協業の接点

朝起きて、コンビニで前身入れ墨をした男性にお金を要求される。まるで以前にも合ったかのように覆いかぶさってくる。財布には500円玉が入っており、それで朝食代にと渡した。断ることもできたかもしれないが、凄まれるのも怖かった、彼は生活保護を受けているという、その真偽は確認できないが、断らないことで親切さを表そうとした。

怒っていることと叱っていることは異なるというアドバイスを受ける。同じ人でもいつまでも機嫌が悪いわけでもなく、要求したことと言動などにも影響されるという。僕は相手にこうすればという風に指示をしたことがなかったので、相手の立場に立てないことがある。業務である以上馴れ合いや学校のような和気あいあいとした雰囲気でもないけれど、ともかくは協力するためにできることを模索したい。

また僕は相手に伝言をしたことも経験がなく、僕のことは別に忘れてもらっても構わないというスタンスだった。そのため、どれだけ前かは知らないが一度言ったことを忘れたとは言わせないぞというメッセージの強さが分かりにくかった。僕個人では相手にそのような一方的な要求をしたことが無かったからだった。またボールペンが先輩と偶然同じ種類と形だったためにどちらのボールペンか分からなくなってしまった。後になって返してくれと言われて、慌てて作業机に同じボールペンが無いか探すことになった。偶然同じ種類の赤と黒と青の多色ボールペンの種類が被ってしまった。どちらかというと譲りたかったが、それがないとポケットに書くものが無く、指示書にチェックができない。ボーっとしていると忙しそうにしている先輩とうまく連携出来ないが、僕個人としては次にどう行動したらいいかを考えているときでもあった。専門用語が分からず、メモに書いたことを羅列しても通じなくなってきた。そういったときに上手く趣旨がまとまっていないと工夫できない、その方法は考えろとアドバイスを受ける。

続きを読む 協業の接点