エンジンのメンテナンス

「乗り物のエンジンのメンテナンスは水冷か空冷か」
かつてホンダの創業者、本田宗一郎がエンジンをどのように作るかのコンセプトにしたと言われる。
自動車のエンジンを冷却するのに、空気をスリットから取り入れて冷やすか、水の循環でエンジンを冷やすかのどちらかの選択になるという。
「水冷といっても、最後には外気で温まった水を冷やすのだから、初めから空冷がいい。」
どのメーカーの自動車も正面から見ると何かの顔のように見える。ドライバーが乗るフロントガラスがおでこ、くりくりしたヘッドライトを目にすると、口のような、魚のエラのような空気の取り入れ口がついている。ここを空冷にした方が、コンパクトで生物的なデザインになることが多い。ところがある節目から、ホンダの技術者たちは創業者のポリシーだった空冷から、静音性の高い水冷に移行したと言われている。パソコンの部品は、一般的には空冷だ。同様にwindowsでもappleでも、小さなファンで稼働して熱を帯びたCPUを冷やしている。血管のようなチューブに冷却液を流すタイプのパソコンはカスタマイズが効く、windowのカスタムパソコンならでは。多くのタイプは、金属の薄い流線型のヒレのような構造で熱を逃がし、コンパクトで軽量に工夫している。どちらにしても場所にあまり余裕がなく、できれば冷却をしたくないけれど、平常熱からどんどん温度が上がるとオーバーヒートしたり、CPUの効率が落ちるので、仕方がなく冷やしている。明治大学の中小企業論の講義でなぜ今では大企業になったホンダの事例が挙がったのか、社会人になっても戸惑いを隠せなかった。エントリーシートにはぼんやりとエコシステムについて描こうと想定したものの工学部でなく、文系で、具体的にどのようなパーツをカスタマイズすると意思を表現できるかが掴めないまま余白が広がった。
続きを読む エンジンのメンテナンス