思わぬ不調と向き合う

ハーブの根が5リットルくらいの容量のプランターに根付かない、ガラスの容器やペットボトルに水を入れて挿し木が2-3日で根を貼っている状態になった、それで、大丈夫だと思ってプランターに入れてみるとその日は、葉が少し痛んできたけれど、根には土が付いていて無事かと思っていると、一日くらいで蕾まで萎れてきていた。なんともよくわからない、土と苗の相性がまだ分かっていない。それに比べれば、ポンプを使ったり、ポットを使えば、成長が安定している。それでも紆余曲折はあったけれど、向き不向きがあるのかもしれない。家には農薬がない分、肥料は同じ鉢で2年目になると、必要になる。できれば堆肥を作ることを視野に入れてもいいかもしれない。リン酸と窒素が結合するとややアンモニア臭がする、その程度によって肥料の上げすぎかそう出ないかを測る物差しになる。今年の1月には雪が降っていて、ベランダのハーブにも雪がかかっていた、その時はハーブにもそこまでプランター全体に渡っておらず、気まぐれに作っていたサツマイモが蔓を伸ばしていた。また、中には栽培が上手くいかなかったものもある。それでも継続してハーブは形を変えながら伸びていた、手で積む方式からハサミに変えたけれど、切り口が萎れずにすんで、保存が効くというメリットがあるものの、それだけが挿し木の成功率向上に役立つわけでもなかった。すると他にどのような可能性があるのかと、色々と質問を準備しようと思った。サボテン科のグラパラリーフをインターネットだけでなく、ホームセンターでも買ってみた、僕の育てかたがあまり良くないのもあるかもしれないが、苗は実際に見たり手に取ったりして、自分に適したものを探すほうがいいのかもしれない。するとインターネットでは、何を得るかだけでなく、どうすればそこで誰かと相談できるかということを具体的に考えたほうがいいかもしれない。
続きを読む 思わぬ不調と向き合う

草木を育てる仕組みを考える

プロ意識は、もともとそれが日常でないという壁から生まれている。ある分野だけに優れていても、長い視野では効果がないこともある。最近共感を覚えるテーマが挫折だった。漫画だけでなく小説も業務時間には読むことができない。比較的文章の方が絵よりも、抵抗が少ない。何かをやりたくてもできないというそれぞれの事情が、条件を厳しくしている。一方で、ゲームなどは慣れた人はリセットすることの思い切りの良さを知っている。僕はそういった場面でも初めてそれを体験した時のことを片隅には置いている。ネットワークのスキルをお互いにあげようとしても、だんだんと理想だけが高くなっていく。
最近は庭に水をやることが趣味になっているが、それがすぐにハーブや草木の成長になったことはあまり多くない。いつ草が伸びているかもわからない。よく専門性の高い庭師によると、あまり水をあげ過ぎず、肥料も少なめにするのがコツというけれど、必ずしもそれは現実的ではない。補給や具体的な方針が整っていないままでは、庭師の技術だけがあったとしても、それが反映されるかどうかはわからない。アルファルトに誰も水をあげていないのにひとりでに雑草が生えているのを見たことがある。それを摸して芝生用のクローバーの種をペットボトルにどこにでもある赤土を入れて試してみると、はじめの数ヶ月は全く効果が出なかったが、ウォードの箱という密閉したガラスかプラスチックの中で植物を育てると、容器は光を通して水を蓄えるので、なかの植物にはほとんど水をあげなくても光合成だけで少しづつ成長していく、ペットボトルではあえて蓋を開けたままにして、成長に蓋をしたくなかったのだけれど、代わりに水もわずかな隙間から蒸発するという矛盾があった。しばらくするとクローバーがその葉っぱで蓋をするようになって必要な水が少なくて済むようになった。しかしながらどのような条件でそのようになるかは今だにわかっていない。もともとウォードの箱も東南アジアから船でイギリスに植物を輸送するときに瓶の中に保存すると、鮮度が保たれるという発見によるものだった。とはいえ、家では水苔の保存に使っているけれど、同じ容器に三つ葉を入れてもふやけて萎れて水苔だけが残った。
続きを読む 草木を育てる仕組みを考える

入り口から出口までの過程

嫌がらせがものを知るための最善の方法なら、そうすればいいだろう。僕は本性さえ怪しいと思っている。勘も当たる事もあれば外れる事もある。お金が絡んでくると嫌がらせになりやすい、ではお金にこだわらなければいいかというと、博打の要素をタイミングよく受け流す必要がある。世の中の底辺でなかったとしても、現状に不満を持って、他人に寄りかかる人がいる。
社会人になるまでは、そう言った寄りかかりはなかったので、物珍しい部分はある。アイドルの人気投票も当たる事もあれば外れる事もあるが、それを誰かにモテている、ちやほやされているとするのは、あまり想像ができない。噂もされるより、する方にもリスクがある。人の口に戸は建てられないけれど、構ってちゃんというタイプがある。それは言葉や仕草が普段、話し合われたりすることがなかった事もある。それよりも遠因としては、作業とは関係のないところで誰かに操られているようなところがある。その影響力によっては、どっちに付けばいいかをそれぞれが知らないことが多いなりに気を使いあっている。不思議なことに大体においては、それほど的外れでもない、その精度も一宿一飯の恩義のようなもので絆が付いた方が、グループに対する定着率は高い、気がついたらそこにいるくらいの存在感がある。僕はあまりそういった依存をしないようにしているけれど、特に人間関係で困らない。
パソコンやゲームで関数を使うと、作業をまとめて自動化することができる。これはヴァーチャルな、液晶画面で、記号を用いて作業されるので、そこで同じように動作させれば、相手をコントロールできると思う人も中にいる。とにかく手癖を真似にしょうとする。業界ではセクハラと度胸試しと、我慢比べが信頼を図るためのものさしになっている。それらは、昭和年代の高度経済成長期に養われたものが多い。平成になって歴史の教科書にもコンピューターが出てくるけれど、まだエクセルと家計簿の違いは文系の資料からでは読み解けない。目的もないまま、下を向いてただやるべきことをやり切るとだけ教えられてきた。その過程で相手より優れていると思われる感覚は、隣の人よりも我慢したり正解数が多かったときに反応するようだ。しかしながら人生の目的はそれだけでは分からない。高校より暇を恐れて、売り場のレジに立って接客を覚えながら夜間学校に通う。戦前よりもハードワークとも言える環境で、そこでしか得られない価値観があるかもしれない。確かに短期的にはそれでやる気がつくけれど、それが持続する人は少ない。気持ちを持続されるためには、何かに依存していることが足枷になる。
また、自分のいうことを都合よく聞いてくれる相棒がいたとしても、それは友だとも家族とも違ったタイプでもある。民主主義は利益をグループにもたらさない、それでもそれ以外の制度では、ある種の独占になる。今までの経験では嫌がらせが一種のコミュニケーションツールになっている。丁寧で流暢な言葉ではそれがハッキリして正確なメッセージだとしてもなかなか素直に受け入れられない、パソコンでは手書きの文章と異なり、ボタンを押すだけで意図したことが出力されるので、なかなか有り難みがないとされている。アメリカのマーク・トゥウェインは各地を講演しながらも、ワープロのアイデアを考えていたり、イタリアのオリベッティ社は、タイプライターで文章を書くだけでなく、アスキーアートのような遊び心があるものにした。
続きを読む 入り口から出口までの過程