の過程が不十分だったと見解を示している。テレビを付けるとニュースでも新型コロナウイルスと国内の感染例について特集が組まれている。Twitterでは、クルーズ船の様子が中継されているが、問題がある様子は見られない。中国国内を除けば、日本国内では最大の集団感染の場所になっているために、注目が集まっているが、専門家の間でも責任の所在や意見が分かれている。ウィルスが存在するとみられる区画と存在しない区画が明確でなく、そのために集団感染のリスクが高まったという。死亡する感染者の割合で高いものは高齢者や既往症のある感染者になるという。

大阪に在住する中国人の華僑団体や中華系企業が、日本全国の協力企業や個人から寄せ集めたマスクや医療用手袋を母国・中国に送ったという。中国国内では新型コロナウイルス感染者を受け入れる医療従事者の院内感染も深刻な問題になっている。院内の病院長が感染して死亡に至るケースもあるという、新型コロナウイルスの感染ルートとして霧状に浮遊する粒子に混じったウィルスを吸引する「エアロゾル感染」の可能性があるという。その場合、日常でも手洗いやうがいマスクの着用の習慣が意味を持ってくる。このように世論にさらされるなかでモチベーション(士気)を保つことは理性だけでなく、実践的な方法に基づいたアドバイスも必要になると考える。

日本国内ではまだ症例は少ないが、作業場でも告知が出ていたりと世情の変化を感じる。産経新聞のアプリケーションを開いてみると、解説の記事があった。またBBCの日本語に訳された記事でも、まったく医療的な予備知識がないなかでも実情に寄り添える想像力が養われる気がした。そのきっかけはTwitterの写真とテキストだった。今回は新聞だけでなく、写真や動画を踏まえたインタビュー記事が役に立った。

続きを読む 時事問題と日常

協業の接点

朝起きて、コンビニで前身入れ墨をした男性にお金を要求される。まるで以前にも合ったかのように覆いかぶさってくる。財布には500円玉が入っており、それで朝食代にと渡した。断ることもできたかもしれないが、凄まれるのも怖かった、彼は生活保護を受けているという、その真偽は確認できないが、断らないことで親切さを表そうとした。

怒っていることと叱っていることは異なるというアドバイスを受ける。同じ人でもいつまでも機嫌が悪いわけでもなく、要求したことと言動などにも影響されるという。僕は相手にこうすればという風に指示をしたことがなかったので、相手の立場に立てないことがある。業務である以上馴れ合いや学校のような和気あいあいとした雰囲気でもないけれど、ともかくは協力するためにできることを模索したい。

また僕は相手に伝言をしたことも経験がなく、僕のことは別に忘れてもらっても構わないというスタンスだった。そのため、どれだけ前かは知らないが一度言ったことを忘れたとは言わせないぞというメッセージの強さが分かりにくかった。僕個人では相手にそのような一方的な要求をしたことが無かったからだった。またボールペンが先輩と偶然同じ種類と形だったためにどちらのボールペンか分からなくなってしまった。後になって返してくれと言われて、慌てて作業机に同じボールペンが無いか探すことになった。偶然同じ種類の赤と黒と青の多色ボールペンの種類が被ってしまった。どちらかというと譲りたかったが、それがないとポケットに書くものが無く、指示書にチェックができない。ボーっとしていると忙しそうにしている先輩とうまく連携出来ないが、僕個人としては次にどう行動したらいいかを考えているときでもあった。専門用語が分からず、メモに書いたことを羅列しても通じなくなってきた。そういったときに上手く趣旨がまとまっていないと工夫できない、その方法は考えろとアドバイスを受ける。

続きを読む 協業の接点

協業のための準備

今日の朝の当番で、控室のゴミ捨てと給湯ポットのお湯を交換する、ポットのお湯はほぼ満タンになっていたので、すでに交換済みかと思っていたが、だれもポットには手を付けておらず土日をまたいだ2日前のお湯だということを聞き、ポットの中身を交換する。また控室ではビニールは燃えないゴミになるが、日常の分別でもビニールや包装紙を分けて見ることにした。またゴミ袋を作業場に取りに行くときに、金属探知機の荷物検査があるため、財布とカギを棚に入れて置く。また指示書には予め、書類の挟み紙を今日の日付に置き換えて準備する必要があるとのことだったが、そのことに気が付かなかった。指示書を確かめて、その内容を質問するところまでは試みたが、業務の準備に対して必要な条件を満たすに至らない。予め書類の用紙を倉庫から取り出し、作業場に台車を運んでいく。台車の搬入では、多少腕力はないけれど、必要な数の段ボールを運ぶことにした。

書類の書損を纏めるときに、チェックする人が帳票のページをめくり易いような向きがあると知って、取り組み始めたときには何枚かは逆に書いてしまっていた。綴り紐が横に付いているので、その向きでページをめくり易いようにということは同じ轍を踏むまいとしていたが、ミシン目から見て上下は、判別が付きにくく、教わってもすぐには分からなかった。メモしようとしてはいたが、数字を記憶することまで頭が回らない。確認するには数字を復唱したり、ページをめくりながら、書損に実際のデータが含まれていないかをチェックすることも効果的だという。手順を理解しないまま進めると、確認も適切にしにくくなっている。書類は束になると、先頭と末尾の番号を確かめるのも、書類に折り目を付けるリスクが生じる。書類をそのままの状態にしたまま、番号を確認する工夫ができればと思った。

印刷する書類が多くなると、段ボール箱にまとめて格納する必要がある。そのときの番号と箱の数え番号の書き方を教わる。書類を印刷する中で、途中で用紙を交換していると、書損の前後が2セットできる。用紙を交換するくらいの書類の束になると分厚くなり、先頭と末尾の番号を確かめるのに、書類の置き場所を確保しながら、慎重に作業する必要があった。これらの書類は、必要な利用者の生活に関わるデータを扱った書類として、とくに慎重に丁寧に扱う必要がある。一般的な作業で有れば、分業すればするだけ効率的になるが、ノウハウを理解した人が丁寧にバトンをリレーする必要がある。今日はそういった書類の束の箱の絶対量が多く、経験者でも時間と労力を要する作業だった。そういった中でも書損の向きや、数字の読みやすさなどを意識して、ミスの多い拙速であることよりも、丁寧で確認がしやすい準備や対応を心掛けて、自他共に手間が掛からないようにしておきたかった。しかしながら、作業の概要を掴んで予測が付けないと、作業のときに注意するポイントも分かりにくくなってしまう。できれば効果的な手助けをしたいけれども、うまく組み合わさっていかず、出戻りもでる。

続きを読む 協業のための準備