多様性と役割

改造をする予定は無かったが、BlockBenchの他に、MCreattorという編集ツールがあることが明らかになった。バージョンは1.15のForgeがベースになっていた。ファイルの構成はandroid Studioに似ていた。ブロックにはサイコロ状の展開図がありそれぞれのテクスチャーを張り付けるようになっている。マウスとペンを連動でき、手書きで「あ」と書いたブロックを作った。そのブロックはデフォルトでは土ブロックになるようだ。再生ボタンをクリックすると、mineCraftのforge1.15が起動した。ワールドマップは初期の状態だった。クリエイティブモードにすると、「あ」と模様と名前の付いたブロックがある。それを選ぶと、じゃりっと音がして「あ」ブロックが置かれた。ローカライゼーションでja-JPを追加して、該当のブロックに日本語の名前を入力する。forgeを再起動する。言語を日本語にするとブロックの吹き出しが「あ」になっている。しかしながら、MCreatorのフォルダ選択ではwindowsのUI内で日本語の名前のファイルはファイル名が空欄になっている。画像テクスチャーなどは素材と名前を付けていたので、ファイル名は何も表示されない。とはいえその位置にファイルは名前がないだけで存在することは確かだった。ファイルのアイコンをマウスクリックすると素材の画像テクスチャーに移動する。MCreatorでテクスチャーをCUTOUTという透過ブロックにするとガラスブロックが再現できる。これは以前にどこかで試したことがあった。Forgeというmodが1.14のときにfabricという名前になった。Forgeが炉という意味で、fabricが布地の意味合いになる。どちらも材質を加工するためのプラットフォームになっている。差し当たってはテクスチャーをアレンジする目的は同じだった。Fabricではスマートフォンなどの統合版に追加された石工ブロックで、レンガのハーフブロックを試すことにしていた。そうしているうちにガラスのハーフブロックがあれば、ガラスブロックで丸い天井を作った時により丸くできると考えた。それまでは半径が何マスかを測って、斜めにブロックを配置していた。3ブロックだっと三角の屋根とほぼ同じになる。raspberryPiでは円周率から丸いブロックの球体を生成することができた、近づいてみると四角いブロックが塊になっている。3つ横に並べて一つ斜めにハーフブロックを置くというパターンになり、それがだいたい3.14だったのかもしれない。そのときはraspberryPiの小型の液晶ウィンドウでもブロックをレゴブロックのように組み合わせることができるため、当時持っていたmacBook内蔵のグラフィックボードでも十分で、ワールドマップも現在ほど広くなかった。1.14になって昆布ブロックが追加されて、水中に緑の要素が追加されて賑やかになったが、macBookのグラフィックボードを圧迫してノートパソコンが熱くなり、ゆらゆらしている昆布ブロックが不気味にも思えたのだった。

続きを読む 多様性と役割

mineCraftとミツバチ

まだダウンロードできるバージョンでは1.14が最新だが、次の更新ではどんな機能があるかと思って、google検索をしてみると、mineCraftのベータテスト版で、養蜂の仕組みがあることが明らかになった。ミツバチは自生している花から蜜を集めて、蜂の巣にハチミツを貯めるようになっている。調べながら、まずbee-hiveという養蜂箱にはミツバチのユニットが3匹入る。ハチの巣Bee-nestには段階が幾つかあるが、蜜が集まるとハチミツをなかに蓄えるようになる。アイテム名はベータ版のためかアルファベット表記のままだった。ベータ版のワールドマップを探索しても、木の幹のハチの巣があるような風景は見当たらず、アイテムチェストでアルファベット検索するとハチの巣と養蜂箱が入っている。ハチの巣からハチミツを採取するにはハサミを使って採取する必要があるが、ハチミツをそのまま取ろうとすると、巣を荒らされてハチのユニットの目が赤くなるようになっているようだ。そこでキャンプファイヤーの焚き火の煙をハチの巣をいぶしながら、ハチミツを採取する手間がかかる。焚き火の火でハチがダメージを受けるのようで、上にフェルトのカーペットを敷くと、煙だけを有効に使うことができるようだ。mineCraftのwikiを見るとディスペンサーとハチの巣を隣接させると、ディスペンサーを作動させる回路を使って安全に採取が可能になる。またYoutubeでも開設のチャンネルがあり、それを見聞きしてするところによると、ディスペンサーにハサミを入れてスイッチを押すと、養蜂箱の素材になるハニカムが入手できる。またハチの巣にハチミツが入っていない状態でディスペンサーのスイッチを押すと、なにも起こらずまたハチの巣も傷つかずそのままになっている。ディスペンサーに空のガラス瓶を入れて、ハチの巣にハチミツが蓄えられた状態で、ディスペンサーのスイッチを押すとガラス瓶にハチミツが充てんされる。そのハチミツの瓶を作業台にかけると砂糖が生成され、料理の素材になる。またどのくらいのペースでハチミツが作られるかを検証しようとしたものの、ハチの巣と養蜂箱が一つずつの場合15分くらいハチミツが蓄えられるまでに時間がかかるようだ。そこでハチの巣を複数揃えるとその感覚を短縮することができる。砂糖を作る場合は、ハチだけでなく既存のサトウキビを栽培しても用意できるので、農場の風物詩のひとつである養蜂には、花粉を集めてあたりに撒くことで農作物の成長を促進させる作用がある。初めて回路を作ったのが、感圧板とドアを組み合わせた開閉の仕組みだった。それからピストンとオブザーバーの組み合わせで、エンジンを作った。それから仕組みが機械的でデジタルなものから有機的でアナログなものに戻っているような感じがある。ミツバチはForgeやPrintingのようにもともとMODとして開発されていたものがデフォルトに取り入れられている。

続きを読む mineCraftとミツバチ

隙間を補う仕組み

ミストモジュールを水冷モジュール用のタンクの中に配線させる、予めピンヘッダーをミストモジュールに2本繋げて+極と-極が接続できるようにした。ミスト発生器は、電気の周波数を設定する回路が必要なようで、それを単体で接続しても動かなかった。ミスト発生器は水の中に沈めると、霧がでてこないが、半ば空気に触れていると周りの水が細かい霧に変わる。水冷用のタンクはG1/4ネジで、プラスチックの端子でも接続できるようだ。細い口径にしたのはミスト発生器の配線を中に通すためで、パテで水が漏れないように栓をする。半田ごてはピンヘッダーに付けるには、30wでなく20wの半田のほうが半田を付けやすかった。自転車のLEDライトの半田が摩擦で外れていたので、こちらは30wの半田を付けて断線していた部分を再接続した。ミスとモジュールはお椀で試していたものが、透明な円筒状の水冷タンクになった。ラジエーターと扇風機を繋げたキューブ状の水冷タンクでは中にミスト発生器を入れられないが、円筒形のタンクでは蓋をネジで取り外しできるので、小さい円盤上のミスト発生器を間に挟むことができる。ミストモジュールとミスト発生器の配線は細く、タンクのそばに置く必要がある。タンクの中で霧を循環させることができたものの、気化熱による温度変化は計測されなかった。透明なタンクの中に霧が流れている様子は幻想的ではあったが、通常の水冷ポンプと機能的には変化は見られなかった。

引っ越しで段ボールをすべて開けて、DIY用品を整理する棚を間仕切りに設けたが、メモの付箋で分かりやすく用途を記入する必要がある。LED電球を机に直接置く形から、スタンドに替えると明るさが改善された。とはいえスタンドの固定クランプが机に直接付けることができず、メタルラックのパイプ部分にパテで充てんしてつけている。またマルチタップが多くなってきて、整理する必要がある。できればパソコンも机でなくメタルラックの棚に載せて、机を広く開けたほうが、使いやすそうだ。とはいえ、ラジエーターをコンパクトにして、以前よりは広く使えているはずではあったけれど。水冷ユニットのUSB電源の半田が古くなっているおり、時々断線することがある。USBケーブルからの接続をエナメル線の配線からシリコンケーブルに替えてもよさそうだ。

続きを読む 隙間を補う仕組み