学びの場の運営について考える

あまり、人が他人のことを言うことは、興味が湧かない。たとえ能力や才能があったとしても、生き馬の目を抜いたり、鬼の首を取ったようなと言う手柄を誇りたくない。僕には能力がないことを自覚している。
あえて背伸びしたいことがあるとしたら、
・価値観を磨く
・実学を身につけて、伝える
・次の世代に役立つエッセンスを突き詰める
いっそバーチャルだと思えばいいんだ。僕は、日常では生活のために利己的になったりするけれど、シミュレーションゲームでなら自分ではプラスにならなくてもより良い結果を出すために敢えてタイプではないやり方も採用するでしょう。実は、それが本当の現実だとしたら?どこまでが本当で、どこからが嘘なのかわからない感じだ。それに人をどうこうするのが苦手て、目を合わせてどっちが優れているかを意識するだけで相手を傷つけることもあるかもしれない。自分では、そう言うつもりではなくても無意識に相手を不快にさせていることもあるかもしれない。管理することに意味はあるのだろうか、意味など一人では作り出せない、集団の中でそこにしかない意味が生じて、そこで如何に貢献するかで身の振り方も変わってくる。
権力に例えると、与党と野党みたいなもの。日本では与党も野党もあまり区別がつかない。
大まかには江戸時代から土佐藩の中立で薩摩藩と長州藩が同盟して、明治維新が起こった枠組みが、戦後も続いている。
その中でも、小池百合子都知事の都民ファーストの会がすんなり通ったことが、小気味よかった。
元々人脈づくりは仕事の上であったかもしれないが、思っても見ないマニュフェストを掲げて誰も行わなかったことに挑戦することが、むしろ僕たちを安心させた。現代になって公と言う概念が、多様化している。
社会人になると友達を選べなくなってきた。誰でも友達でなく他人と言われると比較的落ち込むので、可能な限り親切にすることにしている。一方では、良く思われたい心配が濫用されることで、目的を見失うこともある。
夏目漱石の草枕の冒頭から、
智ちに働けば角かどが立つ。情じょうに棹さおさせば流される。意地を通とおせば窮屈きゅうくつだ。
とかくに人の世は住みにくい。
続きを読む 学びの場の運営について考える