自律的な共同体

mineCraftの農場の面積をコンパクトにした方が、活用しやすいという裏付けを取ることはできなかった。建物の回廊を作る時に、同じ柱をクローンすることで均整を取るという建築方法があった。モノづくりは基本的にはチームで行う、僕の場合は妙に孤立してしまっているが、いつでも協力の可能性は否定していない。一人で行う場合はプレハブ建築を参考にする。作業場でコンテナを作って、現場ではレゴブロックのようにユニット同士を組み合わせる。すると限られたスペースにいかに効率的にモジュールを詰め込むかが量産するためにも必要になってくる。また農民のAIの壁を繋げることで、共用スペースにAIが散歩するようにした。縦5マス、横5マスの農場は初めの2つは左右対称に手で一つずつブロックをコピーした、cloneコマンドによって、2セットを2つコピーすると、合計4つになる。余った作物を入れるためのレールとパワードレールはcloneするとジョイントがちぐはぐになっていなので、線路を引きなおすことにした。作物やチェストボックスの中身は正確にコピーされていた。3Dでは奥行きがある。10cmの立方体には、縦と横と高さの3乗の容積になる。1㎝四方のブロックが1000個中に納まることになる。複製したブロックも合計1155個になった。もし農民のAIによって植え替えを自動的に行うことを前提にしなければ、農場は水溜まりで耕地を湿らせることができる最大の広さ9マスを目いっぱい使った広さになるが、その広さに一つずつ苗を植えていくことは効率が必ずしも良くなさそうだ。

鉄の資源は、地中深くまで掘り進める以外では、村人が住居の近くに召喚するアイアンゴーレムから取得する他に手段がないため、資源が溜まるペースは鉄が十分に取得できれば、食料は多少収穫の効率が悪くても、そこに適応したシステムの構成が妥当だと考えた。とはいいえ、ホッパー付きトロッコのアイテム吸着作用がホッパーにも備わっていれば、畑の下をガタンゴトンとトロッコが往復しているパターンはそこまで馴染まなかったかしれない。

小麦は雑草を収集するときにも種を拾うことができる。ジュールヴェルヌの神秘の島という小説では、ポケットに入っていた小麦の種を土に植えてそこから繰り返し作物を増やしていったという。mineCraftでも開拓の途中で偶然手に入った種を空いた土地に植えてそこから増やすという方法もある。現実には種から育てることは難しく、すでに育った苗を選り分けて挿し木や継ぎ木をして増やしていくことが多い。例えば桜の木も同じ苗木を接ぎ木して、それぞれの町の街路樹になっている。

続きを読む 自律的な共同体