熱中症対策とトロッコ

8月になって気温があがり、一時的にベランダの温度計は42℃になっていた。日当たりが良い時間帯だったためと予想される。そこまで暑く感じないが、熱中症には気をつけるような温度ではある。室内は扇風機でもやや涼しいが、それだけで十分かどうかは分からない。エアコンもあるので、暑くなったら使おうことも選択肢に入れておく。外に出るとやや汗ばむけれど、生暖かいくらいでそこまで暑くなかった。アスファルトも熱反射が少ない素材になっているようで、涼しくないくらいの感じだった。

mineCraftでは、ネザーワールドを探索することにした。ネザーの座標と地上世界の座標は対応しているようで、村の座標を8で割った座標が、ネザーワールドの対応した座標になる。1.16になってから、拠点の位置からネザーポータルを開くと玄武岩のブロックがある地帯にワープした、できればネザー要塞や赤や青の森を探索したかったが、ネザーワールドにおいて手掛かりがない、まずは別の村に移動するためのトロッコのレールを敷くことにした。階段状の斜面にもパワードレールを付けることができ、トロッコは坂道を登ったり下ったりできるようだ。途中、ピグリンが線路にいてトロッコが止まることもあるが、再びマウスクリックしてパワードレールのある地点まで漕ぎづければ、トロッコはそのまま目的地まで動くことができる。または溶岩の池がある広い空間を目視でネザー要塞や森を探すという手段もある。古代のガレキはレアアイテムになるが、スマートフォン版で偶然ひとつ見つけたくらいで、産出確率の高い地下にもぐると、位置関係が分かりにくくなるため、まずはネザー要塞を探すことにする。ネザーワールドには昼と夜がないため、灯りを置いた部分が暗くなることはないようだ。溶岩の池にはストライダーがいる、溶岩の池に生息する足が二本ある珍しい生き物だ。トロッコのレールからでもマグマキューブやピグリンなども垣間見えている。トロッコのレールを村と村とを繋ぐのに活用したのは、効果的だったと思われる。距離が長く、地上ではベッドを使って何泊もして、長距離を探索するところが、ゲーム内の時間でも日帰りで村と村に移動できる。位置関係は地上ではコンパスが使えるが、ネザーワールドではコンパスが方位を示さなくなり、座標で位置を把握するしかなくなる。

続きを読む 熱中症対策とトロッコ

季節の変わり目と準備

朝起きてみると、涼しいを通り越して少し寒かった。毛布を引っ張ってきてしばらくじっとしている。雨が降っている様子もなかったが、曇ってはいるようだ。ベランダの温度は23℃くらいになっている。昨晩から気温が涼しくなっていたが、寝る前と寝ているときはそれほど涼しくもなく、寒くもなかった。寝ているときに体温が下がって、比較的涼しく感じるのかもしれない。そうなると蒸し暑い日は、温度が夕方から変わっていない状態で、そのまま寝るときにそう感じるのかもしれない。かつてmacBookをなまし銅管に乗せていた時に水平にキーボードが置けるように用意した、熱伝導性の高いアルミニウムの穴あき板の余りがあり、足の裏が熱いと思ったら、足をアルミニウムの板に付けるとすこし涼しくなる。天気予報では西日本が30℃を超える暑さになっており、東京の天候とは対照的になっている。今日も扇風機を使わずに過ごせるくらい涼しかった。8月になるとこのような気候ではなく、梅雨も明けていて、扇風機だけでは過ごしきれないような暑さがおとずれるかもしれないが、今のところ5月の晴れた日に少し暑かったくらいで、そこまで気温は変わっていない、しかしながら水冷ユニットでは氷が作れないくらい、温度が底上げされており、季節感はあまりないけれど、温度分布は変わってきている。服装もTシャツを買ったつもりが、少し長袖になっており、夏にはTシャツのほうが涼しいけれど、このくらいの気温なら少しな長袖のTシャツでも丁度いいくらいになっている。

朝型に財布から1円玉がこぼれてルーターがあるところに転がっていった。音からすると一円玉だったと予想された。ルーターのケーブルはとくに雑然とはしていなかったが、なにか紛れると分かりにくくなる。しかしながら、そのままにしておくと小骨がつかえたようでなんだかもやもやする、部屋の隅を掃除して、ケーブルを束ね直したりしているとようやく1円玉が見つかった。財布は以前にはボロボロの革の財布を、修繕テープを貼りながら使っていたが、意外なことにカードなども整理できるようにチャックが付いた財布に替えてから、1円玉がこぼれていた。チャックをマメに閉めて置こうと思う。部屋の中で良かったともいえるが、なんともルーターやプリンターの部分は普段通信に使ってはいるがホコリが溜まりがちで、ホコリを掃除した。wifi通信に切り替えてから使わなくなったUSBケーブルも棚に収まるようにした。部屋の掃除でまずできることは、ホコリや髪の毛が床に落ちていたら、マメに拾うことで、部屋を整理していこうと思う。

続きを読む 季節の変わり目と準備

気候の変わり目と順応

気温が少し落ち着いてきたため、蕁麻疹が気にならなくなってきた。4月から5月にかけて急に汗ばむようになってくると、アトピー性皮膚炎の調子が悪くなる。これは毎年のことだった。こまめに風呂に入ったり、散髪をしたりしてケアしていくことが必要になる。またはアトピー性皮膚炎の軟膏をまとめておくのもアイデアだった。アレルギーを抑える錠剤は定期的になくなるのに、症状が軽かった時に軟膏を温存していて、診断のときに軟膏は手持ちの備蓄があるといってから、1週間ほどで蕁麻疹がでてしまった。いまのところ布団は血だらけにはなっておらず、関節より腿や手の甲など比較的湿疹が出にくいところが痒くなっている。これでも数か月前は収まっていたこともあったのだけれど、なるべくは軟膏を多めに、まめに塗ることが必要になってくる。寝ているときはそこまで痒くないけれど、起きているときはなるべく掻かないことを心掛けたい。気温は27℃から28℃でペルチェ素子では氷は作れないけれど、体感温度は比較的涼しい、サーキュレーターを当てると肌寒く感じるくらいで鼻水がでることもあった。もし気温がこれに2℃くらいプラスになると、室内は汗ばむくらいの暑さになる。天気がくもりだったことも涼しさには影響している。5月まではUSBのホッカイロが必要なくらい寒かったために、いまでは半袖で過ごせているが、今のうちにアトピー性皮膚炎を鎮静化させておきたいと思う。また髭もアゴが被れているので、シェービングジェルを付けるだけなく、風呂から出た後に髭が柔らかくなっているときに剃るなど、軟膏を塗るだけでなく工夫はしている。外に散歩にでるときにもマスクが必要なことから、アゴのかぶれは直しておきたかった。季節の変わり目で顔が痒くなってアゴが被れるようになったが、軟膏は一応塗っている。

続きを読む 気候の変わり目と順応