水苔と鮎

実際の店舗になると、直観的に欲しいものが陳列されているとは限らない。ネットショップのように倉庫が別に付いているわけでなく、また地縁によるところもある。かつて生協でアルバイトしていたころには、ジャガイモの袋詰めや棚にパッケージを並べることに遣り甲斐を覚えたこともある。

図書館でテラリウムという透明な瓶のなかで苔を育てるアイデアがあった。水苔は別の草木の保湿のためのマルチングで使うことがあるが、水苔は室内でもやがては干からびてしまう、瓶の中に入れておくと水苔から蒸散した水分がなかで霧になって、水分が循環する。そこで水のろ過に使う竹炭と、関西で自生する水生植物の水苔を瓶のなかに保存するという。家電メーカーのエンジニアはガラス瓶浄水器として、竹炭の多孔質の材質を利用して、上から水を灌ぐと下の蛇口にろ過された水が溜まる。ガラス瓶にしたのはプラスチックに比べて温度変化に強く、透明なのでなかでカビが生えたりすると点検しやすいという実用性を兼ねている。水苔の栽培だけであれば、同じように透明で光を通し、衝撃で割れないプラスチックの保存容器に竹炭を敷いて、棚で栽培していると光が当たる方向に伸びてくるので、ベランダに移動した。生の水苔は関西に自生する天然物で、乾燥した水苔はホームセンターでも売っている。水苔には養生という性質があり、ホームセンターの乾燥水苔に水分を含ませて、生の水苔が入った瓶に添えると、緑色が一部は蘇ってくる。とはいえ、数か月たってもすべての乾燥水苔が復活するとは限らず、一部ではあったけれど生命の不思議を実感した。船堀のダイエーでは一人暮らしを始めたころに家具や調理器具を揃えた場所で、そこでは必要十分なものを揃えるくらいで店に立ち寄っていったが、DIYのときに実際に店に足を運んだときの体験が、具体性を持ってくることがある。例えば蓄電池を保存する棚はキッチンで食器を干すためのステンレスの棚が高さが30㎝くらいで丁度よく、上にものを載せられる。

水苔は保水性があるので、ガーゼやスポンジの代わりにも使われている、また食用にもなる。しかしながら、水苔が日に日に少しづつ伸びる様子に見入ってしまい、ついつい食べるのを躊躇って二年くらいたった。はじめは焼きそばパック1個500mlくらいだったものが、土や竹炭を含めて4lくらいになっている。容器のなかではハーブ用の土を入れたものもあり、竹炭をいれたものより水苔の育ちがよかった。水苔にはカイミジンコなどの小さい生き物が住処を作っていたが、もし食べる時には洗って煮沸する必要がある。水苔は茹でても嵩が減らず、色も鮮やかな緑のままだった。味はあまりないけれど癖もなさそうだ。瓶のテラリウムでは、数か月の間季節が変わっても常に鮮やかな緑であり続けたので、それに比べると茹でたときの感触は印象があまり濃くならなかった。葉緑素を食べるのに水苔は適している。微生物のミドリムシをサプリメントに応用するというバイオテクノロジーがあるが、水苔とテラリウムも場所を取らずに自然を再現できる。植木鉢の場合は、水はけが良すぎると、地植えと異なり乾燥しがちになる。

また、川魚の鮎は緑がかった鱗が苔の色合いに似ている、あるいは川岸に水苔が自生していれば食べるかもしれない。鮎をスーパーマーケットで買ってきて、キッチンでワタを取って、腹開きにする。鮎の姿ずしにするときは中骨も取る必要があるので、手で小骨を取る、サンマのように背骨を取るときれいに身と骨が剥がれるとは限らず、いくらかは小骨がのこっていた。ワタを取った代わりに食べ物の水苔を詰めると、案外不自然でなかった。なるべく表皮を傷つけずに、調理したかったので、東南アジアのように魚を煮て調理することにした。

続きを読む 水苔と鮎

ポンプとハーブ

街路樹の木陰は確かに気候が緩和される、しかしながら、街路樹には維持費が掛かる。街によっては街路樹が多いところと少ないところがある。街路樹がある方が、景観が良いけれど。例えば街灯と枝ぶりが重なったり、信号機を葉っぱが隠してしまうこともあるかもしれない。それでも蔦が建物に這っている様子を見るとなぜか落ち着く。理由もなく羨ましい印象になる。桜の花びらや落ち葉を回収するベルトコンベアのついた整備用の船が、街を綺麗にしていたことに改めて気が付いた。それを一部でもDIYできればと素材を探して見る。
入れ物、透明なアクリルボード
厚さ3mm-5mm
200mm*300mm*200mm

200mm*300mm
ポンプから水を運ぶチューブ
外径13mm 内径8mm
サイズが合っていれば透明でなくても良い
ポンプが内径8mm DC12V
プロペラで右から左に液体を流すだけのシンプルな構造
ミズゴケ
スーパーの乾燥ミズゴケを用土にして、山で採れた生水苔を混合
乾燥ミズゴケの中には養生して生水苔に戻る場合もあるけれど、基本的には保湿をするためのもの。
ペットボトルのAQUAの落ちないキャップの構造を、保存容器のゴムパッキンに応用。キャップはパチッと折りたたみができる。シンプルなレゴやプラモデルのように感覚的に正しいマニュアルを実践することができる。中には、複雑なプラモデルのように、パキッとならないプラモデルもある。元々はタミヤが材木商を営んでいたときに、その端材を使ってミニチュアモデルを作ったことがプラモデルの始まり。
iphoneやmacbookのように特殊な星型ネジで中が開けられないモデルと異なり、巷のプロダクトは仕組みが公開されている。macOSXでもBSDやMITライセンスでソフトウェアを補ったものもある。保存容器も完全に密閉するのではなく、ゴムの吸着を使って戸締りを感覚的に確かな体験に変える。
appleもスーパーのチラシも目的に合った物事を見える化、したり体験化して、透明化するというヴィジョンは共通している。ケト土は田んぼの底にある土。土は、葉っぱが落ちてできた腐葉土、火山灰が元になった赤玉土、人工的に作られたバーミキュライトなど様々だけれど、基本的には水はけが良い。乾燥に適した植物なら、少しずつ水をやる方法で、適度に成長するが、沼沢地で育つ、水苔の場合は、水はけがあまり良くなく湿った状態が維持される粘土のような繋ぎがある程度必要になる。
・黒土
・ケト土
は色々な用土のなかで保湿と水捌けのバランスが良かった。基本的には水はけの良い土、または石や、まだ踏み固められていない土に適度に混ぜることで、苔の絨毯ができれば、少ない水でやり繰りできそうだ。今では、かつてウィローモスを栽培した後の水に、乾燥ミズゴケを入れたものをガラス瓶に入れているが、日差しに晒しても乾かない。このような保水性と、イタリアのように半ば乾燥した中でハーブが育っている状態を合わせられると日本的な雰囲気が醸し出されるかもしれない。今までは土選びをしていたが、土いじりをしたことはなかった。図工の時に粘土で造形を作ったくらいだった。なんとか水苔が枯れないようなブレンドの土があれば、容器に密閉しなくても済む。粘土を手で触ってみないことには、わからないことも多い。インドでは、小麦粉を水で練って、鍋と鍋蓋を接着して圧力を掛けて手早く料理することがある。パイ生地でマグカップを包んで、スープを温める洋食と似ているかもしれない。
続きを読む ポンプとハーブ

水苔と瓶の中の小さな緑

透明な瓶の中に植物を入れると、その中の水を繰り返し使って水が節約される。瓶の中に苔を入れて小さな自然環境を再現するアート作品があった。ところが、実際に生きた植物を入れると無数の水滴がついて、中が曇ってきた。無数の水滴がつくところはインターネット上の画像ではわからなかった。それでも瓶の中に植物や生き物を入れることができるということは、検索ボタンを押していくうちにすぐに想像できた。しかもその曇りの元になる水滴が、瓶の中で循環するので水をほとんどやらずに済むのでエコだった。初めから、瓶の中では水が蒸散しないのでエコになるとキーワードを入れたくもなった。ところが、瓶の中でも芽が出ても外に比べて成長が遅い品種もあった。瓶の中では、水と光のバランスが取れた状態で保存される。ということがわかった。生き物を飼うには約束と責任が伴う。
ただ、中はよく見えないので、水槽のようにするべきではある。
ウィローモスが水槽に緑をもたらす、その自然の緑の広がり方は、フラクタル図形のようだ。地球上で水が溜まる場所は大きくは海がある。海が蒸発して雲になって、雨が降る。すると淡水で水が溜まる場所は、川が地形によって、曲がりくねって蛇行する部分になる。その様子を民間の伝承では蛇やドラゴンに例えられた。その外見だけでなく、川の蛇行は雨の多い少ないで、水害が起こって水辺の集落に被害を齎すこともある。そのための治水が画策されてきた。蛇やドラゴンといった架空の動物は危機管理の象徴と言えるかもしれない。
土地が無くても観察はできる。観察から絵を想像する。土を耕すことも行ってきたが、大きくは可視化によるところが大きい。しかしながら、可視化しても絵に描いた餅になってしまう、現実との違いを感じるようになる。透明な入れ物の材料としてガラスがある。古代から作られてきた、水とダイヤモンドと比較すると、水のように価格は高くないけれど、ダイヤモンドのように硬い。落とすと脆く、強い衝撃によって割れてしまう。それでも引っ掻いても傷がつかないほどには硬い。写真やテレビが鮮やかなドラマを映すなかでも、ガラスの中の景色は小さな博物館のようだ。動物園や植物園もただ生き物を飼うというより、その生態系を保存するという社会学的な役割があるようだ。ガラスの街といえば近代のビルを想像するけれど、シルクロードからもガラスの器はやってきた。例えば、海に浮かんだボトルに入れたメッセージなどもガラスが水を保存する容器であることを活用している。江戸時代には幾何学文様をガラスに刻む江戸切子という工芸品も盛んになった。ガラスは水のように変化しないけれど、透き通ってあたりを映す。水はガラスのように固まらないけれど、色がついていない。
続きを読む 水苔と瓶の中の小さな緑

限られた空間で水苔を増やすには

図書館に行くと、読める本が増えてきた。植木鉢にポンプを通す時に、底に穴を開ける必要があった。ポンプの出力では、重力の関係で水位より上に置くと出力が出ない。ところが、保存容器にドリルで穴を開けるしかない。仕方なく、穴を開けることにする。JIS企画のある一般的な商品に本来と違う使い方をすることは難しい。ところが盆栽では湯のみ茶碗の底に穴を開ける方法があった。金槌でそのまま叩くと湯のみが割れてしまう、
「転用鉢」という手法がある。そこで砂を容器に詰めて、底をポンチでトンと叩いて開ける。より綺麗に穴を開けたい場合は電動ドリルを使う。どちらにしても底に水が溜まらないように排水するための穴を開ける。盆栽は長い伝統がある。図らずも普段の暮らしに必要な用途が通じた。湯のみ茶碗は、あまり色が鮮やかでない方が緑が映える。このことは侘び錆びの様式美に通じている。ところが、その長い伝統に比べると、人生は短い。限られた期間の中で、どのような工夫ができるかを考える必要もある。盆栽は、土地を持たなくても、自然の景色を再現できる唯一の文化だ。そこには本来は発育のいい樹木を小さな容器の中で、小さくまとめる必要がある。そのために針金で捻じ曲げたり、枝を切ったりと生き物には過酷な側面もある。根を貼るにしても容器の中からはみ出すことができない。枝の色が白くなったものは、枯れた部分だ、枯れた木にも賑わいがあるとする大らかな視点が養える。
僕は3年前に卓上でスプラウトを栽培するといったクラウドファウンディングを余暇で始めた。冷蔵庫に野菜をしまう容量があまりなかったことも一因ではあったものの、それも盆栽の一種だったかもしれない。そこに人と自然の共存した期間を再考してみたい。
続きを読む 限られた空間で水苔を増やすには

キッチンと瑞々しい習慣

キッチンのシンクを磨くのに夢中になったことがある。誰に頼まれたわけでもなく、汚れを落とすとなぜかスッキリとする。あるとき、ドアについているドアスコープという小さなレンズから夕日が差し込んだ。小さな陽光はレンズを通って小さな虹を作り、白い壁に七色の模様を作った。キッチンにちょうど手頃の蛍光灯と戸棚があり、そこにカイワレダイコンを植えて見ることにした。蛍光灯は同じ型で暖色系のLEDライトに変えた。日当たりのあまり良くない部屋だったけれど、照明を工夫した。もともとは、ボウルに竹炭を入れてポンプを付けたものだった。竹炭の多孔質という細かいスポンジのような構造を水が通ると、コロコロと音がする。まるで囲炉裏を囲んでいるかのような落ち着きが得られた。なるべくは風土にあった価値観で様々な試行錯誤を試みた。ワサビや、パクチーも栽培できるか試して見たこともある。それらは、失敗にしてしまった。
第一印象と実際の環境が異なったためだ。そこで、水苔を加えることになった。苔は苔でも天ぷらのかき揚げの具になっていて、その佇まいがなんとも言えずその土地の風土を表していたように思ったからだった。後で調べると水苔は蘭等の水辺の植物の養生に欠かせないという。スーパーやホームセンターでは乾燥した水苔が、またインターネット上で見つけた石田精華園では、生の水苔が売っている。竹炭を入れた丼のような所には、色合いが乏しかったのでせめてと思って水苔を添えた。水苔は根っこがなく、枝と藻だけでできている。ところが、藻が千切れてポンプが詰まって、コロコロという音があまりしなくなってしまった。そこで、ポンプにチューブを付けて、パソコンの水冷用に使うモーターでも当てはめられるので、ポンプにチューブを付けて水苔の藻を吸い取らないようにフィルターを付けた。
初めは水道の蛇口のフィルターで付けていたけれど、節水用に水流を抑える仕組みがあり、結局は布巾の繊維をそのまま被せて使うことにした。また水槽が見えるようにアクリル製の透明な洗面器を容器に使って、容量を0.8lから2.5lに増やした。ポンプを選ぶときに見たの動画の説明ではパソコンの水冷用のモーターはどこでも置けるようだった。ところが実際にモーターとチューブを配置すると洗面器より下にあった方が、水がよく流れる。チューブの中の空気を抜いてサイフォンの原理が作用すれば、水はしばらく流れるが、それでも水苔の切れっ端が流れてフィルターが詰まってからモーターを再起動すると、やはり水は上から下に流した方が安定するようだ。また、雨の日になるとチューブにほとんど電圧をかけていないのに、水が渾々と湧き出る現象が起きた。音も勢いがよく驚いた。そこで気圧が関係しているのではないかと予想すると、気圧計を図る器具と似たような仕組みになっていることが明らかになった。晴れた日は気圧が高く、水は広い洗面器のほうに溜まる。雨の日は気圧が低く、水は細いチューブに押し込まれる。
続きを読む キッチンと瑞々しい習慣

床になる緑と食べられる緑

部屋の書類を片付ける。必要なものだけをとっておこうと思っても、ふと家族の手紙があるとホッとする。あれがいつのことだったかを知るために、レシートの日付が手がかりになることもさえある。
「書類について質問があれば遠慮しないで言ってくださいね。」
と言っていただけたことがとても心に残った。
まずは印鑑と書くものだけを持っていって、手続きを段階的に行ってゆく。
その落ち着いた営みに感謝したい。
朝方、室内の植木鉢のポンプが詰まってしまった。
2枚のフィルターをピンセットで取ろうと思っていたら、錘の蛇口をずらして、ポンプにうっかりして土が入って詰まってしまった。ポンプも元々は水冷用のパソコンのラジエーターに使っていたものを流用している。ここを密閉しても機能するけれど、お盆の中の地形と川の流れのバランスを手動でも動かせるようにしている。
水を止めてからでも良かったが、まずは詰まったポンプを元に戻そうとした。プラスドライバーを探しポンプの覆いをとる。すると、今までは水草が詰まっているかと思われたが、全く詰まっていなかったのでポンプにはあまり負担が掛かっていないようだ。土はやがて水で溶けるので取り越し苦労だった。なまじ状態を良くしようとしてかえってややこしくしてしまったが、部品の分解掃除ができるいい機会になったと前向きに考える。
水苔を買った時に従来のポンプでは、水苔が詰まってしまう。洗濯用のネットを被せて、随時手で水苔を取っていた。そういった手間がないように、チューブ式のポンプにした。ポンプの仕組みは初めはペットボトルで1週間試運転していた。ところが、それから2週間くらいで、竹炭の小さなカケラが詰まってしまう。この時は理由がわからず、どこか気が気でなく、説明もたどたどしいものになった。やがてポンプを分解すると明らかになった。ポンプにはプラスチックの羽が付いていて、コイルの中で磁石が回転して流れを生んでいる。川の流れの音を生んでいるのは、サイフォンの原理でホースの中の空気を水が入れ替えると流れに勢いが出るようになっている。音が出る時は、その時の気候条件にもよる。ここ2週間は、音が安定していた。流量が良くても、音が出ない時もある。その時は、ポンプの電圧を上げて、流量を最大にして、そこから電圧を下げてポンプの音だけが出ないようにしている、水は慣性で流れている。
チューブに合うフィルターが見つからず、身近なもので蛇口に使うフィルターに落ち着いた。一般的なフィルターにすると節水用の仕組みが働いて流量が減り音が出ない、浄水器と交換した従来の錆びた蛇口の先っぽを入れると流れもよく音も良かった。なんだか、おせちに使う黒豆を煮るのに入れる古い鉄釘を見つけたような懐かしい感じだった。それをベースに水の抵抗が少ない蛇口を選んで底の錘にしている。

流木に小さな緑の苔がいつの間にか、ついてきた。全面が苔の絨毯というわけにいかないけれど、素材にしっかりと息づいていた。緑色の流木がここ一ヶ月くらいの間にくっついていた。
続きを読む 床になる緑と食べられる緑

普段の生活に田畑を

水耕用に使うポンプが少し落ち着いてきた。電源を入れ直す時にバイクのモーターの様な音がするのはそれが直流電流だからだ。
ポンプには水を吸い込む力はない。これは、チューブの中の気泡が無くなった時に起こる。ポンプだけでも水は流れるが音はしない。配管に無駄なものがなく、適度に空気圧が掛かると電圧が低くても多くの水が流れる。何度か再起動しているとサイフォンの原理で水圧が掛って水を押し上げて川のせせらぎの様な音になる。外でバイクのペダルを何度もかけ直しているのも、仕組みと繰り返しの中で乗り手に合った整備になる。一度スイッチを入れれば、水が無くなる3日くらいまで連続で稼動できる。
並行して土植えでもミントを育て、保存容器で水苔を育てていた。
水苔は外に出すと乾燥して、乾いてしまう。上にビニールをかぶせるか、保存容器に入れれば状態が維持できて、数日していると緑の苔が増えてくる。
外では電気がなく、室内より乾燥しやすい。何か透明なものを植物に被せるといい状態がキープされる。例えば普段の生活で、残った晩御飯をサランラップしておくと、翌朝食べる時に乾燥しなくて済む。
作り置きも可能になる。作り置きすると手作り感が失われるので、愛情も足りないのではないかという考えもある。
僕も、学生でアルバイトがなく家族と食事をしている期間は、食事をする合言葉でも和気あいあいとコミュニケーションが取れたものの、自分で仕事がないので居場所がなかった。
何とか人づて手探りで生活協同組合と巡り会い、アルバイトをしてお惣菜も分けてもらえるようになってきた。
すると今度は、一緒にご飯が食べられないことを残念がられて、こちらもなんだか気まずくなった。
水苔の容器は、300ml,900ml,1L,1.7L,4Lと5種類に増えた。
どの容器にも水滴が沢山つくけれど、水苔の成長は1L前後が顕著だった。それでも、1Lでは、サラダの具にすると無くなってしまう。
見た目から、欲張りと思われるかもしれないけれど、自給自足の道を模索している。
なかなか、目減りしないものは世の中で希少だった。梅干しを漬ける保存容器が、水苔の保湿には手頃だった。容量と密閉性を満たしているけれど、瓶にすると落とした時に割れて破片で傷つく可能性がある。
デザインも赤が濃く、中性的な容器があると応用の幅が広がりそうだ。
そう思いついて、色々とスーパーマーケットで保存容器を眺めていると、蓋も透明でゴムパッキンで開けられる容器があった。細長いものはパスタに、4Lのものは米の保存にも使えるようで計量カップも付いてきた。米びつとしては小さいけれど、保存容器としては大きく、冷蔵庫にも持ち運びできる。最近は米でもパスタでも虫が付くので、冷蔵庫に入れて保存するニーズが高まってきた。冷蔵庫で穀物を保存するといつでも自炊できるようになる。
続きを読む 普段の生活に田畑を