プログラムの論理構造

JAVAのプログラムに、インスタンスを新たに生成する。インスタンスはデータ上に実体化しているモノ・事を指している。日本語に訳すると実体という意味になるようだ。WebデザイナーだったころにはJAVAではなく、JavaScriptのプロトタイプチェーンや、FlashのActionScriptでクラスやコンストラクタの決まり事のようなことを動きとは別に覚える機会があった。JAVAのクラスをそのまま使っている事例はかえって少ないかもしれないが、コンストラクタに単語を登録して、データとして有機的なまとまりにすることの意味合いを考えていこうと思う。変数がデータの文字列や、数値を入れる箱のようなイメージで、配列は箱がいくつか連なっているイメージ、多次元配列は配列の箱の中に、入れ子になって配列が入っているイメージになる。参照は住所のようなインスタンスのデータを読み取って値を表示することになる。継承は元のクラスが持っているデータに、独自のメソッドを追加するときにextendとして派生するクラスのことになる、例えば犬は歩くというメソッドを持っており、鳥は歩く代わりに飛ぶというメソッドを持っているとする。犬や鳥には共通で名前と体力がパラメータとして備わっており、それは継承されるもとのクラスの変数に代入して設定されている。プログラムを書くにあたって値を定義するインスタンス、それに変数の値を格納するフィールド、JavaScriptでいう関数にあたるメソッド、それらをひとまとめにしたクラスがプログラムの単位になる。こういった関係はJavaScriptやPHPなどの他のプログラムにも見られた。JavaScriptの場合はwebサイトの表示に、PHPの場合はSQLなどと連携してデータの操作と保持がプログラムの構造より先に、役割として与えられていた。JAVAではクラスを用意して、インスタンスを定義して、その構造を読み解いていく。

続きを読む プログラムの論理構造