ご飯と保存容器

1合ごとのパッケージに米の水の量を多めにしてリゾットを作ろうとしたが、この米の品種は硬めのようで、柔らかくならなかった。すると水の量関係ないのだろうか、疑問は残る。朝から雨が降っており、散歩にいくにも傘がいる。雨具をつけて徒歩でスーパーマーケットにいって米を買いに行くと、米の袋はもち米が1㎏~、通常の米が2㎏~5㎏ごとに袋に詰まっている。5kgの米は保存容器がないので、場所があっても容器が無かった。できれば部屋が広くなっても、配置を覚えられないこともあり、モノを増やしたくなかったけれど、2kgの米を容量3ℓのタッパーに入れて、米一合をすり切れで測るステンレスの計量カップを100円ショップで揃える。2kgの米のパッケージには、60分以上水に漬けたり、米を洗って研ぐことを推奨している。水の量は米1合が150gに対して1.2倍くらいで、180㏄くらいになる。米を研ぐことがコンビニエンスストアの弁当をよく食べていたので、馴染みが薄くなっていた。それにしてもスーパーで保存方法に困って、1合ずつ揃っているかと思ったら、そうでもなかった、米のパッケージ一合ごとに詰まっていたものと、コンビニエンスストアおにぎりや、スーパーマーケットの総菜があると流し台に収納がなくても食事を賄うことができる。洗い物を貯めなくても済むようになる。都心の成城石井にあった、青森県産の晴天の霹靂や、東京メトロの大手町駅の自動販売機にある富山県産の富富富など、前者は炊き上がりがふっくらとしており、後者は鍋で煮ると白い煙が出でおこげが美味しい。スーパーマーケットでは新潟県産のコシヒカリで、ここ数日では炊き上がりがしっかりしておりもち米にも似ている。

墨田区の森下の町並みに、だしの自動販売機があり、トビウオのあごだしをつかっただし汁があった。近くのコンビニエンスストアやスーパーマーケットの蕎麦やそうめんなどの乾麺をゆでて、あごだしでざる蕎麦を半自動的につくろうとも試みたが、みりんや砂糖の甘みや調理種のコクを調整して、自分なりにかえしとだしを取ることにした。スーパーマーケットにはかつおぶしの厚削りがある。厚削りはそのまま茹でると、そこから出汁がでて厚削りじたいの味は薄くなっていく、茹でる時に調理種を混ぜると、科学的にアルコールがだしのコクを引き出すので同じ量でもだしが濃くなる。江戸時代には醤油が大量生産されて普及しておらず、調理種と梅干を煮詰めて煎り酒という調味料と作っていたという。またかえしという醤油にみりんと砂糖を加えて、しょっぱさを丸くしたものは、そばつゆの元だけでなく、甘辛い付けダレにもなる。ふしぎなことに付けダレにすると素材に味付けをするのにそこそこ量が必要になるので、そばつゆの素も余分に作っておく必要がある。蕎麦としてざるそばの汁に使っていると、量はすくなくても味を濃く感じる。同じ量で餡かけを作っても味は濃くならないかもしれない。後味も変わってくる。蕎麦はインスタントの乾麺を使っているが、麺をなにかで作ってみるのも一案かもしれない。

続きを読む ご飯と保存容器

水とパスタと米の遍歴

太陽電池と蓄電池の組み合わせは、僕がインターネットで調べた中ではシンプルな実用的に収まってきていた。それとは別に、逆に水も、火も節約できる工夫として、水に漬けるだけパスタを試してみたかった。なんとTwitterで災害用に警察庁災害対策課もそのサバイバル調理法をお勧めしている。太陽発電の合間に、むしろ誰でもできる簡単な調理法でも意外に、コロンブスの卵のような発見があるかもしれない。コンビニエンスストアでうどんと蕎麦の乾麺を買って、それに合う容器を100円ショップで選んでみると、街のおばさんに話しかけられた。「蕎麦とうどんが入る容器を探しているんです」

と答えると、とても興味深げだった。

「なかなか見つからないものですね」

とはいえ、コンビニで買った蕎麦うどんが、収まるとそれが特にどうということもないが、身近なところに目的ができる。

「無かったら、半分に折っても水に漬けるだけなので、問題ないです」

「そんなことでお蕎麦ができるの」

「という風にインターネットの話題にはなっていましたが、保存するにも湿気が防げるので」

「いやいや、ここにお蕎麦があるのにもったいない、棚をはしごで大きめのタッパーがあれば手に取ってみたらどう」

そのようにして、A4くらいのタッパーが手に入った。確かにバッグに入れていた蕎麦を1kg分くらい、容器に入れられる。しかしながら冷蔵庫の広さをその時は考えていなかったので、やや行き当たりばったりというところもあったが、興味深いのが、この場合、調理方法はタッパーに麺を入れて半日くらい水に漬けるだけ、無為自然という感じだ。

続きを読む 水とパスタと米の遍歴

あり合わせのリゾットを工夫する

久しぶりに米を買ってみた、今まではパックに入ったご飯を使っていた。コンビニのお弁当もいいけれど、必要な分だけを作ると、また違ったものがある。図書館にもあったリゾットが、比較的手に入りやすい材料で美味しそうだった。リゾットには白ワインがアクセントに必要だが、酸味がおそらくは酢で補える。どのみち醤油を味付けに使うので、柑橘系と醤油が合わさったポン酢で代用することにした。
フライパンはテフロン加工が剥がれて、焦げ付きやすくなっていたものの、ごま油をひいてだましだまし使っている。米を入れてその都度水が温められるごとに継ぎ足して入れてゆくと、やがて少し硬めからちょうどいい具合に炊ける。パスタや鍋用のうどんでも同じことができる。その間は、iPadでAbemaTVなどを見て大体30分くらいする間に、玉ねぎを炒めたり、米を煮込んでゆく。玉ねぎはみじん切りにすると、細かく散らばってしまうので、おおよそ中心から合わせて4等分にして、さらに半分に切る。根っこの部分は硬いので少し削る。それでも玉ねぎは炒めている間にしんなりして縮むので、飴色になるくらいまで15分くらいかかる。その間、焦げないようにかき混ぜながら待っている。あるいは玉ねぎを電子レンジにかけて、柔らかくすると時間短縮になり、焦げ付きにくくなる。人参は野菜の中でも、冷蔵庫に入れても保存が1週間持たないので、いろいろと何かに合わせて使い切る必要がある。人参の蔕を水耕栽培することは1週間くらいで、うまくいかなかった。人参が入ると料理がほんのりと甘みが出てくる。人参は輪切りにして4等分したものの、それでも炒めても煮込んでも少し大きめで、皮が残ってしまった。あらかじめ皮むきを使う必要がありそうだ。ジャガイモはボリュームがよくなるものの、米と同じ炭水化物なので味が変わらないので、そのまま入れずに置いた。ジャガイモだけを焼いたり似たりしてもホクホクして味がある。基本的な料理では、保存が半年くらいできる玉ねぎをベースに、人参で甘みと栄養を加えて、そこに肉か魚があると良さそうだ。肉や魚は保存がきかないけれど、野菜だけにしていると栄養バランスがあまり良くない気がする。イワシのつみれがと大豆テンペがあったので、それを肉の代わりにすることにした、大豆テンペはここ数年で味わいが淡白になって、それでいて豆腐よりボリュームがあった。野菜は、サラダを買うことも一案だけれど、玉ねぎのように長期間保存ができないものもある。
続きを読む あり合わせのリゾットを工夫する